ドイツのプレイボーイ 

我が村には けっこういろんな国籍の人が住んでいるけど
ドイツ人は カップルが一組のみ。
一般的には ドイツ人が嫌いな人が多い。
それは スペインが貧しかった時に出稼ぎに行って かなり差別されていたかららしい。
出稼ぎの生活はどこでもけっこう大変だと思う。
どこにいても 人をごみのように扱う人は存在するのだから。
だから 噂話をするときも ちょっとネガティヴかもしれない。
セニョーラたちが 集まって そのドイツ人の話をしていた。
男の人はギャッツ。
70歳くらい。
奥さんと同い年。
はげていて 典型的なドイツ人。
広告代理店に勤めていた。
大学では建築学を学んだ。
ドイツ語を知ってる人によると かなり美しい知的なドイツ語を話す。
イメージでいうとこんな感じ。

e0061699_18052405.jpg
 
いつも yoji yamamoto か issei miyake の服を ちょっと短めにして履いてる。

セニョーラの情報。
『ねえ 知ってるぅ? ギャッツって 5回目の結婚なんだって』
『え 五回めぇ』
『ギャッツって リゴン だったのね。』


ここで一同爆笑。
リゴンという言葉。
動詞 リガール がナンパする で それに 接尾語がついて
よく ナンパする人。
プレイボーイとも訳せる。

たとえば 金持ちの形容詞がリコで それに接尾語をつけて
リカチョンというときに ちょっと 成金 というときに近いニュアンスが入るように
ん で終わる言葉に含まれる ちょっとネガティヴなイメージ。

で リゴンとドイツ人という 結びつきにくいことばの組み合わせが
笑いのツボに はまってしまっている。

そういうわけで リゴン。

その おおまじめな ドイツ人が いつもドイツ女性と結婚するのは
それも 二人目以降は スペインで知り合ったドイツ女性というのは
なかなか難しい選択なのではないかと想像する。
なんといっても 彼は ちょっと アラブ系の目の大きなアンダルシアの女性が好きなのを私は知っている。
そういう女性を見つけると 走っていってちょっかいをかけるのを 知っている。
それでも あえて ドイツ人とだけ結婚するのは 
家の中にあまりに好みの女性がいると 思考に集中できないという
ドイツ哲学によるのかどうか。













[PR]
トラックバックURL : http://cazorla.exblog.jp/tb/22651763
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by mamoei at 2014-12-16 08:55
おはようございます☆

あ~、面白かった~
笑っちゃいましたよ。
cazorlaさんって、ほんと愉快(^-^)
Commented by cazorla at 2014-12-17 19:43
マモエさん

ありがとうございます。
はりきって また 笑ってもらえる記事を書きます。
名前
URL
削除用パスワード
by cazorla | 2014-12-15 18:19 | スペイン 文化 言葉 | Trackback | Comments(2)