「ほっ」と。キャンペーン

中・高校の特別授業

別にキリスト教が嫌いなわけではないけど
キリスト教ってけっこう余計なお世話的なところがあると思う。
そんなことない?
それはもちろんどの宗教も同じことなんだろうけど。 ついつい。
カトリックは特に・・なのかも。
たとえば中世のころまで 性行為の体位 正常居のみを神の体位と言って
それ以外を禁止してたとか。

なんでそんな話になったかというと インスティトゥト(中・高校)で セックスのおしゃべり チャルラ・デ・セクソ の時間というのがあって 色々と教えてくれるというのを最近娘に聞いたからです。
三年前からあったらしいけど なぜかその話は出なかった。
大人になって母親とちょっと話してもいいかなって気持ちになったのかもしれない。
三年になった息子のほうは今年がその一年目で その授業はパスしたいから迎えに来て と言う。
本人がいやなら 参加しなくてもいいか とも思うけど。
セックスの話をしながら ぎゃーぎゃーと笑ってるその雰囲気が嫌いらしい。
娘は 勉強しなくてすむし いっぱい笑える楽しいクラスだと言う。
だれがそのクラスで教えてるの と訊くと 
一年目は 町の医者が来たけど あまりにぎゃーぎゃーうるさいので
次の年は 町の看護士が来て 今では 中央から看護資格を持ってるらしき知らない人が来るそうな。
たしかに中学生相手に セックスの話をするのは 私もいやだ。

で どんなふうなクラスなのかと言うと

体位を教えてくれる

どうやって?

二つのお人形を使うのよ と娘。
それは爆笑する。。。だろうな。

あとは
こんどーさんのかわりに スナック菓子の袋を使ったらだめ  とか・・・
数年前 使ったカップルがいて スナック菓子の袋が体内に入って 病院にかつぎこまれた
という事件があった。

マスターベーションは15才くらいから週2・3回が適当であるけど
女の子の場合は25才くらいから始めるのが適正である。

1970年の後半くらいに アンアンとかモアとかに セックスできれいになるって
特集がはなやかだったのをふと思い出す。
セックスをタブー視するのもよくないとおもうけど
でも 週に2・3回が適当です
って まじめに教えるのもどこか変じゃない?
たしかにカトリック世界では禁止されてた行為だから
そういうところから 自由になる という目的もあるのかもしれないけど
やっぱり 隠れてもなにしても とにかく みんなしたいときにはしていたこと・・・だと思うのだけど
週2・3回が適当 っていうのをジョークみたい と感じる私が変?

で 女の子は25才っていうのはどこから出てきたんだろう。

男女平等っていう あまりにヒステリックなフェミニズムにうんざりしているから
そこで え 男女平等じゃなかったの って つっこみたくなるけど。

で こういう私的生活にはいりこんでくるっていう体質は やっぱりカトリック体質なんではないかと思うのだけど どうですか。 中世の教会と やってることは反対かもしれないけど つい同じに見えてくるのです。

e0061699_873425.jpg

[PR]
トラックバックURL : http://cazorla.exblog.jp/tb/20656617
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by antsuan at 2013-06-15 08:30
確かに、こんな事はイスラム教の国では教えないでしょうね。
性に関しては絶対に男女平等はあり得ないわけで、その辺のところも考えると、親が子に教えるものでもないのですが、異性の相手を尊重する意味でも、やっぱり教育は必要なのかも知れませんね。
Commented by cazorla at 2013-06-15 08:46
あんつぁん
なかなか難しいですよね。 だれが・・ってことになると。 
文学的素地があると わかりやすいような気もしますが。
異性の相手を尊重するための教育からはじめないと。
Commented by keymyall at 2013-06-15 10:27
私は、古ぅ~い人間なのかもしれないけれど、こういう話は苦手。いや、苦手ではないけれど、子どもとするのは、どうも、、、でも、若い男女が、欲望のまま行動して、生まれた子供を捨てたり、育てたとしても、虐待に至ることもある。母性や、父性が育っていないうちに子どもを持つことは、不幸な結果を招く事も多いような気がする。そういう意味での、性教育は、必要な気がするけれど、体位なんて、、、そういう事まで教えるの? へぇ~~ って気がする。カソルラさんが、書いているように、『S〇Xで、きれいになる』とか、『痩せる』とかいう記事、結構あったような気がする。 ただ、いくつが適齢期、、、なんて、人それぞれだと思うけど。早い子は、中学生から、異性と付き合っていたけれど、私なんて、二十歳近くだもん。 興味はあったかと思うけれど、部活動に忙しく、他へ流れるエネルギーがまったくなかった。

いつだったか、母親に『なんでマリア様は処女でイエス様を生んだの?』と聞いたら、殴られた。 処女と言う意味も分からず、何も分からなかったので、聞いたのだけれど たぶんその頃、行っていた教会で、耳にした話なのかも、、、ウチの娘たち、、、どうしてるんだろうか??
Commented by cazorla at 2013-06-15 11:16
keymyallさん
性教育は家庭にもよるから やっぱり連係プレイでおねがいしたかったなと思いました。 2年間知らなかった。 部分的には ちょっとね と思うこともあるし やっぱり両親の意見もだいじにしてほしいなと。 そういうこというと 古いって言われるのかもしれないけど。 で そう昔 そういう記事多かったでしょ。 そういうのが 最先端なんだっていう時代だったんでしょうね。で 学校も最先端になりたい 時代なのかな。
息子は断固 このクラスは拒否でした。 帰ってきてピアノひいてた。娘は文学少女だから 本の中でだいたいわかってるみたい。ふーーー
Commented at 2013-06-15 11:29 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by cazorla at 2013-06-15 22:26
私は信仰はないです。 いつも ブログに書いてるように我が家は祖父の代から神仏を信じることを禁止された家庭に育ってます。 だから ものすごく客観的に宗教について考えることができます。
で 奴隷として売っていたのは秀吉自身だと私の記憶ではなってますが。 反カトリックの歴史を変えて書いてる人たちが多い というのも事実です。 ラテンアメリカは 原住民であったインディヘナが今もたくさん住んでいるのに なぜ 北アメリカには ほとんどいないのでしょう。 カトリック世界では 奴隷売買の事実はなかったと思います。もちろん性的なかかわりはあった と思います。たとえば イサベルカトリカは コロンブスを牢屋に入れてます。なぜならこのイタリア人は奴隷売買をしていたからです。
Commented by cazorla at 2013-06-15 22:30
もしもそれが事実なら隠れキリシタンたちがなぜ ああまで 頑固につい最近まで隠れキリシタンでありつづけたのか・・・そういう疑問があります。 歴史をねじまげるのは たやすいことです。 アメリカの歴史学者でさえ そういうねじまげの事実を告発しています。 
たとえば ねじまげによって 世界で一番残酷な国民といわれている 日本人とか。 そういうイメージは すべての経済規律にもかかわってきている そう思います。
Commented at 2013-06-16 06:31 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2013-06-17 09:57 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2013-06-18 13:13 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
名前
URL
削除用パスワード
by cazorla | 2013-06-08 08:08 | スペイン 文化 言葉 | Trackback | Comments(10)

あなたに会いたくて・・・・


by cazorla