締め出された16歳の息子がドアをどうやって開けたか

一人で暮らしていて 一番 困るのは
鍵を持たないで 出かけてしまった場合。
私 何度もあります。
困りますよね。
大家さんが近くに住んでる場合はいいのですが。
その後 結婚して 新宿にマンション買って住んだら
もう 大家さんもいないわけで あの時はほんとに困りました。
夫が帰ってくるのをひたすら待ちました。
その後 スペインに引っ越してきて。
結婚してると 相棒がいるから まだましですね。
一人暮らしのときは 何度 頭をまっしろにしたか。

スペインで もしくは ヨーロッパで もし鍵を忘れて出かけた場合は
どうするか。
それは ここに書いたのですが。
ああ あれから 10年もたってしまった。
カソルラは 田舎なので この方法 かなり役立ちます。
大昔のマドリッドであれば セレーノがいて 便利だったんですけどね。

ところで 今日は 次男と私だけが コンセルバトリーに行く日でした。
でも 長男は 追て来るというので 待っていたのですが
こないので 三人で出かけました。 
鍵は たぶん 持っているだろうと想定して。

ところが かわいそうに 持っていなかったのです。

でも 家に入れた。
10年前 ママが 警察に開けてもらったのを思い出して警察に頼んだのです。
10年前といえば まだ 6歳。
よく 覚えてたね。

でも おまわりさん 忙しくて 来てくれなかった。
そして これを 渡して これで開けなさいと。
これって???

これです。


e0061699_05323526.jpg
これではないんですが こういう 手のレントゲン写真。
これを半分に折って ドアの隙間にさっと入れて押す。

自分でやれって

いいのか そんなこと
16歳の男の子に教えて

いいのか

ドアはしっかり 鍵を使って 締めてください。
16歳の少年でも 簡単に開けることができます。

貴重品や現金を家に置くのはやめましょう。

でも おまわりさん

しつこいですが 

そんなこと 16歳 の 少年にこんなこと教えて。
ストーカーとかになったら危ないな。








そういえば スペインの母のピソに行った時も
締め出されたことがありました。
なんか 小さな悲劇は しょっちゅう怒ってます。

この日は ビキニで締め出された。
笑うに笑えない。
でも笑った。


[PR]
トラックバックURL : http://cazorla.exblog.jp/tb/22805415
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by mi-mamam1 at 2015-02-14 20:43

高校生のとき、いつもいるはずの母がいなくて、トイレが我慢できなくて、庭にしたことを思い出しました。

警察は、防犯意識なし?
息子さんは、大丈夫でしょうけと、他には教えていないことを祈ります。
Commented by cazorla at 2015-02-14 23:35
mimamaさん

私 実は昔 開けようと努力したことがあるんです。
身分証明書とかクレジットカードなんかがちょうどいい
らしい。
でも むずかしいです。
私はできなかった。
息子 スパイになれるかも。

でもほんと こんな知識がひろがったら
あぶなくてしょうがないです。
鍵は 鍵でちゃんとかけましょう。

うちの息子 まにあわなくて お向かいの家のところでうんちしたことがあります。 もちろん 拾いました。 君は犬か とぼやきながら。
Commented by organicfarmvlc at 2015-02-15 00:19
警察が鍵を開けてくれるって、良い事教えてもらいました!
我が村でもクレジットカードを使って鍵を開けた泥棒が頻発したことがありましたが、レントゲン写真が鍵開けに丁度いいのですね。覚えておこう。それよりも、私が日本に行ったときに主人が一人で鍵を忘れて家をでたらどうしよう?と心配していたので、これで少し安心です。ところで、警察ってPolicia Localですか?Guardia civil ?? 
Commented by あのにまにあむ at 2015-02-15 02:09 x
警察に頼めば鍵を開けてくれるっていうの、知りませんでした。日本の警察も開けられるのかな? ちょっと怪しいなぁ…

スペインに居た頃は、友達と鍵のスペアを持ち合ってました。私はポルテーロにも鍵を渡してたけど、彼女の家はポルテーロが居なくて…
ある時彼女から電話がかかって来て、家に鍵を置いたまま閉めちゃった、無線タクシーに行って貰うから、タクシスタに鍵渡してって。
その友達の家の鍵は今も持ってます。帰国の時に一旦返したんだけど、3年後にスペインを再訪した時、持ってて欲しいと言ってくれました。

あ、よく考えると日本の家のドアは閉めただけじゃ鍵が閉まらないから、スペインみたいにうっかり閉めちゃってってのは少ないかもしれませんね。逆に閉め忘れてないか、時々気になります。
Commented by cazorla at 2015-02-15 08:23
organicfarmvicさん

けっこう 簡単にあいちゃうんですよね。
もう そういう知識が有名になっているんですね。
逮捕された・・・・・
警察はローカルのほうです。
一度 夜中に犬の散歩で 出かけて
鍵と思って握っていたものは別のもの。
子供達三人まだ小さいときで ぐっすり眠っている。
ちょうど お巡りさんが通って
説明したら開けてくれました。
村だから 身分証の必要もなく、
みんな どこに誰が住んでるか知ってるんですね。
Commented by cazorla at 2015-02-15 08:28
あのにまにあむさん

友達に頼むのもいいですね。
私も母に頼んだ時があるんですが すぐ子供達が
とってきて
そのたびに持っていく
めんどー
で やめたんですが
秘密にして いざというときのために置いとこうかしら。

そのお友達 鍵を持っていてもらうというのが
すてきな関係のシンボルみたいで
ずっと持っていてほしかったんですね。

息子がピアノの鍵を母にプレゼントしていました。
鍵って 不思議な なにかがあります。

日本の家 
私の小さいときは鍵がなくて (大昔の田舎)
ある日 鍵をつけたとき 世界が変わるくらい どきどきしました。
名前
URL
削除用パスワード
by cazorla | 2015-02-14 05:36 | こども | Trackback | Comments(6)