同性愛 スペインの場合

カソルラは 人口8000人の村です。
オリーブ畑に囲まれて オリーブ農業のオリーブ工業 そして観光が主な産業。
人口比だは比較的老人が多いと思う。
そこに 15組の同性の夫婦が住んでいる。
正式な夫婦 15組。
恋人同士で同棲しているカップルや 一緒に住んでいないけど 付き合ってるカップルもいる。
スペインは 2005年に同性の結婚を法制化した。
デンマークが最初の国と言われているが それは 法的カップルとして受理しただけで
『夫婦』というカテゴリーになったのはスペインが最初の国だそうです。
カトリックの国だから 反対も多かったのでは と思う人もいると思うが
ほぼ まったくデモは 起きなかった。
意外にも フランスのほうが 激しかったらしい。



スペインで あまり起きなかったのは あの保守的なうちの夫さえも
スペイン女性と結婚したら大変だから ホモになる気持ちはよくわかる
という 見解のせいかもしれない。

それに カトリックでは ホモセクシュアリティーを禁止しているのではなく
その行為を禁止しているだけだそうです。
そのあたりって けっこう微妙だと思うけど。
たとえば イギリスは かなり 最近まで 同性愛を法的に禁止していた。
1952年 数学者の アラン チューニング が 逮捕されている。
スペインでは アラン チューニングを歌った歌があります。



スペインの中学は四年制なんですが (高校は2年) 三年と四年で 市民教育という授業があります。

e0061699_18500335.jpg
ホモセクシュアリティーについても習う。
それが一つの愛の形であるというようなこと。
でも あまり教え方がうまくない というのが私の見解で
テストでどう答えれば点がとれるか わかってるから
政治的に正しい答えを書くけど 実質的に認識できるかどうか疑問。
うちの娘は四年前にこの教科を学んでいたけど 
『おっさん 二人が絡み合ってるところを想像すると気持ち悪い』と言う。
そういう考え方はいけません というのが 先生の答えだったらしい。
私が
『でぶのおっさんとおばさんが絡み合ってるところを想像してみたら?』
というと
『なるほど 同様 気持ち悪い』
と 納得した。
人間が美しい のではなく 美しい人間がいる が正しいのだと思う。

日本はどうなんでしょう。
私の住んでいた 東中野のアパートには 同性愛のカップルが住んでいた。
大家さんは 仲良しの友達同士と思っていたが 住民はみんな知っていた。
だから 日本はそういうことに寛大なんだと思っていた。
歴史的にも そういう文学が残っていたりする。
少なくとも 『禁止』になったことはない。

思うのだけど 同性愛のカップルがどうどうと存在するようになったほうが
『不幸な女性』も減ると思う。     
もしくは 『不幸な男性』も。
以前  人生はおとぎ話に似ている で 長いあいだ 妻とあまりしっくりいかなかず
離婚したあと 自分が同性愛であることに気づき 男性と同棲を始めた人のことを書いた。
その時 妻も すでに 50歳。
彼女だって ずっと なぜか 愛されていない気持ち を引きずっていたと思う。
もう一人 知人が 大学時代 同性愛をカミングアウトしたにもかかわらず その後女性と結婚。
なんとなく うまくいかず 子供達が大学に入ったのを機に離婚して男性と結婚した。

結婚して 夫に愛されていないと感じる場合
もしかしたら その多くは夫が女を愛せないタイプというのが原因かもしれない。

仏教の教えは あるがまま。
あるがままの自分に素直に生きて行く というのが
正しい選択なのではないかと思います。




[PR]
トラックバックURL : http://cazorla.exblog.jp/tb/22666691
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by organicfarmvlc at 2014-12-22 06:37
私もフランスでの猛反対に驚きました。「フランスってそういう国だったの?しかも今更?」と。
現実を受入れられないとね。「夫婦」という言葉はおかしいかもしれないけれど。
娘の大学の友達にも2人ゲイがいるそうな。何だかダンダン多くなってゆく気がするのは私だけでしょうか?
日本は寛容ではなくて、都会では他人に干渉しないからではないでしょうか?
うちは一人娘だから、同性愛になっちゃったら、「孫はどうなる」と考える私です。今は精子の提供もあるからどうにでもなるけれど。。。
私の知っている人で、ホモ男にご主人を寝取られた人がいます。ご主人、ぜんぜんそうではなかったのに、彼女が長期間留守にしている間に、そうなっちゃったとのこと。いろいろありますね。
Commented by cazorla at 2014-12-22 06:52
organicfarmvicさん

同性愛結婚が法制化されたあと 私のリノヴァシオンがかなり手間取りました。 事務所がすごく忙しかったみたいで。 そういう影響はありましたね。 おたくはいかがでした? 私の場合 まだ 2年ごと更新の時だったからかな?

カップル 多いと思います。
日本は干渉しないから。。そうかもしれません。

うちの娘は 赤ちゃんがほしくてたまらないらしいから
まあ大丈夫だと思いますが。 へその緒が心配で生まれたら世話してねと言ってる。 
女の子の場合って 大丈夫なような気がする。 一時的にそうなる場合もあるけど。 どうでしょう。

で お友達のご主人。 それ 強姦ってわけではなく 納得してるんですね。 すごい。 で その後 どうなんですか。
そっちがいい なんて思ってる?
そういうことって他人事ではないなぁ。 
Commented by organicfarmvlc at 2014-12-23 17:23
離婚しました。ご主人は三角関係で行きたかったようですがそれって無理ですよね。「アイツとは体だけの関係だ」みたいだったようですが、受入れられませんよね。
「ホモ男」と差別的に書いたのはその人に対して私の感情が入っているからです。友達は言葉も出ないほど打ちのめされていましたから。。。
Commented by cazorla at 2014-12-23 23:39
organicfarmvicさん

そうでしょうね。
私も我慢できないと思う。
で 相手の男性だって 嫉妬とかあるのでは?
三角関係 って 覚悟が決まってない感じ。
ひとごとながら 怒ります。
名前
URL
削除用パスワード
by cazorla | 2014-12-21 19:32 | スペイン 文化 言葉 | Trackback | Comments(4)

あなたに会いたくて・・・・


by cazorla