ビウエラ

スペインでは 現在 三学期。
もうすぐ 一年が終わります。
そして もうすぐ 試験。
ということで 勉強中。

コンセルバトリオの音楽の歴史の最後の試験はルネッサンス。
ルネッサンスの音楽勉強中です。
基本的に横文字に弱いので 名前を覚えるのが大変です。
特に ドイツ人系の 子音だらけの名前。

ルネッサンスといえば リュートですが
スペインでは よく似ているけど 違う ビウエラを弾いていました。
どう違うか 説明できません。

当時のビウエラは 現在では 三器のみ保存されているだけです。

1ビウエラ グアルダルーペ
パリにある ジャックマール=アンドレア美術館保管
2 ビウエラ チャンブレ
同じくパリにあるCité de la musique 保管。
音楽の街と名付けられた場所。行ってみたいですね。
3キトのビウエラ
エクアドルのキト イグレシア  コンパニェロス デ ヘスス 

コルドバに 現在もルーテルが何人かいて 購入することができるそうです。

ルネッサンス当時の楽譜。
印刷技術の発明で 教本の出版も盛んだったようです。

ルイス デ ミラン の本が 有名で その名も
エル マエストロ。
そのまんまの名前。

では がんばって勉強します。







Tags:# 
■  [PR]
# by cazorla | 2015-05-28 02:20 | スペイン 文化 言葉 | Trackback | Comments(0)

セロリを喰う女

セロリってね それそのものが持つカロリーより
消化に必要なカロリーのほうが高いから
ひたすら食べ続けていても 清秀的に
餓死するんだって。

そう言ったのは 高校の時の同級生。
高校一年生のとき。
よく本を読み 映画館に行き たばこを吸う
70年代の文学的不良の友達。
今では学校の先生になっている。
その彼女の言ったこのセリフを 40年近く経った今も 思い出す。
そして 痩せぎすで目をらんらんとさせて セロリを食べ続ける妙な映像が目の前にある。
ダイエットをしよう と誓う旅に このことばと映像が頭をぐるぐるとまわる。

市場に行って セロリを買う。
セロリは 一株ずつ売っている。
一株というのはどのくらいかというと
普通日本では いくつかの茎というのか とにかく
セロリのひとすじを 数本たばにして売っている。
先は切ってあったと思う。
ここでは セロリは一株 くっついている。
根っこのところだけばっさり切って
両手でしっかりつかまないとつかめない。
一株 だいたい 1キログロムと 数百グラム。
買ってきたのは 1キロと200グラムだった。
一キロちょうど1ユーロだから 計算しやすい。

セロリは目に見える繊維がある。
繊維をとろう
と 声高に言われていた時
目に見えるような繊維はよくありません
とテレビで専門家が言っていた。
お通じがないときに 繊維と言って
たとえば セロリのようなものを食べると
腸の中で膨れて かえって出にくくなります。
と。

そしてここでまた ひとつ 映像がくわわる。
やせ細って セロリを食べ続ける女の 腹だけがみょうにふくれて
なんて 奇妙に醜い映像なんだろう。

そんな風景を見つめながら セロリを食べる。
口寂しい時に



セロリはスペイン語でapio。
カルロス大堤が 薬として 植えることを奨励した。
どういうタイプの薬だったかはわかりませんが
いまもお腹の調子が悪いときは
セロリとアボガドのサラダを食べるとよいそうです。


■  [PR]
# by cazorla | 2015-05-21 00:00 | スペイン 文化 言葉 | Trackback | Comments(0)

5月15日はサンイシシオ。
カソルラの守護聖人の日です。
サンイシシオは マドリッド風に言えば サンイシドロ。
地域によって 少し名前が変わります。

14日の夜は 花火が打ち上げられて
一晩中 ベルベナ
いわゆる 盆踊り。
かなりのボリュームの音で
おまけに うちは 旧市街地に住んでいて お祭りの中心地。
きれいな街並みにいるかわり こういう夜は 眠れません。




ますます 暑くなります。
カソルラも 夕方まだまだ 30度あります。
私は 古い家に住んでいるので 毛布と羽根布団にくるまって眠っていますが。
外と家の中の温度差がすごいです

■  [PR]
# by cazorla | 2015-05-15 20:47 | カソルラ | Trackback | Comments(4)