愛を語るためのベンチ

e0061699_02214722.jpg

いかにも いかにも すわり心地の悪そうなベンチである。
まず ゆったりできない。
浮浪者もここでは 眠れない。
美しい湖がある。
ふとっていればなおさらここに座るのは苦痛であろう。
おしりがはみ出す。
肉が食い込む。
あとだってつくだろう。
もしかしたら 三時間位 赤いかもしれない。
だからこそ ここで 愛を語ろう。
はっきりしている。
しばらく 座っていて ただ 湖を見る。
だまっている。
おしりが痛い。
それでも 彼女もしくは彼 が がまんしていれば
たぶん だいじょうぶ。
つぎに起きることを 
期待しながら待っている。
だから 勇気をだして

愛の告白ベンチ


e0061699_02194506.jpg
写真は ドニャーナ国立公園のなかの パラシオ デ アセブロン の庭園です。
コルクの木がたくさんはえていました。


[PR]
トラックバックURL : http://cazorla.exblog.jp/tb/22393600
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by antsuan at 2014-09-17 08:18
埴生の宿の歌詞を思い出してしまいました。
長閑ですね。
Commented by anohiwa at 2014-09-18 21:07
たくさん記事が挙がっていて、一気に読みました。
マリアちゃん、ますますキレイになりましたね ♪
Commented by cazorla at 2014-09-19 03:25
あんつぁん 母の好きな歌です。 ♫
anohiwaさん ありがとうございます。 なかなかたいへんです。
名前
URL
削除用パスワード
by cazorla | 2014-09-17 02:37 | アンダルシア | Trackback | Comments(3)