カフェ・ヒホンが売りに出されるかも・・の第一歩という記事が出ていた

マドリッドのカフェ・ヒホン。ヘミングウェイが通っていたということで有名なカフェ。
1888年 開店。 
当時は 本店のみでテラスはなかったのですが 現在は道を挟んだ遊歩道にテラスがあります。
スペイン語でテラッサ。
テラッサは カフェやバルが 広場 遊歩道 など 公的地所にテーブルを置いているところですが 公的な場所なので 市役所に賃料を払っています。
これは 何年かごとに せりのようなことをして テラッサを置くための権利を獲得します。
今回 カフェ・ヒホンのテラッサをおいていた場所の権利を他の人が落としてしまいました。つまり カフェ・ヒホンはこのテラッサを立ち退かなくてはなりません。
もちろん 本店は残るし そこにヘミングウェイも来ていたのですが スペインでは テラッサでくつろぐのが好きな人が多く テラッサの収益がかなりの範囲をしめます。
だから この権利を失ったら もしかしたら カフェ・ヒホン本店も閉まってしまうことになるかもしれません。
 
e0061699_9563910.jpg
       
e0061699_1003156.jpg


ここのすぐそばで開催される民芸品展が大好きでした。
ちょっとしたものを買って カフェ・ヒホンで じっくり戦利品を眺める。
マドリッドでは カフェ・ヒホンはマドリッドの歴史だ! 運動が はじまっってるらしいです。
継続してくれるといいな。
[PR]
トラックバックURL : http://cazorla.exblog.jp/tb/17648438
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by もにか at 2012-04-01 17:16 x
こんにちは。今スペイン国内では政情不安で暴動多発なんてニュースがちらっと流れてきました。大丈夫ですか?テラスの存続も気になりますけども。
Commented at 2012-04-01 21:20
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by cazorla at 2012-04-01 22:07
もにかさん こんにちは 
政権が変わったから 反政権の政党がばかな若者を集めて暴動を起こさせてる というのがほんとうみたいです。現実的にはなにも 怒っていません。 流されるニュースは たぶん 社会党がながしてるんでしょ?

けっこう みんなテラスの存続のほうが大事なくらい 穏やかな生活。 ただ やはり社会党政権が長かったせいで 経済基盤が ゆるくはなってますが。
Commented by cazorla at 2012-04-01 22:08
鍵コメさん 
こんにちは わたしもずいぶん お休みしていました。
わたしも ちょくちょく行かせていただきます。
コメ ありがとうございました。
Commented by もにか at 2012-04-03 03:54 x
何もなくてよかったです。今日本は原発と放射線の話題から目をそらしたい人でいっぱいで、すごく下らないトピックを30分くらい、いろんな方法で垂れ流しています。その一つですね、きっと。
Commented by cazorla at 2012-04-03 05:18
もにかさん
新聞もテレビも どこの国でも市民操作がおこなわれてますよね。
新聞は 全紙とりあえず目を通すとほんとのところが見えてきますね。
名前
URL
削除用パスワード
by cazorla | 2012-03-31 10:07 | スペインの新聞から | Trackback | Comments(6)

あなたに会いたくて・・・・


by cazorla