雀を蹴飛ばした日

人生というのはあり得ないことが ときたま 起きる。
今日は 雀をけ。っとばしてしまった。

歩いていて ゆったり歩いていて
足の甲に あったかい ふにゃり としたものを感じた。
一瞬 子猫かと思った。
その瞬間 あわてふためいた雀が 目の前に。
ほんとにほんとに 恐怖で死にそうになった 雀が翼をばたつかせて 
水平に飛べなくて しばらく ただひたすら 上に上に そして
やっと 飛び立って行った。

雀を蹴飛ばす確率というのは たぶん 宝くじで一等があたるより 低い
そう思う。 

そして きっと人間に蹴飛ばされた雀も少ないかも。
暑いから 自動車の影で休んでいたのか
おいしいものを見つけて くつろいでいたのか。

これは私の好きな写真です。
私の写真ではなく スペイン人の写真家 ラファエル・ポソさんの作品。
ページにはこの前後の写真も載っています。
こういう写真は 動物に対する 愛情がないとなかなか撮れないと思う。
カメラの質よりなによりも この情熱が好きです。


e0061699_11435543.jpg




写真 ラファエル ポソ  Rafael Pozo phots



そして ふと思い出した 古い歌。
すずめ
増田恵子をそんなに好きではなかったのでじっくり聞いたことがなかったのですが
耳に 残っている すずめ すずめ・・・って。




そして スペインの雀の歌




ちょっと演歌調。 
雀の歌って なぜか 悲しげになるのが共通点みたいです。


すずめの語源
[PR]
トラックバックURL : http://cazorla.exblog.jp/tb/20892174
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by coppoumon at 2013-08-05 20:15
piaf ・・・あの、シャンソン歌手も、雀です。
Commented by cazorla at 2013-08-06 06:11
coppoumonさん
あだ名だったんですね。 142㎝ 小柄だったんですね。
知りませんでした。 ありがとう。
名前
URL
削除用パスワード
by cazorla | 2013-08-05 12:04 | スペイン 文化 言葉 | Trackback | Comments(2)

あなたに会いたくて・・・・


by cazorla