世界で一番美味しいオリーブオイルは?

最近 お土産に持っていくのがこのオリーブオイル。
ご近所のお店で 世界で二番目に良いオリーブオイルという肩書きで売られている。
ボトルが 好みでないので普段ならスルーする。
でも 一番ではなく 二番というのがみそ。
持って行って 話題にもなるしね。
e0061699_05030530.jpg


でも いったい全体 どういう団体が 選んでるのかすごく気になっていた。
このオリーブオイル ハエンのビジャゴルドというところの産。
だれも どこにあるかはっきりわからない。
その程度の村。
ゴルドって デブって意味だからね
どんな田舎の村か想像できるでしょ?
そんなこと言っちゃいけないのか。。
田舎の会社で村おこしとか
ちょっとおしゃれなボトルにしよう なんて
ミーティングがあって
このボトルになったのか とか 色々想像していたわけです。
で この小さな村のオイルを世界二位に選んだ団体は。。。


ドイツの団体です。  WBOO

で 気になる順位はこちら

1位から5位まで スペインのオリーブオイルが選ばれています。
一位は プリエド デ コルドバ。 この会社

私が昨年 訳したオリーブの俳句を書いた方がプレエド デ コルドバ。
かれがいうには ハエンはオリーブで有名だけどほんとうにおいしいのは コルドバだと
主張していたことが証明されたわけです。

プリエド デ コルドバ は 昔 栄えた町。
コルドバほど 観光客のいなくて ゆったりできるすてきな町です。
こちらに写真を載せています。



オリーブオイルのひ・み・つ







[PR]
トラックバックURL : http://cazorla.exblog.jp/tb/22637664
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
削除用パスワード
by cazorla | 2014-12-10 05:25 | スペイン 文化 言葉 | Trackback | Comments(0)

あなたに会いたくて・・・・


by cazorla