無反応な子供達 

村上春樹が以前 自分のことを おじさんとかおばさんとか 呼んではいけないと書いていた。
わかる。
たとえ冗談としても言ってはいけない。言った時点で 人間は年を取る。
好都合なことに40歳になった年にスペインに引っ越してきたので
いまだにおばさんと呼ばれたことがない。
公園のママ友達のグループはこどもたちに おばさんとよそのママを呼ばせない人たちだった。
たぶん自分がおばさんと呼ばれたくないというのもあるのだろう。
みなさん ちょっと前まで 総合職で働いていた人たちとか
海外生活が長かった人たちだった。
下落合。 銀行の社宅の多い地域だった。
それでも たまに 声を大にして 『おばさん』としての主張をしたくなる。
というより 私は怒りんぼだから 人々 特に 青年世代を叱るときは
私はおばさんである という 葵の紋が必要なのです。
で 私は よく 子供達 とくに 十代のこどもたちを叱る。
こらこら と思ったらすぐにたったと走って行って 叱る。
昔の漫画で ご隠居さんが 子供達を叱っていたが
そういうのが 必要だと思ってる。
たまに 次の日 
『昨日 おまえんちのかあちゃんに殺されそうになった』
と 息子が上級生に言われたと 学校から帰ってくるなり言う。
さては それなりに こたえたな わっははと思ってると
『ママ ほどほどにしてね』
と息子に言われる。

叱ったときに
『なんやねn』と反抗したり
『僕はまだ 高校生で 世間をよく知りません』
と おどおどしたり
なんらかの反応をしていたのに
最近 スペインでも というのか
無反応な子供 青少年が増えている。
バスに乗って 着信音やメッセージのお知らせ音が大きすぎたり
ビデオをイヤフォンなしで聴いてたりする子が多いので
そのたびに 注意する。
目が何も見ていなくて わかっているのかこの子
と 思うんだが
そのあと 音が消してあるので
わかっているし 従順に受け止めている。
それでも ある種の反応を期待してしまう。
やはり あ ごめんなさい 今 消します とか 言って欲しい。

夫に言うと
そりゃ いきなり外国人に言われてびびったんじゃないか と言うが
昔はこんなじゃなかった。

やれやれ 昔はこんなじゃなかった なんて書いてしまった。
ほんまに おばさんやわ。

[PR]
トラックバックURL : http://cazorla.exblog.jp/tb/22538450
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ほたる at 2014-11-03 21:04 x
cazorla さん
先ほどはコメントをありがとうございました^^

思いだしました。
ブログでお母様が「恥」という言葉をお教えにならなかった!
というコメントを拝読し感動いたしました。
私の亡き母とは真逆の思考をお持ちのお母様です。
で、どんな方かとブログにお邪魔したのでした。
素敵な教育方針をお持ちのお母様でいらっしゃいますね。

私の亡き母は本当に優しい母でした。
でも内気で主張ができない人だったのです。
10歳のとき母の生き方は間違いであると気付き、
震える手、震える声で学校の授業中に挙手、発表したのを覚えています^_^;
Commented by cazorla at 2014-11-03 22:32
ほたるさん

コメントありがとうございます。
穏やかでありたいとも思っているのですが
そうやって 反対に傷つくことも多かったりします。
でも 黙っていられなかったり。
母 かなり特殊な人です。一度 学校で叱られて とりあえず
謝ったら 母に悪いと思わないのに謝るのは良くないから訂正してきなさいと言われて かなり困りました。 訂正してきました。もちろん。母のほうが先生より怖い。 笑

優しいお母様 羨ましいです。
Commented by mink330 at 2014-11-04 17:48
日本でもそういう若者が増えています。
そしておばさんたちは怖いから何も言いません。

叱ってくれる大人が欲しいですね。
昔みたいに。
私だったら言えるだろうか?
きっと見て見ぬ振りするかも…反省!
Commented by cazorla at 2014-11-04 23:52
minkさん

うん 日本の無反応の子供 若者はちょっとこわいかも。 切れるからね。 もうそういうの何度もあって。 でも一度 男の子がもうひとりを駅で殴っていて みんな見ぬふりだったんだけど 金髪のかわいい でも 大柄な女の子が泣きながら プリーズって言って かばっていた。 さすがに もうそれ以上殴れなくなっていました。
名前
URL
削除用パスワード
by cazorla | 2014-11-03 17:56 | スペイン若者 | Trackback | Comments(4)