デブと呼ばないで

スペインで 新たな法律ができて 肥った人を差別してはいけない ことになったらしい。
具体的になんなんだろう。
昔 スチュワーデスが 基準値を超えると 首になりそうになったとか(フランスで 1974年くらいに
起きた。 結局 裁判では 乗務員が勝って やめなかった。)
日本とかアメリカって たしか 私立小学校は 肥った子が入れなかったりするよね たぶん。
そういうことが禁止になったのか。
あと 職場で肥った人は アメリカで たしか 良い会社に入れないって あったような。

そういうことが禁止になったのだろうか。

それとも 肥った男の人が 女の人に結婚を申し込んで 断られたら
肥ってるから 断ったに違いない・・・と 告訴したりするのか。

なんにしても 法律になってしまった というのは すごい。

わたしは 小学三年の時 デブだった。
母は とにかく 厳しい人だったし ちょうど いろいろ 不幸なことがあったりしたんだと思う。
だから とにかく とにかく 厳しく 叱られた。
機嫌の良い時 同級生に上品でやさしいおかあさん と言われてたが
怒ると まさしく 能の般若の面に変わる。
ほんとにほんとに まったく 同じだった。
だから 五才の時に 一回目の肉体的変化があった。
半年ほど 歩けなくなった。
はいずって 移動していた。
外には行けなかった。
結局 いろいろ調べて 医者が もしかして きびしすぎるのでは・・・ということばに
しばらく 母も気をつけていたようだ。
第二回目は 過食症。
今 写真を見ると ほんとにでぶーーーっだ。
皆に デブってよばれた。
ぶた ぶた 子豚 こいつに決めた ぶーーーっ という歌が わたしのはやし歌になった。
よしブーとよばれた。
しばらくして 精神的にも肉体的にも成長した。
一年 十センチずつのびたので 小学六年の時は 163センチ48㌔になっていた。
それでも あだ名は あいかわらず よしブー 。
デブと呼ばれたら やっぱり 傷つく。
それを わかっていて 言う。 そんな法律 馬鹿げている。

ご近所のお店の中で耳にした会話。
「医者がうちの子のこと 肥りすぎだっていうのよ。 
今ね 生後七ヶ月で15㌔。
かわいいのなんのって。 それなのにね 肥りすぎだって。」
「あら おたくのおじょうちゃん エレモッサ(美しい)よ。
昔は 食べ物がなくて 肥らせたくても 肥らせられなかったのに。
ほんとに こんなエレモッサな子は 昔は見られなかったわよね」
「でしょ エレモッサよね」

この会話は法律ができる前に聞いた。
もしかしたら この医師の行為は 違法か?

肥ってるだけではなく 最近は変な太り方の子が増えた。
服を着ている時は そうでもないのに 水着になると
脂肪球というのか あのまるいものが体にあって 服でかくれているところだけ
異様に肥ってる。
そして 肩がない。
肥満が問題になっている一方で この法律では 現状の改善もむずかしくなるのではないか と思います。
[PR]
トラックバックURL : http://cazorla.exblog.jp/tb/13188861
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by nakanokeiichi at 2010-09-06 08:01
それより 航空運賃を体重に比例してほしい・・・ま エコノミーは荷物と同じだから(^^!
Commented by cazorla at 2010-09-06 17:53 x
なかのけいいちさん
こんにちは 隣に座ってると 押し寄せてくるし?(笑)
体重と手荷物合計制度にすると 痩せてるとたくさん持っていけますね。
Commented by トックン at 2010-09-06 21:05 x
冗談のような法律だけど、実際に差別があるからってことなの?
以前、バレリーナが太りすぎでクビになって訴えるというのもあったような。
あれは確かに下で支える男性が大変だものね。
それでも差別になるんだろうか。
Commented by もにか at 2010-09-06 22:21 x
私も兄にすぐ♪ぶたぶたこぶた おなかがすいた ブー!と耳元で歌われて大泣きしたものです。おお姉妹よ!日本でも赤ちゃんを太らせないように、ミルクをほしがってもむやみに飲ませないとか指導してるみたいです。そんなことすると赤ちゃんの精神的なダメージのほうが大きくなると思うのですが。ママのおっぱいで太るのと炭酸飲料で太るのではまったく話が違うと思います。
Commented by mimizu-1001 at 2010-09-06 23:18
どちらの相撲部屋ですか?
とかいうのは冗談で通じなくなっちゃうのかな。
いや、スペインに相撲部屋があるとかなんとかの話じゃなくて。
Commented by cazorla at 2010-09-07 07:53
とっくん
バレリーナは やっぱり 体も仕事の一部と理解しないと まずいような気がしますね。 支えられなくてよろよろとか。 スチュワーデスさんは ファミリーに好感を持たれる雰囲気なら ふとってても おなじですものね。
差別・・・でぶって呼ばれるくらい?
肥満が増えて 八割以上が肥ってるから
差別なんてないような気がするんだけどね。
Commented by cazorla at 2010-09-07 07:56
もにかさん
もしかして おにいさんがわたしと同じ年くらい?
姉妹だねー。

母乳もだめなの?
わたしが子育てしてた時は 体重測定の時叱られるからって
粉ミルクを倍のこさにして肥らせすぎてる人がいたけど・・
今は反対に肥らせないようにしてるんだ。 なんて 両極端。
うん 絶対 赤ちゃん時代は すぐに飲ませた方が 楽天的な幸せそうな顔の子になるとおもいますよね。
Commented by cazorla at 2010-09-07 07:57
みみずさん
こういうひょろーーーんとしたコメって好き。
でも 相撲部屋ですかっていうの 昔から言われたら 怒る人多いぞっ。(笑)
Commented by おーやま at 2010-09-08 06:12 x
カソルラさんの歴史の1ページを垣間みた気分です。
人生って。。。言葉にならん。

私はパリに住んでませんが天気は似たような物です。
8月はすでに肌寒く雨も降りますよ。
30度まで上がる日が何日あるかなあ、しかも一日のうちで天気がすぐ変わるので。プールで日光浴日和がどのくらいあるか...涙
Commented by cazorla at 2010-09-09 06:38
おーやまさん
歴史の1ページだなんて・・・・
でも 子供がでぶにならないようには しています。
やっぱり 自分がいやだったからね。

パリって だから なんとなく あの雰囲気の文学になるのか。。。
名前
URL
削除用パスワード
by cazorla | 2010-09-06 06:53 | スペインの新聞から | Trackback | Comments(10)

あなたに会いたくて・・・・


by cazorla