「ほっ」と。キャンペーン

おんなのきもち

昨日は 女の愛し方とういうボブマーレーの歌の記事を読んでなんとなく 
その記事とはずれているのだけど同名で女の愛し方について書いた。
その続編で 女の男の愛し方を書こうと思って
そうだ あの渡辺淳一の青い樹だ と思ったら
すでにそれは書いていた。
2006年の記事。
基本的にあまり変わってない。

そこからの抜粋
十代の時だったと思う。
渡辺淳一の短編集の中の一つ 蒼い樹を読んだ。
もしかしたら 題名が記憶違いだったかもしれない。

それは一人の処女の女の子が ある青年を好きになる。
知的な感じ 細い指 繊細なしゃべり方などなど
でも 彼が不能だと知って心がふっと遠のく。

というような内容だった。 これがリアリティ。
一般的な世間の というか 男性社会の。】

ぜったい これはリアリティーなんかじゃない。
たぶん 筆者は 性欲だけのことを言ってるのではなく
こどもをつくることに対する欲求が
たとえ処女でもあるのだ と言いたいのだと思う。
多分 本質的におんなが嫌いなんじゃないかと勘ぐる。
女性に人気のある方でしたが。
こどもをつくるのが目的だったら それは動物と同じだ。
私たちは動物ですからと いうのがリアリストの前提。
私たちは人間ですからと いうのがイデアリストの前提。
どちらもある意味で正しいし
ある意味あいにおいては 間違っている。
私は 結婚してもこどもはつくれないな という前提で結婚した人たちを知っている。
同性愛の人たちはまず そういう人たちでしょ?
ものすごく年上の女性と結婚する人も。


私は やっぱり 愛を信じます。
子育てなんてあっという間に終わるし
そのあと 長い冬の時代が来る。
冬の時代は 暖炉の前で あったかいのみものを飲んで
語り合いたい。

あのアフリカの日々みたいに。
映画では セックスの場面があったけど
本では 『友達』と言っている。
わたしは そうだと思う。
彼女は梅毒だったから しなかった が正しい。
で 映画では ロバートレッドフォード。 ハンサムすぎ。
やっぱり 冒険好きの典型的なイギリス人だったんだと思う。
ハンサムな夫を持ったディネセンが彼との生活に疲れた後
そして 梅毒をうつされて ショックをうけたあとに出会う人。

で やはり 秋の夜長を語り合える人と一緒にいられるのがいいな
と 思います。
バイアグラなんていらない。
たくさん 本を読むこと。

e0061699_03295021.jpg
ただいま マドリッドにおります。
夫の仕事にくっついてきました。










[PR]
トラックバックURL : http://cazorla.exblog.jp/tb/22575077
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by barrameda at 2014-11-17 09:58
不能の人は浮気をしないし男性性がすくないから最高だって言ってた人いました。
でも、そういう人が浮気をしたらもう戻ってこないイメージです。

セックスがあまりにフィジカルな方向に商業化されてて
それに
ながされちゃう様な男はどういう視点で物事を見ているのだろうと勝手に推測してて
相手の女性はしんどいだろうなと思います。
Commented by mi-mamam1 at 2014-11-17 20:19
寝心地のいい人、もしもう一度結婚できるなら、私もそういう人を見つけましょう。
高校生でこのように達観されての今のお幸せですね。
私の今の夫は(後にも先にもこの夫しかいないけど)寝心地の悪い人で、寝室も別になって久しいです。
私も子供のころからの不眠ですし。
Commented by hanaco at 2014-11-17 23:03 x
アフリカの日々。私も、ディネセンの自伝だとしたら、そうだと思ってた。本の通りで、友達。映画は映画だから、それはそれで。(ロバートレッドフォードも好きですが)
デニスみたいな人に自分が出会えたかどうかは、わからないけれど、これからまだまだ人生長いと思うから、語り合う時間もまだまだあるから、友達であって、夫であったら、いいなと思うけれど。子育てしている間は、いろいろとぶつかりますが・・・。

Commented by organicfarmvlc at 2014-11-18 04:29
マドリード、如何ですか? ああ、私もどこかに行きたい~。
渡辺淳一さん、亡くなりましたね。私は北海道出身なので、中学の国語の先生に「読め読め」と言われました。「阿寒に果つ」は必読で読書嫌いな私も読みました。
その後もポロポロと幾つか読みましたね。
大学のときの大先輩が「あの阿寒に果つに出てくる親友の橋本って俺のことなんだ。俺は渡辺淳一の親友なんだよ!」と言われてビックリしました。本人は超女好きだったのではないでしょうか? それよりもcazorlaさんの「寝心地のいい人」はスゴイです。私も昔は不眠で酷かったけれど、主人と別寝室にしてからは良く眠れます。不眠症自体も良くなりました。(これは更年期後期からかな?) 
恋愛苦手な私はおしゃべり出来る人がいいですね。その点、主人は話し出したら面白い人です。昔はじっくり話の出来る男友達が何人かいたけれど、スペインに来ちゃったし、そんな事はすっかり忘れて今を生きています。(笑)
女子高って面白いこと話すんですね~。私はそんな質問には答えられなかっただろうな。
Commented by cazorla at 2014-11-19 00:18
barramedaさん

女はこれが好きなんだ
という決めつけ的思想のある人って そうですね。
それだけじゃないですよね。
精神の話だけでなく エロティシズムの問題でも
フィジカルがすべてじゃない。
想像力が 狭い。
そう思います。
Commented by cazorla at 2014-11-19 00:22
mi mamaさん

はい とんでもない高校生でした。
迷子のおとなたちという映画 いいですよ。
これは 年をとっているうえに
イタリア人とユダヤ人
カトリックとユダヤ教
という問題も抱えていて
それでも 一緒に寝て よく眠れたら結婚しようって
女性のほうから 提案するのです。
このころのマストロヤンニ いいです。
Commented by cazorla at 2014-11-19 00:27
hanacoさん

やっぱり 映画ですものね。
恋人が夫よりハンサムじゃなきゃ納得しない。(笑)
アメリカ映画だし。
うちの夫も同じこと言ってました。
それに彼はロバートレッドフォード好きだし。

一晩中 語り合える男友達 いいですね。
今 コンセルバトリー で書いているんで 
手元に本がないのですが
サンタ クララと なんたらのように
って 表現してましたよね。
Commented by cazorla at 2014-11-19 00:32
organicfarmvicさん

女子校っておもしろいですよ。
で 話すと相手が女子校出身かどうかわかる。
もしかして 女子校? てきくと にまって笑って
あなたもでしょうって 言われる。
十代に 形成されたものって もう取れないんでしょうね。
桜の園なんていうようなものではないです。
なんか 色気がなくなりますね。
で 変な遊びとか増えていくし。

話が楽しいパートナーってやっぱり一番だと思います。
うちは 生物専攻で歴史オタクだから 読まなくても
いろいろ知識が増えるし 便利。
文学は むりですね。
彼は 実質主義というか
なんというか
映画も 好みが違う。
でも それでも 話せる。
それが大事ですね。
名前
URL
削除用パスワード
by cazorla | 2014-11-17 03:31 | 思うこと | Trackback | Comments(8)

あなたに会いたくて・・・・


by cazorla