本の広告のための写真を娘が撮りました。

うちの長女の初仕事?
ギャラはもらってないから仕事とも言えないんですが
カメラマンとして アーティストとして
信頼されて頼まれた・・のだと言う意味で仕事。
某作家が 彼の本の広告のために 写真を撮ってくれって頼んだのです。
作家と言っても 彼も若く まだ有名ではなく
本を 自費出版で 出して 売り出しているのです。
サイン会兼出版記念パーティみたいなのをして
その時 知り合って
読んで ファンになって
フェイスブックでおつきあいしている。

とても悲しい愛の物語とか。。。


e0061699_7434291.jpg




中学のお友達に本を持って貰って 写真を撮りました。

やっぱり なんかうちとけていていい雰囲気。
やらせではない 自然な笑いがいいですよね。
(全員が読んでるかどうか・・・という点を考えるとやらせとも言えるんですけどね。)


モードの体系がものすごく売れた時代って覚えてますか。
ロラン・バルトのかなりむずかしい哲学の本。
モードって言う題名だから なんか勘違いした ファッション系の人たちが買って
ベストセラーになったとかいう。
でも原宿あたりで その本を小脇に抱えていたのを何度か目撃した。
本をもっていることがちょっとかっこよかった時代。
それはもう過ぎ去ってしまったのでしょうか。
うちは夫がいつも 退屈しないようにどこにでも 本をもって行くので
赤ちゃん時代からなんとなく本を持って歩く というのが 子供たちのファッションになっていました。
ファッションから入っても
なんとなく本がファミリーな雰囲気を持っていたら
そのまま 読むようになるのではないか と思います。
本を読むのがおっくうで映画狂いの長男も最近は 本を読んでいます。
ファンタジーですが。
ファンタジーって 映像より 自分の頭のなかで 想像している方が 楽しいですよね。

本を読んだり 文章を書いたり
そういうことが 生活の一部にあれば
色々考えたり できる と思います。

この本の作者 まだ20代 そしてハンサム。(まあ そうじゃなくちゃ
ギャラなしでは働かないかも  笑)
でも そういうかっこいい小説家がいて
なんとなく 本買おうかなっと
そして読もうかなー
と そういうふうになっていけばいいな。
[PR]
トラックバックURL : http://cazorla.exblog.jp/tb/19588386
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by mink330 at 2013-01-20 09:18
素晴らしいことですね。
若いっていいなぁ~と思います。
電子書籍のようだと写真では見えましたが、ちゃんとした
紙の本なのですね?
Commented by cazorla at 2013-01-20 20:39
mink330さん
こんにちは はいちゃんと紙の本です。
今はいろんなことしたいみたいです。
勉強は・・・。 はは とにかく最低限して
好きなこと 色々やってほしいです。
最近 料理も かなり腕を上げてきました。
Commented by hanaco at 2013-01-20 20:50 x
アーチストなんだなぁって。
お料理に関しては、うらやましい限り。

図書の仕事をしていると、本と子供達のかかわりって難しいと感じます。結局のところ、学校なんかじゃ教えることが出来ない習慣ってあるなぁと。本、面白いよって、簡単に言えることじゃあないし。
でも、私に会いに図書室に来てくれる子がいたりすると、無理やり「これhanacoのオススメだから」とか押し付けたりしてます。よくないなぁと思いつつ、きっかけは、なんでもありだよねぇ、と。

長くなりますが、難しいですね、子供を育てるって。
今、ぶち当たっています。
Commented by cazorla at 2013-01-20 21:08
hanacoさん 娘が14くらいのときは 地獄でした。ほんとに。思春期って たいへん。 うちの子は化粧なんてしないけど こちらはみんなけばいし タバコ吸う子もいっぱい。 そう思えばましなんだと。 でもねー。
やっと そういう時代が終わって 料理教えてーって。
図書館。 働いている人で 変わりますね。特に アンダルシアは 特に司書の人やとってないところもあって ただいる そんな感じの田舎の図書館は つまんない。 それに本を探すのがカオスの海に潜ってるような感じ。リナーレス 図書館の家具みたいなふるぼけたおじさんが働いているんだけど 本が好きなんだっていうのが伝わってくる。 雰囲気いいし 本借りる人も多い。 その人の存在って大事。 たぶん hanacoさんの図書館は 良い感じなんでしょうね。 いいな 行ってみたい。
Commented by おーやま at 2013-01-24 22:24 x
文学少女って 日本的には社交が苦手なイメージだけど
マリアちゃんはそうじゃないですよね。

いろんなとこに出かけて行って知り合うのかな?
子どものいい人物との出会い それが親にとったら何よりうれしい。

でもかそるらは田舎だと言いますがいろんなおもしろい人がいて
都会的な感じもしません?

もうひとつ新しい日記だけど もういろいろ収入があるってすごいね 
マリアちゃん。音楽理論教えたり。
日本みたいに高校生バイトがないだろうから
そういう子は少ないんじゃないかと思うけど。

広告の写真もいい感じ。
Commented by cazorla at 2013-01-25 01:54
おーやまさん
社交的なのかどうか。 時々 鬱状態まではいかないけど ちょっとつらくなるときがあるみたい。でも やはり 作家の本質 人間観察 というか 人とかかわったり 色んなことを訊いたりっていうのは好きみたいです。 
カソルラ 九千人の村だけど 綺麗な村だから 各国の人が住んでいるし さすが と思うのは性転換者も普通に住んで 教会のイベントにも参加してる。 キリスト教って そういうのはいいんだ ふーん とか 色々 住んでみて初めてわかることってあります。 
で 収入。 私にmp4買ってくれた。 夏には iphone買ってくれるらしい。 日本語読めるように。 親孝行。

コメント ありがとう。
Commented by celori20 at 2013-02-25 05:37
写真、キレイですね。 飾り気がなくて、自然で新鮮。 男前を狙って仕事を引き受けるところも?笑 17歳らしくてかわいい。そんなものですよね。 本がうまく売れるといいですね。
Commented by cazorla at 2013-03-02 09:57
せろりさん 
作者 ハンサムなんですよ。 なにげない仕事に 彼女の良さがでるなって 思います。 学校の勉強には センスは光らないのですよね。 あと一年半で学校はおしまい。 
名前
URL
削除用パスワード
by cazorla | 2013-01-20 07:58 | スペイン若者 | Trackback | Comments(8)