「ほっ」と。キャンペーン

心に住む蟋蟀 

母の家で映画を見る。

たいていは日本の監督とか 日本にかかわっているもの。

図書館で借りてくる。

おかげで 小津映画などをたくさん見た。


たいていが 第二次世界大戦がらみで その知識も増える。

一昨日 戦場のメリークリスマス。 これは 23歳の時見た。

昨日は ラストエンペラー。 これは 20代後半。

別に 坂本龍一特集ではない。

今 母親なるものになって見ると 子供としての問題が切実に感じる。


溥儀が 刑を終えて 庭師として人生の再出発をする。

57歳のとき。

そして 死んでいく 1967年に 紫禁城を訪れ 

玉座の後ろに隠した 缶から蟋蟀を取り出す。

こおろぎ


皇帝として 半生を送った人が つみびととなる。

普通の人以上の生活の転換。

狂う人も多い。

スタンリーの息子は トイレをよごすなと言われ

刑務所で 自殺した。


チェーフォフの『桜の園』が好きだ。

なんども書く。


『ここが 私の子供部屋』


主人公 ラネーフスカヤは すべてを失う日に 家を訪れ思い出にふけり

そして 新しい人生へ 出発する。


『ここで ばあやが本を読んでくれた』


大人になって 心をささえてくれる子供時代。 (ニニェス niñez)

それは 意外と シンプルでささやかなものかもしれない。


人間って そんなに変わらないものなのだと思う。

私の子供時代。

沈丁花の木の下でおしっこをするのが好きな子供だった。

沈丁花の花の咲いている時は特に その匂いをかぎながら。

私の体の一部が 大地に吸い込まれていく。

『わたし』とよばれるものの中に存在し 

『わたし』とよぶときに その総合体の一部として存在していたものが

大地の一部になっていく。

地球の一部になり 今では 地球とよばれる総体の一部に化していく。

そういうことをぼんやりと考える子供だった。

今も変わらない。


そういう考えること

考えて考えて ぐるぐると頭をしぼっていること

が 私を支えているのだと思う。


こおろぎを 愛した溥儀が 庭師となって人生を全うするのは

だから 自然のことなのだ。



e0061699_04381877.jpg



こういう記事みつけました。

蟋蟀をこうやって飼うのが中国の習慣なんですね。

蟋蟀とラストエンペラー


[PR]
トラックバックURL : http://cazorla.exblog.jp/tb/22690130
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by misaodosu at 2014-12-31 14:57
cazorlaさんのお蔭で行ったことも無くこれから先も行くことも無いであろう遠い地スペインの事が少しだけでも垣間見っれて嬉しかったです
そのうえ文学少女(!?)のcazorlaさんの事も知ることが出来て嬉しかったです
ありがとうございました
来年もどうぞよろしくお願いします
幸多い良いお年をお迎えくださいね
Commented by anohiwa at 2014-12-31 15:38
ラストエンペラー
映画をずいぶん前に観て、とても面白かったです。
愛新覚羅溥傑と、愛新覚羅 溥儀。
溥傑の姪は天城山心中事件の人だったよね?
王座の隅から、缶を取り出した時、鳥肌立った記憶があります。

以前、興味を持って、いろいろ読んだ記憶があります ^^)
Commented by poirier_AAA at 2014-12-31 18:56
「ラストエンペラー」、ずっと昔に見て、もうほとんど何も覚えていないのに、このコオロギの話だけはちゃんと覚えていました。不思議ですね。

わたしのコオロギはなんだろうと考えてみました。たぶん、東京で忙しく暮らしていた頃よりも、今の暮らしの方がずっと「コオロギ」の近くにいるのです。ぐるぐるとりとめもないことを考え続けて、それで飽きない。友人には考えてばっかりいると笑われますが。
Commented by cazorla at 2014-12-31 19:05
みさおさん

コメントありがとうございます。
母がよく本を読む人で 今も目が悪いのに87歳で
私より読んでます。 本を読む習慣のおかげで 外国に住んでも
そんなに孤独にならずにすんでます。
って言ったら 孤独な人みたい? 笑
書いていると発見があって 楽しいのに 今年前半 娘の問題で書けなくなって 書き始めてまた 新たな出会いがあったこと。 ほんとうにありがとうございます。
来年もよろしくおねがいします。
Commented by cazorla at 2014-12-31 19:09
あの日はさん

くわしいぃぃ
私 歴史だめなんです。
夫は歴史マニアで 日本の歴史まで 私より知ってる。
今年は 少し勉強します。

溥儀の弟さんなんですね。
あの時代 日本の天皇家の方たちも いろいろありますね。

来年もよろしくお願いします
Commented by cazorla at 2014-12-31 19:12
梨さん

田舎で生活して
母語があまり使えないと
考えがぐるぐるしますよね。

梨さんも一人っ子?
蟻のスーパーマーケットとか作って遊んでました? 笑

この場面が この映画の美しいところですよね。


来年もよろしくお願いします
Commented by おーやま at 2015-01-06 00:20 x
やっぱり 変わらないですか。子どもの頃の自分は。

私も頭の中でいろんなシチュエーションをぐるぐる考えている子どもでした。
沈丁花の下のおしっこはきれいで自然との接点があるけど、私はもっと荒唐無稽な事を。朝礼の時間に倒れて目覚めたら金髪美少女に変身したりして、とか。

人はそれを夢想家と呼ぶのだろう。

でもかそるらさん数学が得意なんでしょ。
夢想家で数学マニアってありなの?
私のコンプレックスだからそこどうしても引っかかるわ。
あ、かそるらさんは、夢想家ではないのか!そっちか。

Commented by cazorla at 2015-01-06 18:36
おーやまさん

数学者って 頭の中でぐるぐる考えるんですよ。
具体性のないものまで。
数学者の書いたもの って 意外におもしろい。
秋山仁とか。
グロタンディーグ。
そういえば グロタンディーグ 死にましたね。
この間。
やっぱり フランスでは大きく取り上げられたのでしょうか。
日本にいるピーターフランクル。
マリアも数学嫌いだけど ぐるぐる考える人は実は数学好きになる可能性大きいのに機会がなかった。
先生が悪いと思う。
97かけ98を暗算でする方法なんて美しくて嬉しくなる。
と だらだら書いたけど

私も授業中 ドアが開いて 『王女さま ずっとおさがしいていました』と小さな島の王国の執事が むかえにきてくれることとか想像してた。
Commented by おーやま at 2015-01-08 23:28 x
ほおー 私に機会がなかった説。

女は子どもの頃から変化を夢見てる。
ある日突然 蝶になるを。
同じです!
Commented by cazorla at 2015-01-09 00:34
おーやまさん

目が悪いんで 蝶が蟻に見えた。 笑
実は私はね てね。
数少ない ある種の女の子は ある日 花咲くよね。
小さい時ぱっとしなかったのに
と 名取裕子が 言っていた。
ああいうのを夢見るよね。
そういうことも含めて あれこれ考える。
想像できる状態というのも一つの幸せだと最近思う。
あんまり しんどいと想像もできない。
Commented by おーやま at 2015-01-11 07:34 x
大人になって想像がコントロールできないほど
あちこち膨らまなくなって 楽になりましたよ。

私は。
安泰。想像力に振り回されないって。
Commented by cazorla at 2015-01-11 19:46
おーやまさん

想像が妄想になり 狂信になる。
ですね。
名前
URL
削除用パスワード
by cazorla | 2014-12-31 04:42 | 思うこと | Trackback | Comments(12)

あなたに会いたくて・・・・


by cazorla