マジョルキン

スペインのゴミシステムは 大きなコンテナがあって そこに いつでもゴミを持っていける。
黄色が容器類 緑がガラス 青が紙 それから その他のゴミと 食用油 古着。

今日 ゴミ捨てに行ったら ちょっと 年上のセニョーラが ゴミのなかに棒をつっこんで 悪戦苦闘している。 
私もいちど ゴミ袋と一緒に手に持っていた鍵を捨てて 息子に頼んで撮ってもらったことがあるので そういうことかなっと思って 訊いてみた。 すると ゴミのなかに8部目入った香水の瓶があるのでそれを取りたいとのこと。 
あらあら と思ったが そうだ 『もったいない』ではないか とお手伝いした。 
私は基本的に 親切なのだ。
 棒と 厚紙を組み合わせて とってあげたらとても喜んでもらった。 

先日 リナレスの図書館でも 荷物を持ってあげた。
リナレスの図書館の建物はもともとスペイン銀行で 入り口は 五段くらいのはばのある階段がある。
 エレベーターはその上にある。 
だから 少し荷物が多いと その階段がなかなかややこしい。 
図書館の上は 市民カルチャーセンターで そこで 手仕事のクラスを持っている女性が クラスで使うものをたくさん運んでいた。 彼女は小柄だったので 階段でヒーフー言っていた。 だから エレベーターまで荷物を持って行ってあげた。
それで 手仕事のクラスに招待してくれた。 染め 織物 刺繍 いろんなことをしている。
そして その日はたまたまその方の誕生日で おいしいお菓子を持ってきていた。
おいしいお菓子は スペインの東にある島 真珠で有名なマジョルカのお菓子 エンサイマダ。
マジョルカ出身のご主人が作ってくれたのだそうだ。 
もともと お菓子屋さんをしていたのだが今は定年退職をして 奥様のためだけにお菓子を作る。
マジョルカ出身の人をマジョルキンと言う。 
ちなみにマドリッド出身はマドリレーニョ。
『私の主人はマジョルキンなのよ。
マジョルキンはね とぉぉぉぉぉおぉぉぉおぉぉおおおっても スィートなの。』
『あら いいですね。』
『あなたのご主人もマジョルキン?』
『いいえ マドリレーニョです。』
『あらあら どうしてマジョルキンと結婚しなかったの?』
『(苦笑)マジョルキンと知り合ったことがなくて』
『あらあら なんて運のわるいこと!』
『マドリッドですが スィートなんで。。。ボソボソ』
『でもね マジョルキンにはかなわないわ。
そりゃ スィィィィィートなんだから。
でも そうね マジョルキンと付き合ったことがないからわかんないわね。お気の毒ね。』
『ありがとうございます』(我ながらまぬけな応答)『
私は マジョルキンと結婚して とぉぉぉってもしあわせなの』

私は年上の 幸せな人たちと話すのが とても好きです。
時として かなり自己中心的ですが 幸せな あったかさが伝わってきます。

e0061699_03110086.jpg


[PR]
トラックバックURL : http://cazorla.exblog.jp/tb/22525873
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by organicfarmvlc at 2014-10-30 05:52
これぞ「ごちそうさま」ですね。勝手にしてくれって感じですが、美味しいエンサイマーダ付なら許します。(笑)
私も親切な方ですが、村の中では「親切」でも、別の町で荷物を持とうとすると泥棒を疑われて焦ったことがありました。スペインに来て間もない頃の失敗でした。
Commented by cazorla at 2014-10-30 19:39
organicfarmvicさん

そうですね。 日本でも。 一度母が 荷物を持ってあげようとして さけられたと言ってました。 村はいいですね、 そういう点。 

私もばあさんになったら マイペースで 好きなこと呟きたいです。
Commented by mink330 at 2014-10-30 20:40
誰でも、自分のことが一番好きなんですよ。
そう思えるのが一番幸せですね。
Commented by cazorla at 2014-10-30 21:51
minkさん

そうですね。 それを素直に表現できるって すてきです。
楽しいことを話しているのを聞くほうが たのしいしね。
そして 夫を大好きでいられる老後もすてきです。
名前
URL
削除用パスワード
by cazorla | 2014-10-30 03:11 | スペイン 文化 言葉 | Trackback | Comments(4)