「ほっ」と。キャンペーン

麻酔

酒飲みでもないのに 麻酔がかかりにくい。

小さな時から 病気王で 薬を飲みすぎたのかもしれない。

先日 最初の出産で 帝王切開の手術のとき 死にかけた

と書いたが もしかしたら それが原因かもしれない。

麻酔がかかってないので メスが冷たかった。

冷たいメスが お腹の上をすっと切り開いた感覚。

これは トラウマになってるかもしれない。

私はこわがりのくせに 見栄っ張りなので

がまんしていた。

でも 血の管

今 思い出すとこの血の管はなんでそこにあったのかわからない。

今は血がながれないように吸い取りシステムになってるのかもしれない。

で その管が 私の顔の横を通っていた。

血の流れとメスの冷たさで

びびったのである。


考えてみれば 小学校の時の盲腸の手術のときも

(虫垂炎の手術のときも)

麻酔はきいてなかった。

注射をしたあと 腿のあたりをさわって

『感じますか』ときかれた。

そこに手があるのは 『感じ』ていたのだが

触ったのだから そういうのは当たり前で

それ以外になにかを感じなければ『ならない』のだと思った。

なんせ 子供だったし。

だから 感じません と答えた。

手術がはじまって メスがやっぱり冷たかった。

なかのものをぴっとひっぱるのを感じた。

『もう少し そっとひっぱってください』

と言ったら 医師と看護婦さんがびっくりして 感じるの と

きいた。

メスがつめたいのとお腹の中をひっぱる感じだけ感じます

痛みは 少しだけ

結局 あと少しなので そのまま 手術は終わった。


でも 眠ろうとしているとき たまに 冷たいメスの感触を体に感じることがある。

もしかしたら だれかに刺されるかもという恐怖の中で

眠ってしまうことがある。

そして ちょっと怖い夢をみる。

死ぬのはだれでも一度だけだけど 死に方はいろいろ。

できるなら 無残な死に方はしたくない

そう思う。

生き続けてきただけでも 奇跡に近い

現代という時代。





e0061699_17285770.jpg




カソルラ村の夜景です。

うちのお風呂からこのライティングした城が見えます。






[PR]
トラックバックURL : http://cazorla.exblog.jp/tb/22793903
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by organicfarmvlc at 2015-02-09 19:27
Cazorlaさん、麻酔が効きにくいのですか。恐い体験されているのですね。私も切ったはったの手術は結構受けたことがありますが、幸いにもコロっと寝てしまって何も覚えていません。
ただ、去年の膝の簡単な手術は初めて局所麻酔だったのでイヤでしたね。そして、腰から下の麻酔が切れる間、動けないのは軽いショックでした。いつもは目が覚めると他も動く状態だったので。。。
もう簡単でも何でも手術はイヤですね。
Cazorlaさんvalienteですね!
しぶとく生き延びましょう!
Commented by cazorla at 2015-02-09 20:16
organicfarmvicさん

全身麻酔はまだしたことがないのです。
眠ってる間に死んじゃうかもと
でも どっちにしても効かないんだろうか。
あ でも眠りやすいかもしれないです。
歯医者の麻酔 局部きかなかったけど
そのあと 家に帰って眠ったから。
それとも あれは 麻酔がきかなくて 疲れただけかしら。

私 麻酔が効きにくいから すぐ歩けるの。
おしっこしたいというと 尿瓶を持ってきてくれて
できなくて トイレ行きますってさっさと行って
驚かれた。 麻酔きいてないって言ってるのに。 笑


Commented by anohiwa at 2015-02-10 14:50
写真が、めちゃくちゃ素敵です。
しばらく見入ってしまいました。
お風呂、、、、と言っても、シャワー、、、ですよね?
私なら、湯船に浸かりながら この景色を見る事が出来たのなら、かなり長い時間お風呂から出ないと思います(笑)
カソルラ家は、山の上の方にあるのですか?
遠くの町までが、かすかに見えて 本当に素敵!!!
Commented by anohiwa at 2015-02-10 15:01
あまりに素敵で、コメントを忘れちゃった (^^ゞ

麻酔ですが、、、、、
私もあまり効きません。
30歳の時に、虫垂炎の手術をしましたが、麻酔の後、いつまで経っても触られるのが分かって、今、ココ、今 そこ、、、、と言っていたら、途中から、全身麻酔に切り替わってしまいました。 あっという間に気を失ったのですが、目を覚ました時、かなり時間が経っていたようです。 しかも、下半身が二重に麻酔が掛かっていたようで、下半身だけ、感覚がなく、手で触ったら シーツがぬれているのに気が付き看護婦さんに伝えたところ ”垂れ流し”状態だったみたいです。 今思えば、あのまま、下半身麻痺?の可能性もあった気がして、背筋が寒くなりました。
出産の時は、帝王切開ではなかったのですが、会陰切開などは、麻酔なしでそのままで メスのヒヤッとした感覚が今でも忘れられません。
歯医者でも麻酔が掛からないため、薬を多めに注射されたらしく、心臓がおかしくなり、医者が慌てて酸素吸入を始めたことも。

歯医者さんから、手術をするような事があった時には、必ず、最初に麻酔の事を言うように言われました。

死は突然やってくる、、、けど、わりと身近にウロウロしている気がするの。
だから、時間を大切に過ごしたいです。
Commented by cazorla at 2015-02-10 17:31
anohiwaさん

もちろん 湯船です。 で 西洋式に 横たわって
そうすると お城がよく見えるのです。
ぼーーっと。 と言っても 30分くらいですね。
日本だと二時間くらい平気ですが。

麻酔
専門の医者がいない場合は かなり難しいですね。
会陰も 育良クリニックは切らないです。
あと 赤十字病院も。
スペインも。
よい助産師さんがいれば切らないで すっと出してくれる。
そのほうが 回復が早い。
ヨーローパは だから二日で退院。
ドーナッツクッションもなしです。
会陰切るのは WHOで禁止になっているはず。
日本は分娩台に男尊女卑思想があると誰かが言っていました。


Commented by cazorla at 2015-02-10 22:24
すんまへん。
なんか 会陰切開にかんして すぐ熱くなりすぎます。
会陰切開禁止運動
ひとりでしてましてん。

会陰切るの やっぱり 技術者として
未熟だと思っております。
Commented by mamoei at 2015-02-10 22:37
こんばんは~

私は全身麻酔した時に、医師が「さぁ、始めますか」といったのが聞こえてね。
あ~、私意識あるよ、でも口がきけないから、足先を一生懸命に動かしたような・・
そのうちわからなくなったけど。

私も会陰切開してないよ。
あとよくないらしいね。
禁止運動賛成!
Commented by cazorla at 2015-02-10 23:23
マモエさん

全身麻酔なさったんですね。
そのほうが 怖くて動く とかなくていいそうですね。
まだ 経験ないです。

会陰切開禁止の賛成 ありがとうございます。
あれってやっぱり 医者のつごうですよね。
私の 帝王切開も医者の都合。
でもその時は まだ確信がもてなかったんです。
その後二人産んで わかった。
木曜に切ったのは 週末やすみたかったから。
長男は日曜日に産みました。
育良クリニックで。 育良クリニックは 休みなし。
いい病院です。
Commented by anohiwa at 2015-02-11 10:13
おはようございます。
私の最初のお産は、40年近く前で、剃毛・会陰切開、、、どこの病院でもしていました。
娘の所は、剃毛も切開も、しない原則になっているようです。
友人同士でのおしゃべりでは、皆さん、同じ、、、だったみたい。
両方とも、本当に、女性の羞恥心を無視した行為ですよね。
すごく嫌でした。

時の移り変わりとともに、お産も女性に優しくなっているような気がします ^^)
Commented by cazorla at 2015-02-11 20:39
anohiwaさん

そうなんですね。
20年で随分変わった。
20年前は そういうところ探さなくてはいけなかったですから。
よかった。
名前
URL
削除用パスワード
by cazorla | 2015-02-09 17:31 | しょうもないこと | Trackback | Comments(10)

あなたに会いたくて・・・・


by cazorla