女の子たちの集まり

二十代の前半は くだらない遊びをしていた。
おばんパーティしましょって わたしの年上の友達が計画して 
女の子だけが集まった。 年上の友達はピアノを教えていたので まだまだ子供とも言える中学生くらいの子たちも 加わって 一晩中 続く お泊まりパーティ。
その時 みんなそれぞれの恋人やボーイフレンドがカンパしてくれるケーキやアペルティポを持って集まる。 実は 私はこんなに大事にされているのよ という 女の子たちのちょっと コンベティティブな集まりでもあったわけです。
それは 80年代前半。 まだ あっしーとかめっしーなんて下品なことばもなく
男の子たちが 純粋に女の子を大事にして 女の子たちが 無垢にお姫様だった時代です。

女の子って そんなもんでしょ?
だれがどれだけ幸せか はかりにかける。
実はそんなもの全然比べられないのに。

年がたって それぞれ結婚して たぶん わたしが一番質素な生活をしている。
特別になにか買ってもらうわけでもなく。
女の子の友達が 「夫」に買ってもらったものを見せる。
そういうのを見るのは 楽しい。
すなおに楽しいなと思う。
女の子のふわふわした雰囲気が大好きなのだ。


そして きれいな女の子たちが。

化粧」という記事でかいたように 私は 化粧の濃い女の子って意外に好き。
そして ちょっと軽い媚びができる女臭い女の子が。

そういう女の子たちが 年をとっても それなりに経済的余裕のある夫に大事にされて生活していってほしいなと思う。

でも 人生はおばんパーティの続き。
だれがどれだけ幸せか はかりにかけるコンベティティブな集まりが もう少し 空間的に広がって
しまっただけ。

モーガンを夫に買ってもらった Yちゃん。
それって おばんパーティの続きだったの?
破産して モーガンを売ってしまったYちゃんと今は連絡がとれません。
あなたが化粧してるのを見るのが好きだったのに。
[PR]
トラックバックURL : http://cazorla.exblog.jp/tb/18282191
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by keymyall at 2012-06-30 09:19
お化粧・・・・って、すごいと思います。
ウチの娘達、特に長女は、いつもほとんど化粧をしません。
結婚式の時、プロの方にお化粧をしてもらったのですが、驚くほどきれいになり、笑ってしまいました。しみじみと、"プロ"って、すごいなぁ~~っと(笑)
外国の、、、、、特に、エジプトや、インドの、映画に出てくるような化粧は、神秘的で、引き込まれます。
私もあれくらいしたら、きれいに見えるだろうか、、、、などと考えてみたりして(笑)

友人同士が集まる小さなパーティって、どこか自分自慢が入っている話をする人もいれば、聞き役に回る人もいる。自分と言うよりも、夫や、子供自慢も少しづつちりばめている事が多い。
自慢できるものを持っている人って、良いなぁ~  ね?
何も無くても、何か見つけると、自分にも自信が出てくると思うのですが、、、
自慢できるものを持っているのは、嬉しいし、楽しい!
Commented by cazorla at 2012-06-30 17:38
keymyallさん
こんにちは。 わたしも お化粧はほとんどしません。
でも お化粧上手にしてる子は好き。 そしてプロのお仕事も尊敬します。 エジプトの目のお化粧は 目に虫が入らないように だったんですよね。 もともとは きっと 宗教とかいろんなことにつながっていたのだと思います。 ボディペインティングなんかも。
日本人のお歯黒とか青眉も わたしの顔ですると醜いけど きれいな人がすると ある神秘性が出ていいですよね。
自分の好きなものの話をしてるときの女の子の顔が好きです。 女の子っていっても 五十代 六十代も入ります。 すきなものの話をするとき そこに女の子 ぼくなるから。
Commented by barrameda at 2012-06-30 22:20
そういった輪に「きゃ〜っ」と入って行く女の子達を冷静にたくさん見て「ああ、女子っぽくて素敵で近寄りがたいな、でもいいな」って子供の頃から思ってて、僕は普通に女子会に呼ばれたりするような中性的なとこがありましたけど、「きゃ〜っ」と輪に入れない子と僕は結婚しました。女の子って知能犯ですよね、男児に比べると。「男は消耗品」って良く言ったなぁって思います、最近。
老けましたよ〜僕。
Commented by cazorla at 2012-07-01 08:00
barramedaさん こんにちは
女の子っぽい女の子って 見ていて楽しいんですよね。
わたしも大好きなんです。
女子会に呼ばれるのは・・・中世的というより ある種 バランスを取る不思議な力量のようなもののせいかもしれないですね。
芸者遊びをほんとうにきちんとする旦那というのは おねえさんたちのしていることをにこにこと見ているゆったりとした存在感なのだと なんでも教えてくれる年上の女友達が言ってました。 そういう感じ。
で 「「きゃ〜っ」と輪に入れない子と僕は結婚しました。」 なんですね。 家庭の中で 毎日 にこにこ 女の子たちの女の子くささを見ているのは疲れることかもしれません。

老けましたよ~ ・・・なんて!!
基本的に ご自分のお嬢様にしか目がいかなくなってしまっただけ?
名前
URL
削除用パスワード
by cazorla | 2012-06-30 07:13 | 思うこと | Trackback | Comments(4)

あなたに会いたくて・・・・


by cazorla