母と娘の時間

娘が 音大(コンセルバトリオ スーペリオール)に入って 恋人と一緒に住む と宣言した時
部屋の契約は1年間だから 途中で 嫌になっても 住み続けるんだよ と言った。
私は かなり確信していた。
別れるだろうと。
でもまさか 4日で 別れるとは思わなかった。
その時は またいつもの喧嘩だと思っていたが
そのまま 別れたまま。
一緒に住んでいると言っても
スペインの学生たちは 3人から5人くらいで
ピソ(マンション)を借りて それぞれの寝室を勉強部屋にして
キッチンとバスルームは共同という生活をする。
だから ふたりっきりではない。
娘と 恋人だった男の子と あと二人男の子が住んでいる。
恋人くんにはほんとに申し訳ない そう思う。

別れるだろうと 私が予想していたのを知っているので
先日 帰省した時に 質問してきた。

『ママ どうしたら 別れない相手と別れる相手を区別できるの?』

なあんて 典型的な 若い女の子の質問でしょ。

『そんなのわかるわけないでしょ!?』
『でも ママは 私が Jと別れるって わかっていたんでしょ?』
『まあそうだけど」
『どうせ 付き合うなら そして どうせ 結婚したり一緒に住むのなら
ずっと 同じ人がいいな。
どうやったら ずっと一緒に居られる人かどうか 見分けられるの?』

女の子っていうのは 『いつも一緒にいて 飽きない相手。 いつも一緒にいてずっと変わらず
大切にしてくれる男の子」というのが ちゃんと
見えないけれど 品質保証カード付きで どこかにちゃんと あるんだと思っている。

『そりゃね あんた次第よ。」
『私次第?』


e0061699_05243964.jpg




私たちは 多分 かなり仲の良い親子だと思う。
不思議なくらい 彼女は私の心を読める。
よくわかる。
だから なにも言わなくても 傷つくし 怒る。
受験のことでいらついていたのもひとつの原因だったと思うけど
それだけじゃなく 私が 彼女が 進学したら 恋人とは終わりになる
ということを 知っていたからだと思う。
それを 彼女は認めながらも 認めたくない というジレンマの中で
葛藤があった。
母と娘。
同性の親子は難しい。
ほんとにそう思う。

そして 私は自分と照らし合わせて 彼女の醜い部分もすべて
理解してしまうときがある。
それも けっこうきついのだ。
おまけに 娘はかなりいろんなことを包み隠さず 私に話す。

なんでも話せる楽しい我が家
という標語を 村上春樹が 
なんでも話せる家庭がほんとに理想的なのか
と書いている。
それには 安西水丸氏の挿絵付き。
家族団欒で 娘が おとうさんに 今日はソープで働いてさー
と言ったらおとうさんが ほー そりゃよかった とか
言って みんなニコニコしている。

それってきついでしょ?
ほどほどに秘密を持っていればいいと思う。
親子なんて 基本は 他人 というか他者なんだってスタンスで。
なーーんて言いながらもそうもできないんだけど。
でも だんだん 年が近くなっていく。



たとえば母と私も。
87と54で 老いについて語り合える。
全部を理解できるわけではないけど。
それでも 20と53の時よりはずっと 近まってきた。





e0061699_05280247.jpg

コンセルバトリーに一緒に行っていた頃。
私が一年生で 娘が4年生の時。
今から 3年前。


e0061699_05320556.jpg







e0061699_05282375.jpg




e0061699_05252416.jpg

昔から 本が好き。



[PR]
トラックバックURL : http://cazorla.exblog.jp/tb/22856472
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by mi-mamam1 at 2015-03-07 19:57
あらま。
コメントいれたつもりが、消えている。。。
これは、ワインせいかしら?

私は、息子しか生まなかったけれど、かつては娘であったのです。で、実母とは結構、仲良しであったのですね。

ところが、実母と実妹、義母と義妹が、うまくいっておらず、これは私にとって、とても困ったことであります。
間に入って、余計なことをすると、余計に拗れると思うので、恐ろしい。

女同士、適切な距離感が大事なのかもしれませんね。
うん。
あの世まで持っていく秘密の1つや二つは必要です。
Commented by cazorla at 2015-03-08 18:32
親子だからって なんだも知っていて仲がよくて というのは幻想ですよね。
もちろん 母親だから 知りたいと思う。
どうなんだ ああなんだと介入するけど
そこを 適当にあしらうのも娘の仕事。
私の場合は母は別時代の人だってちゃんとわかっていたから
そのあたりちゃんとしていたけど
今は なんとなく威厳もないし
同等みたいな感じでつい話しちゃうんでしょう。そして
私としても 同等とは思ってないから怒る。
このあたり難しい。
息子はどうでしょうね。
まだ 子供の域にいるのでわかりません。
できれば 問題なく おとなになってほしい。
って 他力本願でどうする って言われそうですが

名前
URL
削除用パスワード
by cazorla | 2015-03-06 07:50 | こども | Trackback | Comments(2)

あなたに会いたくて・・・・


by cazorla