小さなプレイボーイ

母のピソには小さな共有プールがあります。

小さいとは言え プールですから とりあえず 日向ぼっこをしたりしています。

うちの子供たちはもう大きいので あまりここでは遊ばなくなりました。

プールにも世代交代があるのです。

ほんの少し前まで 赤ちゃんだった アルバロ訓とアドリアン君もすっかり大きくなって 一緒に遊んでいます。 典型的おばかな五歳児の男の子は プラスチックでできた蛇やわにに水をかけたり プールに入れて 競争させたり(一瞬にして沈んでしまうのですが) そうやって 夏休みの午後を過ごしています。

今日はいつものように二人仲良く遊んでいたら かわいい女の子が 潜水道具一式を持っておりてきました。 見たことのない子なので たぶん誰かの姪っ子かお孫さん。 お人形のようなかわいらしさに 二人の男の子は ことばもなく じっと見ています。まだ 五歳だというのに 男の子は男の子なんですね。 かわい子ちゃんは ゴーグルをはめて ひれをつけて でも口にくわえる 管(?)は プールサイドにおいて 水の中に入りました。 じっと見ている二人の男の子。 アドリアン君は 少し年が下なので まだ野生が残っているのか 無意識に その管をいきなり拾って口にくわえてしまいました。(何を考えているのやら) すると アルバロ君が管を取り上げて 『君 ちょっと 君! こいつが これくわえていたよ。 ぼ、ぼくがとりかえしてあげたから』にひっと笑って シャワーでそれを洗って 『ぼ ぼくが 洗ってあげたよ。 あらったから大丈夫。 どうぞ。』 『ありがと』 アルバロ君 うれしそう。 もう まっかになって 笑っている。 そのとき パパが家の中から アルバロ君を四で言うr。 もういっぱい遊んだんだかr 家に入っておやつを食べなさい って。

アルバロ君は帰りたくないけど いい子なので しぶしぶ帰ってしまいました。

すると ちょっとまだ 赤ちゃんくさいと思っていたアドリアン君が にっこり笑って。

『あー 僕ひとりぼっちになっちゃた。 友達が家に帰ったから 僕 にとりなんだ。

ねえ だから ぼくと 遊ばない? 僕たち よいお友達になれると思うんだ。

つまり 君と僕  僕と君 Tú y yo ,yo y tú』

まんまるい顔をにんまり笑顔で でれnとして アドリアン 君って けっこうプレイボーイだったのね。

そして 二人は一緒に遊びだしました。

そこに おやつを食べ終わって 洋服を着たアルバロ君 登場。

どうにかして 立場を挽回したいと思っている。

すると アドリアン君 バケツで アルバロ君に水をかける。

『ええーい なにするんだよ。 服がぬれちゃったじゃないか』

『アルバロ 服 ぬれちゃったから 着替えにかえったら?』

アドリアン けっこう嫌な奴(笑)

そこにあるバロ君のパパ登場。

『なんだ アルバロ 服ぬらして。 まったく。今 着替えたばかりだろ。パパの仕事ふやすなよ。もう家に帰って 本でも読んでなさい。』

アドリアン 幸せな午後を満喫しました。

赤ちゃんだと思っていたアドリアンもちゃんと女の子をゲットする方法をすでに身につけているようです。 こういう男の子を スペインでは リゴン ligón と 呼びます。


e0061699_08390496.jpg
写真はうちの子どもたち。 二年前です。 長男が長女のビキニのひもをむすんであげている。

良き時代です。 なつかしい。



[PR]
トラックバックURL : http://cazorla.exblog.jp/tb/22334372
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by antsuan at 2014-08-27 12:22
うちの末っ子は、高校生になってだんだんと無口になってきましたが、それでも野球部での出来事やら、何やら、お母さんに何でもしゃべりまくっています。
それで、うちのカミさんは、末っ子の友達や、そのお母さんと野球の応援にはしゃぎ回っています。
こんな子育てしてて、うちの子はちゃんと大人になれるか心配です。
Commented by cazorla at 2014-08-29 05:58
あんつぁん なぜか末っ子ってかわいいですよね。 うちも13になりましたけど 長男とはずいぶちがいます。
名前
URL
削除用パスワード
by cazorla | 2014-08-27 08:43 | スペイン 文化 言葉 | Trackback | Comments(2)