「ほっ」と。キャンペーン

初恋ではないけれど

母の家でひさしぶりに小学校の入学式の写真を見た。
ほとんど 誰が誰だかわからなくなっている。
私のことを 優しく世話してくれたすぎもとさんは とってもおねえさん だと思っていたのに
今見ると やっぱり 七歳になろうとしている ちいさな女の子。
あたりまえだ。
あんなに小さかったんだ。
そして だからと言うべきか
中学まで一緒にいた人がほとんどなのに 名前を思い出せない。
積極的に遊んでいたような子供ではなかった。
どちらかと いうと いじめらっれ子。
まだ 昭和40年代は いじめが深刻ではなかったので
もっと あとに生まれて入たら 確実に 徹底的にいじめられていたと思う。
その中で 等身大で フルネームで すぐ わかるのは ゆーじ君。
記憶の中 そのもの。
たぶん 一年生の半ばで引っ越してしまったので
成長した姿を見てないからだろう。
そして やはり 忘れられない存在だから。

国語の時間に 一番好きな友達のことを 作文にする宿題が出た。
たいてい 女の子は女の子を  男の子は男の子のことを書く。
たいてい 二人組で おたがいのことを書く。
私は特別 仲良しの友達がいなくて ゆーじ君のことを書いた。
私には それは とても ナチュラルなことだった。
昭和四十年代の地方都市で。
出だしも覚えている。
「私の好きなおともだちは N ゆーじくん です。
かれの 髪の毛は 明るい茶色で とてもやわらかいので さわると とてもきもちがいいです。
かれの 目は大きくて まつげがながく その目を見ていると うれしくなります。」

と言うような感じで ずっと続く。
だからといって どきどきしていたわけでもなく ごく 自然に一番 話しやすかったというだけだ。

先生が 上手な作文を 何作か読んだ。
私の作文も 読まれた。
女の子たちが いじわるな顔で振り向いて 私を見た。
男の子たちが笑った。
その時 初めて 普通はしないことをしてしまったんだと気づいた。
なんだか ゆーじ君に 悪いことをしたのかな と思って 彼の顔を見ると
ゆっくりと 長いまつげをゆらしながら にっこりと笑った。
そして いつものように 私たちは一緒に下校した。

ゆーじ君の家は 学校と私の家の間にあった。

ある日 ゆーじ君が「今日は おかあさんがいないから うちに来れば」と言ったので 遊びに行った。
おかあさんのことは知っていたし たぶん いるときにも お邪魔したことがあったと思う。
でも それは特別な 「ご招待」だった。
彼の虫眼鏡のコレクションをずっと見ていたのだけ覚えている。
信じられないくらいたくさん持っていた。

それから すぐに 引越しして 学校が変わっていなくなってしまった。
でも そのことを 悲しいと思うには 私たちは とても小さかった。
一緒にいるのが 当然と思っていたのと同じくらいに
引っ越していく と言う事実も 当然なできごととして 受け止めた。
そして 私は また 友達がいなくなった 中学に入るまで。

なんとなく 一緒にいるのが 自然な相手というのは そんなにたくさんいるわけではない。
知り合う時期も大事だと思う。
二十すぎて知り合えば そのまま 当然のことのように結婚したりするのだろう。
もっと 年をとって知り合えば 困ったことに 子供をすててまでも 一緒になりたいと思うのだろうか。

今 振り返るとなんとなく分かることがある。
彼も一人っ子だった。
両親の離婚問題でごちゃごちゃしていて そして最終的に 学年の途中で引っ越してしまった。
いろんなごちゃごちゃがあったし 髪の毛があかく 繊細なからだつきの彼は
男の子と遊ぶより わたしと しゃべっているほうが 楽しかったのだと思う。

先日 村上春樹の「国境の南 太陽の西」を 読み返して
まだ おさない時代の恋ではない ただ しっかりとつながりあえる 相手の存在のことを
ふと 思った。
三十歳くらいで再会していたら どんなふうに 人生は変わったのだろうか
と 少しだけ夢想した。

わたしたちは ひとりっこ だった

[PR]
トラックバックURL : http://cazorla.exblog.jp/tb/21669578
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by mi-mamam1 at 2014-02-11 20:24
私の初恋も小学生の時だった。
その人をことをずいぶんと長いこと思っていた。
片思いだと思っていたけれど、去年、偶然にばったりとあって、
彼も同じ思いであったことが分かった。
分かっただけで、なんだか、救われた。
彼は、とても立派な立場にいて、素敵になっていた。
きっと、奥様が素敵なのだと思う。
彼は、その奥様と結婚して正解だったのだろう。
私は、どうかなぁ…。
まだ、結論を下すにははやいか?
Commented by barrameda at 2014-02-12 11:08
ひとりっこって 世の中の渦に入っていくのに兄弟のいる子達よりも勇気が必要ですよね。
それだけで消耗してしまって、内容を整理したり煮詰めていく作業の前息切れしてしまう。
無風の中にいる透明感だけをたよりに舵取りをしているところがあって、そこがこれまた心地良い。
Commented by cazorla at 2014-02-13 00:28
mi mamam1さん
偶然 会えたなんて 素敵。
心理学者が 書いていました。
だいたい こっちが好きと思っている場合 あっちも好意を持ってる可能性が高いと
そういう 波動みたいなものがあるのでしょうね
Commented by cazorla at 2014-02-13 00:31
barramedaさん
一人でも大丈夫だったりするけど
一人でしたほうが楽って言う場合もあって
協調性に欠けるということになったりしますよね。
うちの夫は 歴代の恋人たちみんな 一人っ子だそうで ひとりっこの持つなにかが 好きなんですね きっと
ぽわん としたところとか?
Commented by keymyall at 2014-02-13 20:42 x
私も、苛められっ子でした。
一人でいる事が多かったから、大人になってから、いつも誰かと一緒に居たいのかも。
初恋は、幼稚園の時の 山形君。
目がクリクリ、、、としてたなぁ~~~ (´艸`*)
Commented by マーコ at 2014-02-14 17:45 x
虫眼鏡コレクション、、、会ったことないけどゆーじ君のイメージすごく湧いた。
一人っ子って、恋人とは二人だけでドライブとか家で二人だけでまったりとか、二人っきりっていうのが好きらしいです。
Commented by おーやま at 2014-02-17 06:44 x
一人っ子って
カソルラさんにとって すごく大きな人生のテーマ

それは分かる。

今近くにいる一人っ子の友人達は
それぞれタイプが違うけど
どちらも子どもをたくさん産みたい。

そこが共通点。
Commented by ひまわり at 2014-02-18 00:36 x
はじめまして~
あちこちクリックしていたら
こちらのブログに迷い込んでしまいました。
日本から遠いスペインに住んでいらっしゃるんですね。
13年6月辺りまで遡って読み進んでしまいました。
気が付くと日本時間夜中の0時30分になってしまいました。オリンピック鑑賞で毎晩夜更かししているのですが、今夜はこちらのブログで夜更かしでした(笑)
色々と楽しかったです。またお邪魔しますね。
Commented by cazorla at 2014-02-23 19:01
マーコさん
ね 虫眼鏡 ってとこがミソですよね。
ひょうたんとか。
コレクションと男の子
Commented by cazorla at 2014-02-23 19:05
おーやまさん
私世代は 一人っ子って少なかった。 国境の南にも出てるけど それだけで 甘ったれとか わがままの代名詞。 お古なんて着ないと思われてたけどちゃんと お古 いとこにもらってたし。
存在しただけで特殊化してしまってたから キーワードになったのかも ですね。 
子沢山。 たしかに。 どんなもんだろうって 好奇心で産んでしまった。ははは
Commented by cazorla at 2014-02-23 19:06
ひまわりさん
最近 滞ってるブログです。
でも 書こうって 気持ちにしていただきました。有難う。 ほんとは 書きたくてたまらないんですけどね。 そちらにもお邪魔します
ありがとう
名前
URL
削除用パスワード
by cazorla | 2014-02-10 17:16 | 思い出 | Trackback | Comments(11)

あなたに会いたくて・・・・


by cazorla