誤解     あなたは犬が好きですか

ご近所の女性が インドを舞台にした小説を読んでいた。 名前は忘れたが スペインの作家だそうで 彼女が言うには これを書くために 2年間 インドに住んでいたそうだ。 で インド人が主役の小説を書いた。
 『だって 二年住んでたんだもの よく 知ってるわよね。たらたらたら』 

インドなんて システムも難しいし ほんとにたった2年間住んで『インド人』が主役の小説を書くほど知ることができるのか。 私は スペインに13年 住んだけど スペイン人が主役の小説は 書けない。 考え方なんて 未だに びっくりすることがいっぱいあるし 習慣だって 各地域で違うし 登場人物の設定だって 難しいと思う。  スペイン人同士ならちょっとしゃべっただけで この人はどこ出身なんてわかるけど 私は ただ 田舎の人とか その程度。 スペインでこれなんだから インドなんて。 うちの夫だって 2年 インドに住んでいた。 それも 作家の経費で住むなんて 贅沢な状態ではなく よれよれで 色んなインド人の家でご飯と食べさせてもらったりしながら 真っ黒に日焼けして インドで買った服を着て どこの人かわからない状態で住んでいた。 それでも わかんない。 友達は 農業をデイリー大学で学んで フィールドワークはケラーラでしていた。 近所の施設の子供が フルーツを毎日もって来てくれたりして 生活の中にどっかりはいっていたけど それでも やっぱりインド人はわからないと言っている。

でも 普通の人は そこにいたのだからその国のことをよく知っていると思って その人の言うことを信用する。 
だから 1、2年 その国にいました って言う人たちが 一番 文化の誤解の原因になる。 

K美ちゃんは 美術専攻で スペインにいた。 スペイン語も冗談を言えるほどに話せたし 郊外の大型店に行く時は ヒッチハイクをするくらいオープンだし おまけに スペイン人の恋人がいた。 そんな彼女が ある日 うちの夫に『スペイン人って 犬の肉 食べますよね。』と ニコニコして言った。一瞬 水の出ない公衆トイレで用を足した人のような顔で 彼女の顔を見たあと 『僕の知ってる範囲では 食べないと思うけど』と 答えた。K美ちゃんは 続ける。『カレフールで 売っていましたよ。 カルネ デ ペロ って。』壊れたトイレでやっと水を流したあとのような顔になって 夫は答えた。『それは 犬が食べるための肉だよ。 ちょっと固い肉 たとえば 闘牛で死んだり 年取って死んだ牛の肉だよ。 つまり ファルダ デ Kミ って言っても 君の皮なんかで作ったスカートじゃなくて 君のスカートだよね。』
『ああ ほんとだ。 私 すっかり 犬の肉だって 信じ込んでいたから もう 友達みーーーんなに言ってしまった。 どうしよう。』
『心配しなくて いいよ。 文化は変化するから。 もしかしたら将来 食べるようになるかもしれない。』

ちなみにメキシコでは 犬の肉をたべます。 チワワはそれ用に開発された犬。 
一度 カソルラ在住のメキシコ人の女性に『あなた 犬は好き』と訊かれたので 『好きだ』と答えたら『そう よかった。 おいしいものね。日本人は すごく礼儀正しい。 犬の肉を出したら おいしいおいしいって 食べてたわ。 一度 食べれば おいしいのがわかるもの。それにひきかえ スペイン人 うちの旦那の家族だけどさ 食べないのよ。 まったくう。 失礼よね。 あなたも 一度私とメキシコに来たら おいしいレストランで たべましょうね。』
私は ただ 犬をマスコットとして好きと答えただけなんだけど。 

まあ こういう風にして いろんな誤解が起こるのです。

[PR]
トラックバックURL : http://cazorla.exblog.jp/tb/22442192
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by organicfarmvlc at 2014-10-04 06:11
明日カレフールに行って、見てきます!
しかし、メキシコで気軽に「犬が好き」って言えませんね。。。
Commented by cazorla at 2014-10-04 11:50
organicfamvicさん たぶん 同じメキシコの人でも 相手によるのでしょうね。 彼女はもしかしたら その瞬間 そのことを考えていて  帰国して 食べたいなとか思っていたのかも。 
名前
URL
削除用パスワード
by cazorla | 2014-10-03 22:45 | スペイン 文化 言葉 | Trackback | Comments(2)