ロンダ ホアキン・ペイナード美術館

ホアキン・ペイナード美術館に行こうと思ったら なぜか閉まっていました。

e0061699_055544.jpg



e0061699_0555826.jpg



e0061699_0571066.jpg



e0061699_0573288.jpg



ホアキン・ペイナード美術館のホームページによると 十時から五時開館・・・・
あっ もしかして あのとき 五時過ぎ?
時計も見ずに歩き続けるのが わたしたちのくせ。
まだ明るかったから 当然開いてるものと思ってたけど
もしかして 六時すぎだったのかも。
ふーーん でも 五時閉館なんて はやいわっ。

e0061699_143242.jpg



ロンダには 日本人画家も住んでいました。

e0061699_17017.jpg



はるた・みきさん Miki Haruta
el Paseo de Blas Infante にありました。
[PR]
トラックバックURL : http://cazorla.exblog.jp/tb/18817866
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by keymyall at 2012-09-09 09:49
煉瓦か、白い壁、、、、オレンジの屋根 はふぅ~~~~  (@_@)
すっごくお洒落だなぁ~~~
モチロンいろんな色を使って、個性を出すのも良いけれど、統一しているのを見る方がホッとする。

美術館って、たまに行くと、絵心のない私でも、感心することがいっぱいあります。
一時期、クリスチャンラッセンが好きになり、ハワイもマウイ島まで観に行った事があります。
吸い込まれるような感覚になり、動けませんでした。
”絵”の力って、すごいです。
心を休ませたり、奮い立たせたりできると思います。
デモ、、、、、、、カソルラさん、、、、、今回は、残念でしたね ^^)

上から三枚目の写真が好き。
遠くに見える車。
あの車は何であそこに? 仕事だったのかな? ただふらりと?
それとも、あの近くに自宅があって、、、、、なんて、思ってしまいます(笑)
Commented by cazorla at 2012-09-09 18:06
keymyallさん
こんにちは
ロンダは二十年ぶりですが 大きな町なのでびっくりしました。
でも それって ただ 田舎に住んでるから 感覚が変わっただけ? 町をひとつの風景としてとらえるのっていいですよね。
やっぱり 風景画家にとって または写真家にとって。
昔 日本も別に決まりがあったわけではないけど 統一していてすてきな風景ができていた。 今は それぞれ ゴティックだったり 超近代住宅だったり。

クリスチャンラッセン・・・ わざわざ見に行かれたんですね。いいな。 今 グッゲンハイムでエゴンシーレやっていて行きたいんだけど遠いなーって。 でも 日本からハワイにくらべればまだまだ近い。 好きなら行くっ。 うーーーん 決心しなくては・・・。

写真。 keymyallさん 詩人。
すてきなコメントありがとう。
名前
URL
削除用パスワード
by cazorla | 2012-09-09 01:16 | アンダルシア | Trackback | Comments(2)

あなたに会いたくて・・・・


by cazorla