「ほっ」と。キャンペーン

静かに死は訪れる

カソルラの秋は突然訪れる。

先週まで プールで泳いでいたのに 今日は上着が必要だ。

雨が降り始める。

一雨ごとに寒くなるなんて生易しいことではなく

雨が降って いきなり寒くなる。

湿気がなく 石でできた家に住んでいると

寒さは 体にしっかり はりついてくる。

二年前の11月 母が突然倒れた。

その日は 比較的天気がよく 朝から 母の家を訪ねた。

ちょうど 坂をおりている時に 母はゴミを捨てに行っていて

私の姿をみつけた。

『こんな田舎にも こーーんなにかわいい人がいると思ったらうちの娘じゃないの』

なんて いつものように おかしげなことを言って 一緒に ピソに入る。

昨日まで寒かったけど その日は 暖房も必要ないくらい。

お菓子を持って来たので お茶の用意をしていたら 母が突然 トイレにむかって歩き始めた。

そして その途中で倒れた。

私が肩を抱いた瞬間 変な音がして 臭いにおいがたちこめた。

握った手がだんだん 冷たくなる。

最初は 出て来たものをどうしようと思ったりしたのに

それどころではないことがわかり あたふたとする。

携帯で夫に電話をする。

夫が 大急ぎで 来る。

毛布をかけて 救急車に電話をする。

体をさすって あたためる。

女医さんが来る。

毛布で暖めたせいか 体があったかくなって 息がふつうになる。

着替えさせて からだをふく。

夫が かかえてベッドにねかせる。

その場で血液検査をして ブドウ糖の注射をする。

生き返った。

こういうのを 運命というのかもしれない。

あの時 朝から行ってなかったら 母はひとりで倒れてそのまま冷たくなっていたかもしれない。

死に損ないは長生きするのよ と 母は笑う。


その時 もし そばに行ってあげていたら 今も生きているかもしれない人がいる。

たぶん 多くの死 多くの生は こういう偶然の結果なのだと思う。

でも ただ 偶然だけで 片付けられないこともある。

疲れているからと 

ほかに用事があるからと

うっかり している間に 取り返しのつかない結果になることがある。

後悔しないように 眠る時はしっかり眠って 足を軽くしておこうと思う。



e0061699_05443692.jpg



[PR]
トラックバックURL : http://cazorla.exblog.jp/tb/22428267
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by organicfarmvlc at 2014-09-30 22:56
お母様、ご無事で良かったですね。主人が転倒して後頭部を打って、ヒタイの辺りの脳に血が少し溜まって1週間入院しました。
「打ち所が悪かったら死んでもおかしくなかったね。運が良かったんだよね~」と話していたところです。
時々、やっぱり「寿命」ってあるのかもって思います。
カソルラさんも顔面打ったのですね。良くなりましたか?お大事に!
Commented by cazorla at 2014-09-30 23:27
organicfarmvicさん ありがとうございます。 ちょっとした違いで あっちに行ったり こっちにとどまったり。 ほんとに紙一重ですよね。 母も とくになにもしてくれるわけではないけど やっぱり 私の心の支え。 顔ね もう なんというか。もっと若かったらどこにも行きたくないと思うんだろうけど 厚かましく出かけてました。 最近 はれはひいて 黒い色だけなんで ベソ されてしまう。 痛い。 笑
名前
URL
削除用パスワード
by cazorla | 2014-09-29 05:45 | 思うこと | Trackback | Comments(2)

あなたに会いたくて・・・・


by cazorla