別れる理由 (わけ)

Tちゃん 離婚するんだって と夫に話す。
Tちゃん ふたり子供がいるし 六歳と八歳 まだまだ手のかかる時期。
マリアが生まれたときに うちに来て つきあってるんだって言ってたから
つきあい始めたのが 十六年前。
結婚して 15年まらいなのかな。

夫が ふむふむ なんで と訊く。
そういう時期に離婚って めずらしいなと。
いや そうでもないんじゃない?
マリアのクラスの子のご両親 離婚ラッシュは 小学四年五年くらいだったよ。
で マリアが みんなのちょっと つらい話をうんうんと聞いて来て
「わたしはみんなに話す ネタがない」と愚痴っていた。
見てるだけでかわいい子供時代も終わって 手はそれなりにかかるけど ちょっと暇になる時代である。
Tちゃんがね だんなさん 保守的になったって言ってた。
保守的?
保守的とはなんぞや。
保守的なんて その時代に急にかわるもんでもなかろう。

と 二人で ふにふにと話していると 最終的結論。

つまり保守的というのは デブになった ってことなんじゃないか。

という結論に達した。
考えてみれば われわれ夫婦もひまだな。

やっぱり 伝統的生活を送っていると 肥る。
週末は 親戚一同集まって食事とか しょっちゅう お誕生会 結婚式 結婚記念日 コミュニオン(スペインの七五三みたいなもの)などとなど たくさん食べる機会も多いし ね。
うんうんそうだ。
理想的からだを保とうという努力は なかなか革命的努力がいる。
おいしい食事という誘惑をはねのけ 戦っているのだ。
共産党的 肉体を保とう。

保つ というのは 反保守的であるということに意見が一致。

やっぱり だぶんと肥った ぶるんぶるんのおなかはいやだわ としみじみ言うと
夫は 必死で 毎日 プール通いを始めました。
腹筋 五十回 ダンベル体操 十分。


健康のためにも いいですよね。


特にスペインだと 肥った人って おなかがものすごいし
その上 毛むくじゃらだし・・・ぶつぷつ。
日本男性のふとった は ふとったうちに入らないので これを読んで気を悪くしないでくださいね。
[PR]
トラックバックURL : http://cazorla.exblog.jp/tb/18640095
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by inuman at 2012-08-16 08:30 x
太るということをこういう風に表現する人も珍しいだろうなぁ。
というか、初めて。
ちょっと名の通ったコラムニストが書いたら、爆発的に取り上げられるかも。

それにしても、夫婦でそういう会話になるってすごいにゃ。
うちなんか大津の教育長が襲われたんだって!という三面記事で盛り上がってるのに(笑)
Commented by cazorla at 2012-08-17 16:49
inumanさん
これも 褒められてるにゃって 勝手に解釈して
うれしい。

夫婦で盛り上がるっていうのが大事よね。
うちも すごいしょうもない記事で盛り上がってます。
くくっ。
Commented by おーやま at 2012-08-20 20:27 x
先週 この日記を読んだ日に 離婚を控えた友達が娘さんと遊びに来てました。

このTちゃんはスペイン人?
私の友達は日本人でご主人はフランス人。

日仏カップルの離婚率は半端ないものがあります。
フランス人同士でもそうだけど....
Commented by cazorla at 2012-08-21 16:13 x
おーやまさん

この子 日本人なんです。
わたしと ずっと仲良しだった子。

スペインは離婚 多いです。
スペイン人同士でも。
ただ 日本人女子の八割はスペインに住むとひきこもりになるというデータもあるらしい。
わからなくもないです。 地域差もあるだろうし 状況にもよるけど。
そういうのも影響しますよね。
疲れるときもあるし。
疲れると 夫に対して寛大ではなくなるし。
名前
URL
削除用パスワード
by cazorla | 2012-08-16 07:33 | しょうもないこと | Trackback | Comments(4)