家族

僕は思うのだけど家庭というのはこれはあくまで暫定的な制度である。それは絶対的なものでもないし、確定的なものでもない。 はっきり言えばんそれは通りすぎて行くものである。 不断に変化し移りゆくものである。そしてその暫定性の危うさを認識することによって 家庭はその構成員のそれぞれの自我をソフトに吸収していくことができる。それがなければ 家庭というのは ただの無意味な硬直した幻想でしかない。


村上春樹  はいほー  より


かつて15歳の私はサルトルを読み 実存を理解できない女達には所詮 恋愛などできない という ことばが気に入っていた。 サルトルは マチスタであった と思う。 カミュを ファシストだと さんざん罵倒したにもかかわらず。 彼もまた 一つの時代から 時代の作った自我から逃れられなかった。 大人の10年と子どもたちの10年の重さは違う。 
にもかかわらず 忙しさにかまけ そこにある 
流動的なものの存在に気づかない。 
親子関係というのは 男女関係よりもさらに 暫定的だということを 私達は忘れがちだ。
だから 親子間のすれ違いがある。
娘が 『ママ もうここには あなたの赤ちゃんはいないのよ』と言ったときにもっと立ち止まって考えるべきだった。 
私達は 普通以上につながった親子だった。
娘は おむつの時代 決しておむつの中でおしっこをしなかった。私を 呼ぶのだ。 
それも声ではなく。 脳がふと なにかに反応して私は 彼女を見る。 彼女がなにをほっしているのか わかる。
 おむつカバーを広げ おむつを広げるとそのとき おしっこを始める。 そのくらいに 私達はつながっていた。
彼女が四歳でスペインに引っ越して来たので 私達は しっかり寄り添って 新しい環境に対応していった。 
マドリッドから 田舎のカソルラに引っ越してから 彼女は変わった。
村の生活である。自我を消滅させることが 田舎に住むために彼女が身につけたスキルだった。
ローマにいてはローマ人に従え である。
私はそこまで適応できなかったし する必要もなかった。
私は私のお気に入りの人たちとだけつきあい それ以外は 家にいて 好きな音楽と好きな本に囲まれて過ごせば良いのだから。彼女は 女の子になった。
つまり トイレに 友達と行くタイプの子になったのだ。
それが 彼女の本質なのか 模倣なのかわからない。
ただ 彼女は わたしがそういう女臭い女が嫌いだということを知っている。

変わろうとして買われない人がいる
変わるまいとして 変わってしまう人がいる   (中島みゆき)

娘が 受験し終わって 引っ越していった。
電話もなく ネットもなく まったく 連絡を断ってしまった。
一人の独立した人格として いつか もう一度 彼女と知り合いたいと思う。

[PR]
トラックバックURL : http://cazorla.exblog.jp/tb/22406771
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by もにか at 2014-09-21 20:33 x
マリアちゃん、大人になったのですね。カソルラさんの娘なら、立派に生きていけるでしょう。マリアの前途に幸あれと祈ります。
Commented by cazorla at 2014-09-21 21:24
もにかさん ありがとう。 まだ 大人まではいけないけど なんて 親が言ってるからいけないんでしょうね。
Commented by hanaco at 2014-09-21 23:19 x
カソルラさんが何か言っているような気がして、久しぶりにブログに来ました。そうか、マリアちゃん、行っちゃったのですね。私はまだ、寄り添ってるかもしれない、いや、そう思ってるだけなのかな。
Commented by cazorla at 2014-09-22 23:07
hanacoさん こんにちは。 日本人の留学生 一才マリアより上なんだけど やっぱり 日本人だから 私自身の十代に近いような気がします。  また もう一度 寄り添う日がくると期待して
Commented by barrameda at 2014-09-24 10:27
18歳、まだマリアちゃんという感じがしますがあと数年でマリアさんですね。
きっと彼女は同年代の子よりもずっと大人でしょうから自立心も強そうな印象です。
日本人の男性にはまったく興味がいかないのでしょうか。

カソルラさんの愛情が沁みてくるのは家庭を持ってみてからなのか、一人暮らしの静寂と向き合った時なのか、これまた親としては心配な時期でもありますよね。
僕も18の頃って根拠のない全能感みたいなのありました。
マリアちゃん、素敵な女性に成長していくの楽しみですね。
Commented by cazorla at 2014-09-24 23:25
barramedaさん マリア 最近 ちょっと私は距離を置いて 電話で話すのも夫だけ状態なんですが 横で聞いていると まだまだ小さい子みたいな口の聞き方です。 マリアさんになるのでしょうか。 
日本の女の子 歌手とか好きみたいだけど 男は筋肉 がいいとかいって。 三浦春馬くんのような婿が来るのも悪くないのにと 母として 私は思ってるのですが。。。 でも スペイン人と結婚した方が 女の子は実家のそばに住む という 習慣がてきようされるからいいんですけどね。
Commented by organicfarmvlc at 2014-09-30 22:47
カソルラさん、最近沢山書いていて「わ~、楽しみ~」と思ってコメントしようと思っていたら、ダンナの入院騒ぎがあって、すっかりご無沙汰していました。
私も娘と試行錯誤の権力闘争にも似た葛藤の真っ最中です。うちの場合は娘はあまり何も感じていないのですが、私が一人で突っかかっているという感じです。若さゆえの我侭に我慢できない私。「あんたを中心に世界が回っているわけじゃないのよ!」。正直、娘が家を出てホッとしています。とは言え、娘は世間一般のものさしで見ると、「スゴクイイ子」なので我侭なのは私のほうなのかも知れません。そう、他のお母さんに言ったら私が悪いって言われそう。。。(笑) 母の心は複雑なんですよね~
Commented by cazorla at 2014-09-30 23:23
organicfarmvicさん コメントありがとうござます。 だんなさま 大丈夫ですか。 うちも 元気と思っていても 年だから喜をつけてあげないと。。。と 思いつつ かなり 精神的にたよりきり。 

そう たぶん スペインの普通の娘さんとくらべれば ものすごくいい子なのですよね きっと。 でも フェミニズムやらなにゃらで ことば覚えて母に反抗してくる。がまんならん。 一度ゆっくり 愚痴言いましょうね。
Commented by organicfarmvlc at 2014-10-01 06:01
>一度ゆっくり 愚痴言いましょうね。
どうぞ宜しくお願いします。(笑)
名前
URL
削除用パスワード
by cazorla | 2014-09-21 20:22 | 思うこと | Trackback | Comments(9)

あなたに会いたくて・・・・


by cazorla