バレンタインのプレゼント

中学で バレンタインのバザーがあったそうだ。
上級生の女の子たちが 手作りのものを
彼女のプレゼントに! と売り出していた。
金曜日の放課後
もう バザーも店じまい。
そこに 末っ子が 友達三人と覗きに行った。
2001年生まれの子供たちは なぜだか 幼い。
2002年生まれの子のほうが 体も大きい。
21世紀の子を産むぞーと りきをいれたのが たまたま もうそろそろ
産めなくなるかもと思った夫婦だったのかもしれない。
そういうわけで 末っ子のクラスは 末っ子が多い。
母親たちも 私とたいして変わらない年の人たち。
だから かわいがって育てた。

その 中学一年生よりちょっと小ぶりの中学二年生の四人が
まだ 恋人もいないし
女の子には 特に興味がないけど
上級生の女の子たちがなんかやってるみたいだしーと
バザーを除いた。
いっぱい人がいるときは恥ずかしくて行けないし
買うわけじゃないから 行かなかった。
かわいい四人が覗いていると
上級生の女の子が
『もう店じまいだから 売れ残ったの
すきなの一つだけ あげるから おいで』
と言った。





それでね ママ 僕 これ 選んだんだ。
ママにきっと似合うと思ったから。


e0061699_17560807.jpg



かぎ針で編んだお花の指輪。


ハッピー バレンタイン デイ。






[PR]
トラックバックURL : http://cazorla.exblog.jp/tb/22811988
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by mi-mamam1 at 2015-02-17 18:49
それは、それは、ハッピーなバレンタインでしたね。

その場で、ママを思い浮かべた末っ子が、可愛い過ぎる。

私はcazorlaさんより、10年早く子どもを持った計算になり、
もう、3人の男の子にアップアップでした。
夫も常に不在で。
もっと、可愛がってあげたかったよ~~~、と、泣きを入れたくなりました。
Commented by cazorla at 2015-02-18 00:27
mimamaさん

10年遅れで 母業始めたんですね。
41で産んだんで 孫のよう でもあり?
彼の友達もみんな ちょっと幼いんです。
不思議な2001年生まれの男の子たち。
年をとって産むと あつかましくなって
どうでもよい と 丁寧に育てないんです
きっと。
だから 楽。
ただ 思春期の娘とぶつかりました。
夫が怖がってました、更年期と思春期。
Commented by anohiwa at 2015-02-21 17:19
こういうのって、本当に嬉しいですね!!!
外にいても、心のどこかで、母親の事を想ってくれている、、、、それだけで、胸がキュン ってします。

子どもとぶつかる、、、、、
次女が母親になった途端、私に対して、何かと思い遣ってくれるようになりました。
どちらかと言うと、わりとマイペースで頑固。
一度何か言うと後には引かない。
少々手を焼いた時もありましたが、このところ、柔らかくなりました ^^)

思春期、、、、、更年期、、、 
いろんな意味で 誰かが傷つくことが多いですね シミジミ
Commented by cazorla at 2015-02-22 04:53
anohiwaさん

母になると変わりますか?
環境が変わったり 大人になっていくんですね。
娘も 家を出て 少しずつですが 変わりつつあります。
女同士って ぶつかりますね。
息子は 父親とぶつかってる。
私は息子には甘いかもしれない。
許す範囲が広い。
同性って やっぱりぶつかります。
名前
URL
削除用パスワード
by cazorla | 2015-02-16 18:00 | スペインティーンエイジャー | Trackback | Comments(4)