過去のささやき   ホタを見よう

以前 日本橋で浮浪者のおっちゃんに写真を撮ってもらった話を 宝物はいつも 掌の中で紹介した。 その写真 もうなくなってしまっているかと思ったら ちゃんとしまってありました。

e0061699_0241480.jpg



写真を見ると 思い出がこまやかになりますね。
Sちゃんのささやくようなふわふわした話し方を急に思い出した。
浮浪者のおっちゃんを見つけたときの 目の輝きとか。
見て あの人 芸術家よ
わたし 話してみたい。

あの あの おじさん
おはなししても いいですか?
おじさん 芸術家でしょ?

おじさん きらきらした目でふりむいて ゆっくりうなずく。

「そ おいら 芸術家だよ」

やっぱりーーー

Sちゃんはいつもあんな感じ。
やわらかくて 現実味がなくて そして さりげなく積極的で。
彼女のおかげで 存在の耐えられない軽さ に出会った。
まず映画を一緒に見て

うーーん ヨーロッパの風景は わたしをあのときの気持ちにしてくれるの




あの日は 日本橋に ホタというスペインの踊りを見に行った。
フラメンコが有名だが ホタは アンダルシアではなく もっと北の地方の踊り。
もっと軽く おどって 白いストッキングがかわいい。
男の子の衣装もチロルっぽい。
バレエの先生でもあるSちゃんは この踊りはさりげないけど
ものすごく筋肉がいるんだと 説明されて ふむふむと見入る。




やさしい時が流れて わたしはここにいる。
[PR]
トラックバックURL : http://cazorla.exblog.jp/tb/18732211
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by antsuan at 2012-08-28 06:05
うーーん、確かに過去の自分に力を与えられる笑顔ですね。
Commented by cazorla at 2012-08-28 07:13
あんつぁん
なんかね この日の太陽とおじさんの顔も思い出しました。

Commented by mildpink at 2012-08-28 10:34
カソルラさんは、昔の写真を、とっても大事にしているんですね ^^)
亡き父が、写真をとても大事にしていたので、実家に行けばアルバムに、私の幼い写真も見つかるかも、、、、、、
写真を見るとその情景が浮かびますね。
Commented by cazorla at 2012-08-28 14:06
mildpinkさん
スペインに来るとき けっこう写真を捨てました。
元恋人の写真 アルバム一冊分だけ 残して。
実家に送ればよかった。
五キロくらいあったんです。 風景とか そういうのもあるんだけど あの時代に決別しようって決めたから。

決別なんてできないのに。
Commented by otebox at 2012-08-28 18:27 x
Jotaというのですか。30年近く前にラ・アルベルカの祭に居合わせて楽しめました。旅日記から抜粋するとこんなのです…男女が半々で10人ほどの若い集団だが、よく訓練されていて面白い。着ている服は民族衣装というよりは、それを軽くアレンジしたステージ衣装のようだった。輪になる-固まる-二列に-繋がる-ねじれる-スクエアダンス風と様々に踊り方を変えて面白い。伴奏はたった一人のおじさんによる笛と太鼓なのだが、このおじさん、腰に太鼓をつけて片手にバチ、もう片方には笛を持っている。それにかぶさるように踊り手のカスタネットが重なると、まるで獅子舞の囃子のようにも聞こえる。この踊りは終始よく似た単調なステップなのだが、ぼくが驚くのは持続する時間の長さだった。跳びはね続けて疲れているはずなのに、表情はいつでも笑っている。溌剌として疲れを知らない…この村祭は面白かったです。彼らはその間中、村の辻々で跳ねてました。
Commented by cazorla at 2012-08-29 07:35
oteさん
こんにちは La Alberca 三十年前 って バルセロナオリンピックの前ですね。 あのころは まだまだすてきな質素で素朴な村がたくさん残っていましたが 今も そのお祭りの雰囲気残っているのでしょうか。
ホタって なんかものすごい体力がいりそうなのに
ほんとにタフだなって 感じがしますよね。
それに 服の感じがかわいくて タフでないと なんとなくあわないかんじ。 笛ってどんな笛なんでしょうねー。 そう言うの見てみたいです。 探してみよう。 いつか サラマンカの村も訪ねたいです。
Commented by otebox at 2012-08-29 17:02
いいえ、残念ながら昔の空気は薄くなっていました。6年前に友人たちを伴って祭りを見に行ったら、闘牛は相変わらず二日間やってましたけど、Jotaの集団は来ていませんでした。お年寄りたちが踊るアルベルカーナという踊りは見られました。昔のむらには家畜たちの匂いがどこからでも感じられたのに、全く匂いませんでした。やっぱり変わってしまってました。今となっては「中世」を売りにしたり何かしら客を意識してるようなところしかないのでしょうかね。
Commented by cazorla at 2012-08-31 22:51
oteさん
やっぱり変わってしまうんですね。
昨日 ロンダに行ってきたのですが
22年前にくらべるとまったく違う場所。 
唯一 崖のところにいる鳥たちが昔と同じように 
飛んでいました。 彼らはテレビや時代の影響がなくて。
すごい 観光客が増えていて 
たくさんレストランがあって 
そしてマックもバーガーキングもあって。
変わってしまいましたね。
名前
URL
削除用パスワード
by cazorla | 2012-08-28 00:37 | 思い出 | Trackback | Comments(8)

あなたに会いたくて・・・・


by cazorla