ロンダ 風景 散歩 そして思い出

ロンダが有名なのは やはり その地形的特徴。
ですから ゆっくり散歩しなければなりません。
わたしが 1990年に訪れたときは まだ そんなに個人で旅行している人 特にファミリーで旅行している人がいなくて 午後二時になると 日本人を乗せた観光バスが 忙しげにやってきて バルのトイレに何人かが駆け込み 大急ぎで この絶壁の写真を撮って さっさと行ってしまう というのが慣例でした。
二時にバルに行くと 時計を見ながら あ そろそろだね って言う じいさんたちがいっぱいいました。
あのバルはどこだったんだろう。
あのときは すべてがこじんまりしていて もっとわかりやすかったような気がする。

e0061699_7222865.jpg



e0061699_828435.jpg



e0061699_723739.jpg



e0061699_7234021.jpg


遠くに見えるは・・・・
e0061699_7243387.jpg



もっと近づくと。 この岩登りの上で 町は静かに呼吸して そして 日常の営みが 
静かな微笑みみたいに 通り過ぎている。
e0061699_725499.jpg



そして 壁面には たくさんのごまつぶ。
e0061699_7253282.jpg



もっと近づくと・・・。 鳥たち。 二十年以上前に エディフィッシオだよって教えてくれた。
e0061699_7255880.jpg



鳥の名前 エディフィッシオ 建物。
この崖が建物みたいだから?
ここに住む鳥。
たぶん ここではそう呼ばれている つまり俗称なのだと思う。
教えてくれたのはアントニオ。
当時 マラガ大学 ロンダ校の学生。
東洋の歴史を学び タイ語を大学で習っていた。
個人的に 日本語も勉強していた。
分厚い 日本語学習用の本を読んで まだ六ヶ月なのに けっこうきれいな日本語を話す。
ひな祭りの歌を歌ってくれた。 意味はわかってなかったみたいだけど 丸暗記。

一緒に ヒッチハイクで 彼の村にも遊びに行った。
毎日 ヒッチハイクで ロンダまで 来るらしい。
彼の村の名前は覚えてない。
まだ スペイン語は ホテルを予約する程度のことばしかできなくて
彼の日本語のほうが わたしのスペイン語よりはるかに上手だった。
だから スペイン語 日本語 英語 ごちゃまぜで
それでもけっこうたのしく 話せた。
スペイン人ぽくないねって言ったら
だって僕のママはフランス人 そして僕は日本人なんだと笑った。
めがねをかけて 髪がまっすぐ そして ひょろひょろと背が高くて なに人か ちょっと判断に困るような
容貌だった。 彼の家の物干し台で のんびり ひなたぼっこしながら 日本ではどんな本が読まれているか
みんなどんな生活をしているか どんな映画が好きか どんな歌を歌っているか
そんなことを話した。 
彼の夢は日本人の女の子と結婚すること。
彼のママは あらあらまた日本人の女の子を連れてきたのね
また 行ってしまったあと 哀しい気持ちですごすのね 
かわいそうに と言って ほんとに
かわいそうに って顔をした。
ほんとに悲しい気持ちで 何日か過ごすのだろう。

あんなふうに 純粋に日本人の女の子を夢見ている男の子って今でも いるのかなー。
そんなことをふと思った。
この静かな すてきな風景を見ながら。
そして 今 アントニオが すてきな日本人の女の子と一緒に 
物干し台でひなたぼっこしながら クリスマスのお休みはあったかい島に行ってすごそうね
なんて言っていたらいいな と思う。


ロンダ の 町に行く
ロンダ 闘牛場
ロンダ ホアキン・ペイナード美術館
[PR]
トラックバックURL : http://cazorla.exblog.jp/tb/18833881
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by otebox at 2012-09-11 15:39
あの頃、日本人の旅行事情はそうでした。それも観光都市だけね、呆れて見送り自己満足していたものです。ロンダまで行くのは稀だったような。
わたしは男ですから独り、ヒッチハイクもしながらセテニールやモンテフリオなんて奥のほうへ奥のほうへ…するとよく「チーノ!」って。その度に腹を立てて「ノ、ソイハポネス。」って返してたけど、実は彼らにはそんなことどうでもよくて蔑称に類する言葉だったのでしょう。
そんなんでも土地のドミノ遊びのおじさん達や、百姓の爺さんとのやりとりは楽しかったし、一つも悪い印象はありません。
Commented at 2012-09-11 19:05
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by cazorla at 2012-09-12 05:03
oteさん
きっと ロンダに来るのは スペシャル・ツアーの皆様だったんですね。 ヒッチハイクできる男の子がうらやましかった。 わたしはしてたよって 女の子を何人か知ってるけど 運が良かったのかなにも起こらなかった。 いい人 多いと思うけど。 でもね・・・。
別に中国人に間違われても良いんだけど 詰まるところ チノってことばの中にある 侮蔑的な意味合い そういうのがいやなんだと思います。 だって いきなり どこの人って質問もなく その一言って。 で 彼らには 想像力がないです。

わたしも ボカディージョをもらったり 皆 いい人だった。 今よりずっと 外国人にもやさしかったと思う。
今も いい人はいっぱいいるんですけどね。 子供たちが昔のほうが純粋で ずっと 近づいてきて しょうもないこときいてきたり。 関わりたかったんですね。 
最近変わったのは私自身が年とったせいかもしれませんが。
Commented by cazorla at 2012-09-12 05:05
鍵コメさん
こんにちは 
ヨーロッパから日本に帰ると 日本人の女の子って
さわさわさわって感じのしゃべり方で華奢でかわいい。
ほんとにかわいいなーって思う。
昔ほど 神話的ではなくなったかもしれないけど
名前
URL
削除用パスワード
by cazorla | 2012-09-11 07:49 | アンダルシア | Trackback | Comments(4)