息子のビオラ

末っ子のアルバロもビオラを始めました。
写真は 夏にビオラを買ってやって
まだ習う前に 記念に写真を撮りました。
一応 それぞれの弦の名前を覚えて
左手の指は使わない 曲とも言えない練習曲を弾いています。
e0061699_9281755.jpg
e0061699_9283267.jpg
e0061699_928456.jpg


わたしは 右腕がなかなかリラックスできなくて
いつも音が固くなるのですが 息子は最初からリラックス。
若いというのは ほんとにいいもんです。
うらやましい。
わたしのほうは 三年に進級。
親子デュオも もうすぐ。

息子の好きな楽器は オーボエとビオラ。
カソルラの音楽学校には オーボエがないので 迷わずビオラ。

まったく違う楽器みたいだけど
音楽専攻の友人(日本人)によると 
オーボエ ビオラ トロンボーンは 同じカテゴリーらしい。
いつも主役というわけではないけど ここぞっていうときに美しい音を出して
すべての人というわけではないけど 一部の人をものすごく強く 感動させる。

そういえば 村上春樹氏の小説に出てくる人はトロンボーン奏者だったりしますね。

きっと アルバロもそういうタイプの青年になるのかも。
[PR]
トラックバックURL : http://cazorla.exblog.jp/tb/11590310
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by mimizu-1001 at 2009-11-16 18:40
cazorlaさんのビオラが聴きたい!
アルバロ君とのデュオ。
音楽学校で2年学んだらどんだけ弾けるのか、興味津々だもの。
cazorlaさんは元々ピアノの素地があるしね。
僕も習いに行こうかなぁ、、、クラシック。
オヤジにプレゼントしたギターさぁ(7万円の)、もう役に立たないんだよ。
Commented by cazorla at 2009-11-16 21:45
みみずさん
テクニックは かなり学んだ・・と思う。
でもねー べったり日本人だから 人前で弾くと 
体ががちがち。 だめだねー。

ハッピーリタイアメント 退職後は 音楽留学なんてどう?
日本人がけっこう ギター習いに来ているらしいですよ。
Commented by kindo1959 at 2009-11-17 15:48 x
選ぶ楽器によって性格ってあるそうですね。
たとえば、お金借りるならトランペット吹き、、とか(笑
ビオラ、たしかベルリンフィルに日本人として初めて採用された
人が、ビオラ弾きじゃなかったかな?
あたくし、弦楽器専門だったけれど、とつじょ先月からアルトサックスはじめてしまいまして、
悪戦苦闘しております、いつになったらパラパラ奏でられるのか、
練習すればするほど、遠くなって参りました。あははは

↑スペインの風景ですね〜、また行きたくなりました♪
Commented by cazorla at 2009-11-20 05:28
kindo1959 さん
こんにちは
日本人初の人って いつのことですか?
ベルリン 日本人奏者がいなかったってことさえ知らなかったです。
あとでちょっと しらべてみます~
日本人のビオラ奏者 けっこういらっしゃるみたいですね。

アルトサックス?
サングラスとかかけて 吹くんですか?
かっこいいっ。

わたしもビオラは 子供達の三倍は練習してるんだけど
それほど 進歩しないんですよね。
いつも先生に叱られてばっかりです。

で アルトサックスの人は どんな性格なんでしょうね。
名前
URL
削除用パスワード
by cazorla | 2009-11-16 09:34 | viola | Trackback | Comments(4)