必然を前提としたセクシュアリティについての考察ー話題が話題だけにまじめな題をつけた

前回の記事でも ちょっとだけ書いたが マドリッドの語学学校で働いていた時 夫はポーランド人の女の子に誘惑された。

授業中に パンティをチラッチラッと見せられたのだ。

夫いわく

そういうのには技術がいる。

いかにも アクシデントに見せかけながら

これは故意であるというのも同時に訴えかけなければならない。

そして その行為に美しさが伴わなければならない。

脚を組み替えるのだそうだ。

右から左。

左から右。

そして そのたびに 表情を伺うコケティッシュな上目遣い。

で そのあと 学校の出口で待っていたそうだ。

『私 その話 当時聞いてない。

ノルウェイ人のしか聞いてない。』

と言うと

『そうだっけ?』と 嘯く。

ちょっと 気持ちが動いたんでしょうね。

『ノルウェイ人はひどかったな。

技術も奥ゆかしさもなにもない。

展示会みたいな見せ方で

脚を組み替えるだろ? その時に

もしかして見てしまったかもしれない

と言う余韻が必要なんだよ。

それと ちょっと 嘲笑的微笑。』



私はしたことがない。

基本的にそういうことが この世で機能することさえ知らなかった。


イタリアの美術館に行った友人が 言う。

イタリアは美術館の管理をしている人まで とってもイタリアンでかわいい。

ミニスカートをはいていて 立ち上がるたびに スカートが上にいくので

それを おしりを軽く振りながら 整える。

そして 座るたびに軽く 脚を組む。

あの 各室の角で椅子に座っている人のことです。

日本の美術館で 毛布を膝にのせて 老眼をかけて本を読んでいたりする。

なるほど イタリアだ。

スペインの美術館には そういう人はいません。

どちらかというと日本に近いかも。

で 最近 ミニスカートを履くようになって 

必然的に 立ち上がった時 スカートを少し下げる動作をしなくてはならないということがわかった。

そういう 必然の中にある反日常的セクシュアルな行為。

私は あまりものにこだわらないので立ち上がるたびに 夫もしくは息子に

スカートと怒鳴られることになる。

そして 必然の中にある反日常的セクシュアルな行為をするのだ。


ポーランド人の行為も 脚が疲れたという前提を踏まえれば

やっぱり これは 必然の中にある反日常的行為ということになるのだろう。


つまるところ セクシュアリティが 下品にならないためには 前提が必要なのではないかという考察。


[PR]
トラックバックURL : http://cazorla.exblog.jp/tb/22513977
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by おーやま at 2014-11-05 18:46 x
面白い話! 
確かに前提が無く意図的にパンチらをするのは
非常に難しそうだ。
私ならその方法はあきらめる。

必然と自然が伴うセクシュアルなアクシデントは
ぐっときますね。

でもそういえば。家の夫も言っていた。
西洋人はバーなどでナンパするとき、視線を送って来る。
そのサインは絶対に見落とす事はない。
日本人にはそれはできない。

だってどんな視線送るって言うの。
ねえ。

Commented by cazorla at 2014-11-05 19:26
おーやまさん

ディートリッヒの映画である。 目線。
タバコに火をつけてって頼んで つけてもらって
そのとき ぐっと見る。 で もう次の瞬間はベッドなんだね。 うーーん。 そういう視線でしょう。
夫はね 私が誘惑したっていうのよ。 え その頃 私 ほかに好きな人がいて あんたになんか興味なかったんだけど っていうと いや 誘惑した 僕にはわかる で ドキドキして ここまで来た と。 誤解もいっぱいあります。
Commented by おーやま at 2014-11-10 23:03 x
うーん
それはエンリケさん側の言い分も聞いてみないと。

誘惑もいろんな方法があるのでしょう。
パンチラより効いた誘惑法の詳細ををぜひ聞いてみてください。
Commented by cazorla at 2014-11-11 02:04
おーやまさん

なんか暑くて スカーフをとったら 白い胸がみえて どきんとした というのですよ。 時期をきいたら その時代はまだまったく彼に興味のない時。 あれで いろいろ変わったのかなと。
名前
URL
削除用パスワード
by cazorla | 2014-10-25 22:50 | 夫のことば | Trackback | Comments(4)

あなたに会いたくて・・・・


by cazorla