クリスマス間近と言えどオリーブ農業は

ラ・マンチャからハエンに入ると がらっと 風景が変わる。
あの 風車小屋と乾燥した風景から どこまでも続く オリーブ。


e0061699_23525071.jpg
オリーブの収穫は だいたい11月から2月くらい。
平らなところばかりではなく 斜面にも植えているので
雨で地面がぬれているとうまくとれない。
だから 晴れた日だけの仕事。
今は 機械化が進んだらしいが 広大で平坦な畑でないと あいかわらず
昔と同じ 手作業になる。
だから 雨がふらなければ クリスマスもお正月も イブと大晦日以外は働いている。



e0061699_23532841.jpg


長い棒で オリーブの木を叩いて 落ちてきた実を女性が集める。
夫も カソルラに引っ越してきた最初の年は ここで働いた。
一緒に働き 一緒にお弁当を食べて
新しい住民として 受け入れられた。

ちなみに 私は ある時 お金がほんとになくて
そんな 月のおわりに 子供のお誕生会。
プレゼントはどうしよう と思ったら つけにしてくれて
『あなたも つけをして やっと ここの住民ね』
と言われた。

そうやって 少しずつ 社会の一員になっていく。





Andaluces de Jaén - Paco Ibañez.オリーブ畑の歌。


[PR]
トラックバックURL : http://cazorla.exblog.jp/tb/22672633
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
削除用パスワード
by cazorla | 2014-12-24 00:12 | カソルラ | Trackback | Comments(0)

あなたに会いたくて・・・・


by cazorla