テレビのない生活

うちには テレビがない。
テレビの機械はあって DVDは見られる。
週末や しなければならないことを全部してしまった時
兄弟全員そろって 一緒に見る。
これまでで 一番 何度も何度も
あきずに見たのは スペインの古き良き時代の映画 グランファミリア
20人くらい子供のいる家庭。
だからって 貧乏くさくなく おかあさんも おしゃれできれいで
楽しそうにしている。
テレビがないから 隣のテレビをみたりしている。
なんでうちには こんなにちょっとしか こどもがいないんだろうと 
息子は言う。

共産党員のファナが まだ こどもたち おとなしくテレビのない生活にがまんしてるの
と訊く。
特に我慢してるふうでもないけど とりあえず テレビがほしいとは
言わないので うなずく。
まだ 反抗期になってないのかしら マリアいくつになった?
14か・・・・・14で まだ テレビなくて 平気なのか・・・
って 共産党員なのに
テレビなんて 資本主義的なもの なくっても平気でしょ
で 実は 共産党員だけど テレビが大好きで 1日中見ている。
共産党員だけど 中国が嫌いだ。
中国の体操選手の養成所って この間 テレビでやってたんだけどね
小さな子供が できなくて 泣いてるの
泣きながら練習してるのよ
中国ってね なんて 国なんだろう・・
うちの息子も泣きながら ピアノを弾いてる。
いやだからじゃなくて できないとくやしくて 泣いている。
わたしも 泣きながら鉄棒にしがみついてた 子供の時。
でも テレビって 分析させない。
作り手が 批判したい批判をそのまま 自分の批判として 受けとる。
だから わたしはテレビが嫌い。

末っ子アルバロの担任。
彼は 最近の先生にしては なかなか きっちりとした 考えがあって好き。
それでも 彼は言う。
もちろん テレビの害はみとめるけど
自分のこどもたちが ほかの子供と違うようになるのは
いやだから。。。
それって 個性とか大事だとは 思ってないってことでしょ?
Personaridadなんて 言って ほんとのところは 皆 同じことをしてほしい。
政治家にとっても いろいろ ごちゃごちゃ 自分の考えを持ってる国民なんていらない
っていうのと同じ。

マリアは うちには テレビがありません
と すごく 誇りを持って言っている。
本をたくさん読んでるくせに たまにとんでもない間違いを
国語の試験でするのは 
常識
つまり テレビを見ていれば身に付く 普通の常識を
知らない。
考え方にくせがある。
でも 試験のために生きてるわけじゃ ないから ま いいか とおもう。
先生が わたしに言う。
「ま あなたから ご主人に言って
テレビをですねー つけるように こう なんとか説得してみられたら
いかがでしょうか ね。」
先生も常識的というか なんというか
家のことは全部 夫が決めるもんだと思ってる。
そして それを疑ってみようともしない。
夫はいつも図書館に行って 誰も借りないような本を借りて
その本を抱えて ぼさぼさ髪で歩いてるから かわりもんだと
思われてるのかもしれない。
「あのですね テレビをつけないのは わたしの意志です。
夫は サッカーが見たいからテレビをほしがったんだけど
わたしか゛やっと説得して テレビのない静かで
落ち着いた生活になったんですから 今更
テレビなんかのある生活は とんでもないです。」
と 答えたら もうすぐ退職を迎える 独身女性の先生は
あきれた顔をしていた。

実際のところ そんなにすごい教育方針を持ってるわけではない。
わたしが本を読んでる時や 音楽を聞いてる時に
テレビの雑音がどこからか 来るっていうのが イヤなんだ。
基本的に 母親の趣味の問題。
テレビの音って なんか 暑苦しい。
おまけに三人子供がいると
それぞれにお気に入りの番組があったりして 
それぞれが 見たい番組をチェックして
それぞれのスケジュールが違うから
サッカーから帰ってきたから 見たいとか
宿題したから 見たいとか
言っていたら 何時間もつけっぱなし ということになりかねない。
それをきちんと テレビを見る時間をつくって
規則正しく 教育していくほど わたしは 立派な母じゃない
と そう思ったから めんどくさいから テレビなしの生活にした。

でも テレビのない生活って いいですよ。
ほんとに。

音楽学校で 新しい時代の音楽というビデオを見た。
シナトラやらブレスリーやらが歌っている。
新しいというより クラシックではない音楽の
古い時代的なものなんだけど
スペイン語圏の歌で初めて 世界的ヒットした ラ・バンバが流れた。
刺激的なもののすくない生活をしているせいか
息子は しっかりそれを頭にきざみこんで
一回しか聞いていないのにしっかり覚えて
うちに帰って 弟にも教えて
それから一週間は 一日中 ラ・バンバを聞かなくてはならないはめに陥った。
でも それはそれで いいんだよね。
そんなささやかなことが 息子たちには
すっごく画期的におもしろいこと として インプットされていくって
言うのは なかなか素敵なことだと思う。

そんな息子だから 小汚いかっこうしてサッカーやってても
口笛でかなでるのは モーツァルトだったりする。
そういうアンバランスが 実はかっこよかったりする
そういう時代は もうすぐだと 信じて。



ときどき あまりにも 孤独な人生を進ませてしまうことに
なっているのではないか と 反省しながら・・・。
[PR]
トラックバックURL : http://cazorla.exblog.jp/tb/12974695
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by otebox at 2010-07-20 08:36 x
viva! bravo cazorla!!
世間・周囲がどうあれ毅然と自立していられるってことは素晴しい特質です。子どもたちも意識があるかないか私には不明ですが、しかと自立していて立派です。
我家ではそこまで徹底することはかないませんでしたが、35と32の娘達の価値観も世間に一線を画していて、たまに会うときにお互いにんまりして『一緒やなあ』って思うことがありますね。
Commented by antsuan at 2010-07-20 09:35
我が家もテレビがありません! 

でもさすがにワールドカップのサッカーの試合は観たくて、カミさんには内緒で、こっそりパソコンにつけられるテレビチューナーを買ってしまいましたが、ワールドカップで日本が負けてからはぜんぜん使っていません。

以外と、先生の方が画一的思考能力しかなくてこちらも困ることが多いです。
Commented by cazorla at 2010-07-21 03:50
oteさん いえ おて先生に褒めて頂いて恐縮。
でも 差異っていうのは 家族の秘密めいた結束みたいで
兄弟も 兄弟だけでわかるジョークで楽しんでいたりしますね。
違うっていうのは ちょっと 元気がない時は しんどいかなーと
思うけど 違うということを楽しんでほしいな と思います。
Commented by cazorla at 2010-07-21 03:53
あんつぁん
のおたくにも なかったんでしたね。
三人兄弟で 楽しんでいるとテレビなんて見る時間
ないですよね。
サッカーは おとうさんだけで 見たんですか?(笑)

学校って 「個性」なんて 書が 教室に堂々と飾ってある
ってことじたい 変ですよね。
そして 意外と画一的だったりして。

Commented by cherry at 2010-07-21 09:40 x
cazorlaさん おはようございます♪

テレビがないとは知りませんでした。いいですね♪
私もテレビ嫌いです。夫は基本的につけっぱなしの人ですが。。
あの独特の途切れないうるささが耳障りなんです。
嫌いと言っても、ドキュメンタリーは好きなので自分が見たいものは選んでみます。ドラマや映画、バレエも。

でも、基本的に子ども達と過ごす時間は私の管理下なので
「ごはんの時にはテレビはつけない」
と、いうきまりで育ててきました。だから晩ご飯の時は色んな話を子ども達とします。ご飯の時にテレビがつくのは、日本代表の試合くらいでしょうか。。。そういうのは特別に見ても良い事にしてます。
結構ゆるい規則ですが。。。

後、結局晩ご飯の後も子ども達は宿題があったりするので基本的に私もテレビは見ません。私が見てると子ども達がなんとなく来て、一緒に見てしまうので。。。

だけど本当はインターネットを禁止にした方が良かったかも。。。
と思います。だって、何度でも同じアニメとかドラマを見れますから。

モーツァルトが口笛って、メチャクチャカッコいいと思います♪
Commented by tokkun-22 at 2010-07-21 22:23
4番目の部屋に引っ越したトックンです。
よろしくm(__)m

我が家は夫が一番のテレビっ子。
私はレンタルした映画がみたいテレビっ子。
息子が小学生の頃、みんなが持っているテレビゲームをがんとして買わなかったことが、母親として唯一の矜持かな。
Commented by cazorla at 2010-07-22 19:22
cherryさん
やっぱり 食事時間の会話って だいじですよね。
三人とも話したいので 順番順番って・・・ たいへんです。

インターネットも かなり規制しないといけませんよね。
基本的には ネットも時間規制しているんですが
たまに隠れて なにやら見てるらしいのですが・・・・。

ただ スペインって お子様天国のテレビというか
ほっとくとずっと 子供番組で 切れる時間がないので
そのまま ずるずるになりそうというのと
あと一番のきっかけは イラク戦争が始まった時に
イスラム教攻撃が ヒステリックで
ドキュメンタリーなのに かなり 作り事というか
イスラム教攻撃が目的というのが 見え見えでいやになっちゃったのです。

わたしは 母の家で 日本語放送を時々見ているのですが・・・。
アルバロは 相撲が大好きで 正座して見ています。
(賭博事件 ざんねんでしたね。)
Commented by cazorla at 2010-07-22 19:27
とっくん
こんにちは
引っ越し したいような気持ちをひきずりながら古巣を守り続けてます。 

テレビ討論会とかけっこうおもしろいんだけどね。
たぶん 今の時代だから テレビ はずそうって決めたんだと思います。
テレビゲームも みんな集まって もくもくとしたりするんでしょ?
うちも テレビゲームはありません。
ああいうのって ほんとにあっというまに時間がたっちゃいますよね。
って わたし コンピューターのゲーム好きだったから(笑
でも 3Dとかになるまえの アナグロに近い感じの頃がよかったなー しみじみ。

うちの子供達も とうとう 上2人 中学生です。
はやいものです。
名前
URL
削除用パスワード
by cazorla | 2010-07-20 07:24 | こども | Trackback | Comments(8)