白い恐怖

金曜日は リナレスのコンセルバトリーの授業は午後7時に終わる。

少し前まで 明るい日差しの中のドライブだった。

でも 秋が深まって 少し暗くなりつつある。

でも昨日はもっとひどかった。

霧が出ていた。

高速に出るまでの道が真っ白で そこには 照明がないので 何も見えない。

特に 夫も私も老眼だから 普通でも見にくいのだ。

アルバロが 左だ 右だと指示する。

なんとか 高速に出る。

その時 思い出した。

『カソルラに引っ越してすぐの年に ものすごい霧の日があったわね。』

『山道だから 怖かったね』

そう山に行った帰り ものすごい霧に出会った。

真っ白で 牛乳を溶かした空気のなかにいるようだった。

山道だから 一歩間違えると奈落の底。

11年前。

アルバロはまだ赤ちゃんみたいなものだった。 2歳。

マリアは8歳で 怖くて泣いた。

エンリケは6歳で 長男だから 怖くても しっかり目を凝らして父親を助けた。

私は。。。。



眠ってしまったんだよね



そう 眠ってしまったのだ。

怖くて。

目が覚めたら カソルラだった。

怖いから すぺてを任せた。

眠っているうちに うちにつくか

死んでしまうか。

すべての決着は眠っているうちに 片付く。



『よく 眠れるなと感心したよ。』

『それは 信頼してるからでしょ?

妻の信頼。』


それは 私たちの生活を象徴的に表していると思う。

そして 私の彼に対する気持ちも。


無理をしちゃいけないんだよね。

なるようにしかならない。

それが人生。


それが夫婦。

他人だけど 一番近い存在。



そんな話をしているうちに また眠ってしまった。



乳白色の空気は 眠気を誘う。



e0061699_22135182.jpg


秋が深まっていく。


[PR]
トラックバックURL : http://cazorla.exblog.jp/tb/22553067
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by olivolivo at 2014-11-09 05:52
こんばんは。イタリアのYukakoです。さきほどはコメントありがとうございました。
スペインにお住まいなのですね。
私も夜中のクネクネ山道で濃霧体験をしたことがあります。
あれは恐怖ですね・・・私はビビりながらも幻想的な世界に一人ひたってしまいましたが、子供たちはぐっすり眠っていました。やはり眠気を誘うのかもしれませんね。

cazorlaさんのお子様達は音楽を学ばれているのですね。娘さんも息子さんもすごいですね。
うちも娘2人がピアノを習っているので興味深く読ませていただきました。
また遊びにきますね。これからもどうぞよろしく。
Commented by anohiwa at 2014-11-09 19:32
霧は、怖いよね―――
私も上の娘が三歳の頃、夜、実家から帰る時の東名高速で、前が見えず、本当に怖かった。
あれから、夜は運転できなくなっちゃった --)
何もなくて、良かったです!
Commented by cazorla at 2014-11-09 21:17
olivoiovoさん

イタリアからご訪問ありがとうございます。
私も子供のように柔らかい頭なのか それとも思考がとまりやすいのか
すぐに眠ってしまいます。

コンセルバトリーの数が 多くて 始めやすい環境だったおかげです。 たまたまこの片田舎に歩いてすぐのところにありました。 音楽 いいですよね。 日本にいたら三人とも音楽習うというのは なかなkむずかしいです。

卵白ケーキ ほんとにおいしかったです。
また作ります。
Commented by cazorla at 2014-11-09 21:19
anohiwaさん

運転するのはたいへんでしょうね。
私は助手席でぐっすり眠ってしまいましたが。
私には 運転 ぜえったい 無理です。
朝 起きると 窓のむこうが真っ白でした。
またまた 霧の朝。
Commented by antsuan at 2014-11-10 06:52
磐梯山麓の桧原湖で見た、下から湧き上がる白い霧。中学三年の時です。
あれが雲の正体だと解った感動と、白い闇の恐怖はいまでも忘れられません。
その後は、箱根越えのドライブなどで何度も経験していますが、何といっても、洋上で遭遇する白い闇の恐怖は言葉には表せません。
Commented by mi-mamam1 at 2014-11-10 21:17
私も勤務先が山の中なので、年に何度か濃霧の中を、崖添いの道を運転して帰ってきます。

我が夫は、私の勤務先を知らないので、のんきです。もしも、知ったら、大騒ぎになることでしょう。隣に乗っていなくてよかったといつも思います。

夫婦にもいろいろあり。うらやましい想いで読みました。私も寝て過ごしたいものです。
Commented by cazorla at 2014-11-11 01:59
あんつぁん

山に住んでるとそういうのよくあります。
山のしたに雲。
自然ってすごいです。
海は霧でなくても夜はこわいですね。
すいこまれてしまいそうで。
人魚が呼んでる 伝説を思い出して
Commented by cazorla at 2014-11-11 02:02
mi mamaさん

必要以上に心配されるとこまることってありますね。
秘密にしておくほうがいいことも。
私は 運転もできないだめな人なんで 
いつも眠ってます。
子供時代 母の機嫌のわるいときも ずっと眠ってました。
変わらないようでかわっていくもの
変わったようでかわらないもの
Commented by nagisamiyamoto at 2014-11-11 13:11
caozorlaさん
ご夫婦のほほえましい信頼関係を覗いたようでちょっとほっこりするお話ですね。
私は幸せなことにどこでも寝れます(笑)。
Commented by cazorla at 2014-11-11 16:30
なぎささん

おはようございます。
こんな感じで20年続きました。 笑
なぎささん どこでも寝られるのは 体が若いってことです。
うらやましい。
私 最近 飛行機で寝られなくなって えんえん ビデオ見てます。
名前
URL
削除用パスワード
by cazorla | 2014-11-08 22:14 | 夫のことば | Trackback | Comments(10)