クリスマス間近なウベダの風景

息子たちが映画を見ている間 ウベダの散歩。


e0061699_04134108.jpg


空は青いです。

e0061699_04153343.jpg




e0061699_04191589.jpg
メランコリー通り。


e0061699_04211846.jpg
ウベダ コンセルバトリーの日時計

e0061699_04220241.jpg
最近はクリスマスツリーはこういうのになってます。
昔 木を持ってきて サント アントンの日に燃やしていた。
あの頃がなつかしい。

e0061699_04225553.jpg


オスピタル デ サンティアゴ のパティオ・
たまにここでコンサート。




[PR]
トラックバックURL : http://cazorla.exblog.jp/tb/22670180
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by barrameda at 2014-12-23 11:47
日時計ってセントロのプラサにありますよね。
今年、生まれて初めて日本でロポポンを聴きました。
どうして今までなかったのか不思議だったんですよね〜
Commented by mink330 at 2014-12-23 17:31
やっぱりこちらとは違って(あたりまえですね)
大分風景が違いますね。

パテオでの音楽会、いい雰囲気なんでしょうね。
Commented by cazorla at 2014-12-23 23:33
barramedaさん

ロポポンって ビジャンシコの?
なんか普通に聞いていたと思ってました。
日本にいた時からクリスマスはスペインだったから 19年 スペインのクリスマス。。。だからか。
とってもクリスマスな曲なのに。。ね。

日時計 
ほんとはもうちょっと早い時間に 時を刻んでる時のほうがいいと思ったんですけど。
Commented by cazorla at 2014-12-23 23:35
minkさん

ウベダって鳥が多いんです。
で フルートがなると 鳥が 囀り始めて
シンフォニーが ここでだけ聞かれる すてきなハーモニーになります。
Commented by tomatomatos at 2014-12-24 19:17 x
娘ふたりは県外へ
高校生男子四人は別室で鍋パーティー
リビングで21年ぶりにケーキもツリーもない夫とふたりぼっちのXmas
代わりにシャンパンとオードブルで大人なXmas
でもお鍋の後は鉄板焼きなんだって
まだまだ野菜切らなきゃ(汗
Commented by cazorla at 2014-12-25 01:41
tomatomatosさん

コメント ありがとうございます。
子供が小さい時は プレゼント考えるのも楽しくて
その後 大きくなると いろいろ注文があってうるさくなって
そして 一人ずついなくなるんですね。
今年は 一人外にいますが明日帰ってくる模様。
かえっても友達とすごすだろうし
だんだん 二人ぼっちになっていきます。
名前
URL
削除用パスワード
by cazorla | 2014-12-23 04:36 | アンダルシア | Trackback | Comments(6)