洞窟の聖母 

e0061699_09173660.jpg

カトリックと言うと なんとなく知的な印象があるが

どこの国でも 伝統的な宗教 土着の宗教は プリミティブなものだ。

日本のお地蔵さんのように あちらこちらに 祠のようなものがある。

そこで人は 祈る。

スペイン語でヴィルヘン 英語のバージンである。

聖母と訳す。

ここは洞窟の聖母と呼ばれる。

我が村 カソルラから車で十分ほどのところにある。

人は祈る。

安らかに死ぬために

または 死なないために

苦しみを癒すために

悲しみをわすれるために

無力であることを自覚することが祈ることだと思う。

聖母信仰 すべての国々の本質の神は女神であったと思う。

たとえば ダイアナ たとえば 天照。

カソルラに 知的障害の25歳前後の女性が住んでいる。

いつも 年をとったおかあさんと一緒に散歩に出かけていた。

ほっそりしているが すこし せむしで 極度の近眼で眼鏡をかけている。

それでも おかあさんお愛につつまれて いつも買ったばかりの素敵な服を着ている。

ある日 迷子になった。

家族が探した。

近所の人たちも探した。

おまわりさんも 探し始めた。

次の日の朝早く 山の車道を歩いているところを見つけられた。

レイプされていた。

ほとんどなにも覚えていない。

ただ 痛いという事実だけ。

妊娠した。

たぶん 日本であれば 即 堕胎であると思う。

彼女と 彼女の家族は 産むという選択をした。

彼女には 突然おこった不愉快なできごとと 赤ん坊を結びつけられない。

今日 ベビーカーを押しているのを見た。

注意深く 赤ちゃんの顔を見つめながら

一瞬でも目を話したら 消えてなくなると思っているかのように

携帯電話で話しながら 何かを食べながら 友達としゃべりながら

メッセージを送りながら 多くの母親は ベビーカーを押しているのに。

彼女は 赤ん坊が外の空気を吸って 幸せな気持ちになることだけに集中している。

ベビーカーが ゆれないように 一歩一歩ゆっくりと歩く、

その姿は聖母である。

知的障害の母を持つということがどんなことかわからない。

その子が思春期を迎えて どんなふうになるかわからない。

ただ 二人が 

そして二人を取り巻く 家族が ずっと幸せであればいいなと思う。

ただ 祈ることしかできない。




e0061699_09183051.jpg


[PR]
トラックバックURL : http://cazorla.exblog.jp/tb/22377024
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by inuman at 2014-09-14 22:58 x
すごいや。
言葉を失うとしか言えない記事です。
カミさんが、随筆集出して!って言ってます。
Commented by cazorla at 2014-09-15 06:08
inumanさん
でしょ。 見守って揚げたいなと思います。
共同体がどう機能していくか。 そういうことを考えました。
名前
URL
削除用パスワード
by cazorla | 2014-09-11 09:23 | カソルラ | Trackback | Comments(2)

あなたに会いたくて・・・・


by cazorla