保険会社のCMに出ていたサッカー選手 ホセ・マヌエル・レイナ

保険会社 GroupamaのCMが問題になっている。
人種差別 ということで 放映禁止。
登場しているのは スペイン人ゴールキーパーのレイナくん。
現在 リバプールで活躍中。
けっこう 良い演技をしていると思う。



黒人差別 原始的民族のボスが ホモセクシュアルであるということ
つまり ぼくは レイ(王様) 君はレイナ(女王)だよね って 花の冠をプレゼントしている。
たぶん 日本だったら作らないとは思う。
言語の自由とか言っても なんとなくひっかかりそうというのがあるものは もう作らない。
ハックベリーの冒険が発禁になってくらいだもの。
だから これを差別かどうか は別にして
英国で 糾弾の対象がレイナに集中している というのが わたしとしては 変だと感じる。
レイナは ただ 出演しているだけでしょ?
もちろん これが職業的俳優であれば 脚本を見て 自分の思想にあわないとか
まあ いろいろ言えるかもしれない。
でも 彼は サッカー選手。 そういうことってあんまり考えないのではないかしら。
(こどもたちのヒーローだから 考えなくちゃいけない という意見もあるかもしれない。)
でも あえて差別的に言っちゃえば所詮 ただのサッカー選手なんだから。

で なんで 保険会社を糾弾しない?
この広告を考え出した人 作った人を糾弾しない?
もしかして・・・って ここで考えるよね。
レイナがスペイン人だから
だって イギリスだもん。 スパニッシュに対する差別かい?って 聞いてみたくなるよね。
[PR]
トラックバックURL : http://cazorla.exblog.jp/tb/17468647
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
削除用パスワード
by cazorla | 2012-03-05 21:17 | スペインの新聞から | Trackback | Comments(0)

あなたに会いたくて・・・・


by cazorla