隣人を愛せよ ですね。

スペインに住んで 13年になる。
スペイン人と結婚して19年。
スペイン人の子供達の母になって18年。(子供達は 今のところ二重国籍だから日本人でもあるわけですが。)

スペインは いわば わが古女房。
いやなことはあっても もともとが好きな国だし 嫌いなことを話したりしても
悪口を言われると 気分が悪くなる。
古女房のような 
もしくは 親のような
もしくは 兄弟のような。

モロッコ人の男の子と ネットで話したことがある。
色々 モロッコのことを教えてもらったり 楽しかった。
けっこううちとけたと思ったのか 「スペイン人ってさぁ・・・」
が始まった。
彼は旅行ガイドをしている。 英語でのガイド。
日本人の団体はとってもお行儀がよくて 好きだと。
たいてい そう言ってくださる・・・よね。

スペイン語は わかるけど 仕事ができるほどではない。
スペイン人の団体の時も 英語で通す。
すると スペイン人が 彼の悪口を始めた。
目の前で。
スペイン人は 彼がスペイン語がわかるなんて夢にも思わない。

「で どうしたの?」
「目の前で悪口言わないでって スペイン語で言った。」
「びっくりしたでしょ?」
「うんびっくりしてた。」
「で どうしたの?
「悪かったね ごめんごめん。スペイン語わかるんだねぇ 知らなかったよ。 って
けろっとしてる。」
なるほど スペイン人らしい。
「でそのあと 雰囲気 悪くなったわけではないのでしょ? じゃあ そんなに悪い経験でもない」
「まあ そんなに悪くない。 でも やっぱり スペイン人は 信用できない。」
「日本人だって 似たようなことあるよ。」
「日本人は みんな礼儀正しい。絶対 悪口なんて言わない。」

確かに ガイドさんとか 世話をしてくれてる人の悪口は言わないかもしれない。
それが お金を払ってるから世話をしてくれているとしても
お金 という 仲介に関しては 日本人は淡泊だと思う。 
そういう代償があったとしても 感謝の気持ちは変わらない。
そういう所は 日本人のよいところ。
でも 目の前で悪口を言う・・というのは 東京に住んでいた時 よくあった。
例えば 電車の中で。
私たちが スペイン語で話していると なぜか 私まで日本語のわからない人 と思いこんでしまうのか
悪口というか そこまでいかないにしても 話し始める。

「こんなところで イタリア人が(たいてい イタリア人かフランス人と思われます。 スペインってマイナーな国なんですね)なにしてやがんだい。」と 彼の奥さんに言ってる。 ニュアンス的には なんで イタリア人が東京にいるんだ 帰れよ的雰囲気。
すると 奥さんは 困ったように (たぶん 彼女のほうが想像力がゆたかで 私がその会話を理解しているのがわかる。) 私のほうをちらっちらっと見ながら
「やっぱり 色々会社があるじゃない? イタリアの会社。 グッチとか ベルサーチとか。」
男の人は うたがわしそうに うちの夫をじろじろ見る(うちの夫はどう見ても グッチとか言う感じではない。 笑)

だから どこの国でも いろんなタイプがいる。
★★人は嫌い とか ★★国は嫌い とか 私はあんまり言いたくない。
それにその国に住んでいるその国の人と その国から出て 働いている人 または
定年退職して 海外に住んでる人 いろんなタイプがあると思う。
たとえば 日本に住んでるイギリス人を見て すべてのイギリス人については語れないと思う。

モロッコのガイドさんの話にもどるけど
例えば 日本から モロッコに行こう っていう人たちは まず 遠いから
かなり興味を持って その上 かなり出費をして 無理して モロッコに行ってるのだから
たぶん 知的好奇心の旺盛な日本人だと思う。
それに反して スペインからモロッコに行くのは たんに安いから とか 近いからとか 
ごく普通に日本から 韓国にいくような雰囲気だと思うし 
客層がかなり違う。
だから 比べられないと思う。

私の住んでいるカソルラは 小さな村だし グラナダみたいに有名なモニュメントがあるわけでもない。
だから 観光客も かなり特殊。
こんなところにまで来るアメリカ人は ものすごく知的好奇心 旺盛で ものすごく きちんとしている。
だからって アメリカ人がみんな 同じように 素朴で親切だとは 言えないと思う。

モロッコ人のガイドさんは 私と一緒に いっぱいスペイン人の悪口を言いたいと 思ってたみたいだけど
できなかった。
「ごめん 私の子供達もスペイン人だしね あんまりスペインの悪口 言いたくないんだ。」
「わかる。 ごめんね こっちこそ。」

e0061699_106253.jpg



フェイスブックなんて仲良しごっこみたいで嫌いと 最初は思っていたけど
けっこう便利だと思う このごろ。 だって 近所に住んでるぺぺも カンディンスキーが好きだって
わかったから。 普通に こんな田舎のただのおばちゃんをしていると まさか あなた カンディンスキーとか好き?なんて訊かないもの。 で スペイン人はカンディンスキーなんて好きな人に一人も出会わないわ なんて言ってるかもしれない。 私も好きぃって 道で会ったときにしばらく カンディンスキーの話もできる。 今 住んでる所の たとえば 日本国内であっても もしかしたら 隣に住んでる どうも怪しげなおっさんも実は あなたと同じ趣味を持ってるすてきなおじさまかもしれません。

五十男は嫌い とか 大阪人は(もしくは東京の男は)嫌い とか 思わず ちょっとだけ 近づいてみるのも悪くない そう思います。
[PR]
トラックバックURL : http://cazorla.exblog.jp/tb/20925246
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by mink330 at 2013-08-13 10:37
ずっと前、中国を旅行した時、とあるレストランで、子供ずれのお母さんがいました。

私たちは日本語で「かわいい子どね~」と話していました。しばらくしてそのお母さんが日本語で話しかけてきたのです。

私は海外旅行した時には、相手が日本語知ってるかもしれないと思い、決して日本語で大声で、悪口は言わないようにしています。それって、常識だと思うのですが…

Commented by cazorla at 2013-08-13 10:52
minkさん
常識だと思います。でも 常識として 取り入れられない人はいっぱいいる。 田舎ではなく 東京でも。 私と一緒なんだから 少なくとも私はわかるのに なんかね 話してるの。 それはたぶん 世代の違い。 テレビ世代は 画面に対して 話しているのと同じ感覚で 自分の意見を素直にことばにしてる。 それに ことばがわからなくても だいたい言葉の雰囲気ってわかる・・ですよね。
Commented by t7moko at 2013-08-13 14:02
モロッコは観光立国なので、ガイドの仕事に従事されている方がとても多く、色々な国の観光客の特徴をガイドさん達が自分なりに
把握していた事がとても印象的でした。
こういうカンカクは、島国で育った私にとっては興味深いものだったので、喫茶店にいる時行き交う人達を見ながら観察していました。

確かに、日本人=お行儀が良いと思っている人は世界の中でも多いと思う。(これは嬉しい!)
おとなしいだけの場合もあるかもしれないけれど、、
Commented by cazorla at 2013-08-14 14:01
t7mokoさん
カソルラのバス会社の運転手さんちたちも日本人は 礼儀正しくて全然スペイン人と違う。 仕事でしていることに対しても いちいち ありがとうって言って 感謝してくれる と言ってました。
そういうのはほんとだな と思います。

それと 三十年前のあのバブルがはじける前の雰囲気はもう消えてしまったのでしょうね。
あの頃はちょっと恥ずかしかった。
Commented by あのにまにあむ at 2013-08-16 11:37 x
逆説的?に言えば、悪口を平気で言える人っていうのは、それだけ天真爛漫なのかも?
悪口を言う人はどの国にもいますよね。
表で言わなくても裏で言う人もいるし。
その人に面と向かって言えない事は裏でも言うなって思うけど、悪口と陰口は違うのかもしれないです。

2006年にマドリッドを再訪した時、Plaza de Castilla にノキアだかの広告が立ってて、自分が写せるカメラが付いてたの。それで撮ってたら、後ろにアルゼンチン?の観光客が来て、夫の方が「ほらチニータが…」みたいな事を奥さんに言ってる。
撮れた写真には下からの角度で益々チニータ顔の私の後に、その人のバカ面がしっかり写ってた(笑)
あの時も奥さんの方が、もしかしてスペイン語わかるんじゃない?って感じでしたね。

もう記憶がおぼろげだけど、最初にスペインに行った時スペインで、そしてその前か後か両方に東京の原宿辺りで、ある日本人男性を見かけました。
名前も何をしてる人かもよく知らなくて、なんとなく詩人とか芸術家かな~って感じの…
↓の記事を読んで、あ多分あの人だって思って検索してみたら、やっぱりそうでした。
何をした人なのか、そしてスペインに骨が撒かれた事、初めて知りました。
Commented by cazorla at 2013-08-17 11:27
あのにまむさん
天真爛漫だったと思う。 そのモロッコ人と話していて そう思った。 スペイン語がわかるってわかったあと ありゃ わかるんだ ごめんごめんって感じで そっか じゃ そんなにわるい 体験ってほどではないよね って。 ひどい差別の場合は 陰湿になる。 よく言えば天真爛漫 言い換えれば バカって。

天本さん 新宿の安藤忠雄が作ったビルでよく おみかけしました。 不思議な人。 たまたま カソルラで日本人のグループ それも かなりすてきなグループがいて かれらが散骨しにきたんだろうなって後で思いました。
Commented by keymyall at 2013-08-17 13:32
遅くなっちゃいましたぁ~~~  ^^)
〇〇人は、、、と思う時は、たまたま、今テレビで観ている世界陸上の時かな?
やっぱり日本人は、トラック競技では、群を抜いている人が少ない。。。  外国の人のあの足の伸びと言い、バネと言い、生まれ育った環境で、こんなに違うの?? って、思ったり、やっぱり黄色人種だから? とかイロイロ思う ^^)
でも、振り返って今の若い人たちを見ると、足も長く、えらくスタイルが良い人もいる。
人種がどうのとか、〇〇人が、、、、、と言うのではないのかも、、、って、改めて思ってしまう。
なに人だとしても、一人の人間としてみると、いろんな性格とか、好みとかそれぞれだと感じる。
顔立ちも、濃い人もいれば、薄い人もいる ^^)
『人間』をひとくくりにして あとは、男と女? 
でも、それも一緒にして、みんな人間!  って、思った方が気楽かな?
Commented by antsuan at 2013-08-18 11:10
全然関係ない話になりますが、写真は街の南側から撮ったのですよね。それでお城はどの辺に在るのですか? グーグルアースにはお城が写っていないみたいで・・。
名前
URL
削除用パスワード
by cazorla | 2013-08-13 10:12 | 思うこと | Trackback | Comments(8)