三月の思い出

かれは 私を愛しているのかどうか。
そういうことを考え始めると メビウスの帯の中に入ってしまう。
そういうことは考えないほうがいい。
だって 私が彼を愛してるかどうかだって
突き詰めていくと やっぱり ラビリンスに入ってしまう。
自分の子供であれば 無条件に愛せるか。
それだって やっぱり疑問が出てくると思う。
自分の子供だから 愛している
を一つの定義とするから 母性という大きな壁の前でたじろぐ。
私は存在するか という 19世紀哲学と同様
考えると どこにもいけなくなる。
ただ ひとつ 愛されていると 感じさせてもらうこと。

愛されていると パートナーに感じさせることができるかどうかは 
その人の性格ではなく その人のキャパシティだと思う。
愛してると ことばにして なんどもいうことではないし
黙っていて 相手が感じるべきだと主張することでもない。
大人の男で ほんの少し 相手を思いやる気持ちがあれば 
相手に愛されていると感じさせるのはわけないと思う

と前置きが長くなりましたが 三月になると 思い出すことがあります。
それは サリン事件と前後して起こったことだったので ますます 。
夫の髪は私が切ります。
息子たちの髪もそう。
今では 倹約のためだけれど はじめに夫の髪を切り始めたのは
日本の美容院が 細い西洋人の髪を切るのがとても下手だったから。

よく スペインにこられた方が スペインの美容院がひどいと書いてるけど
もちろん それは髪質が違うということを 頭に入れていないから。
だから 夫は比較的西洋人の多い 六本木の美容院に行っていたのだけど
私の目から見ると 最悪。
おまけに けっこうたかかったから 私が切ることに。
今は かなりの腕前で はさみでチャキチャキ切りますが
はじめは 小さな機械を買いました。
先っぽに くしをはめこんで その櫛の歯の長さに切れる機械。

ところが うっかりと くしをはめ込むのを忘れたら。
そういう経験したことあるでしょ?
そう 坊主頭になるのです。

ざくっと 5センチくらい はげを作って ぎょっとなった。
世界は真っ暗。
顔に縦線が20本くらい。
まさに 泣き出しそう。
私が手を止めて思案していると
夫がどうしたの? と訊く。

ことばにならない。
夫が頭をさわって 何が起きたか理解する。

『かわいそうに。
びっくりしたんだね。
かわいそうに』

そう言って 機械を取り上げると
さっさと 全部丸坊主にしてしまった。
そして にこにこして

『これから 暑くなるからね』

と言う。

まったく嫌な顔もせず
文句も言わず
それどころか
かわいそう かわいそう を連発して私を なぐさめてくれた。


そのあと 完璧なる坊主頭になった夫と歩いていて 新宿で 昔のボーイフレンドに会った。
しばらくして 共通の女友達が いうには 彼がみんなに 私の夫は超かっこいいと言いふらしてるそう。
坊主頭のスペイン人なんて めったにいないですからね。

たしかにうちの夫は 超かっこいいです。



e0061699_20090638.jpg


夫撮影。
同い年の夫と共に年取っていく。
ウエルバの城で





[PR]
トラックバックURL : http://cazorla.exblog.jp/tb/22880653
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by antsuan at 2015-03-15 22:16
野球部で頭を丸刈りにしている三男もバリカンを持っています。ある時、アタッチメントを付け忘れて刈ってしまい、大慌て。
わたしが五十年近くお世話になっている床屋さんに、休みなのに無理にお願いして、綺麗な坊主頭にしてもらいました。
坊主頭って微笑ましいですね。
うちの三男もかっこいいです。(笑)
Commented by アンジー at 2015-03-15 23:08 x
☆ こんばんは~☆

初めまして!! きょうたさんち から 飛んで こちらへ 来させていただきました (*^o^*)

なんでかって?

あらっ 同い年だわっ(*^o^*)

4月ですか? お誕生日… なら 学年は いっこ 上かな

ご主人さまと 同い年なんですね~ うちは 5つ 上なんで 7月で 還暦です その主人も かなり前の夏 バリカンで 丸坊主に したこと ありましたよ♪ すっごい 涼しそうでした

これからも 時々 来させてくださいましね~ よろしくです♪
Commented by cazorla at 2015-03-15 23:54
あんつぁん

アタッチメントって言うんですね。
ハイカラな言葉を知ってらっしゃる という時点で
私 すっかり浦島太郎と化してる自分を感じます。
坊主頭って 触ると気持ちいいですよね。
ごりごりといつまでもやっていたい。
むすこたちも ちいさいときは 短くしてたけど
最近 色気が出てきて ちょっと失敗すると怒る。
おまけに一人がもう一人の頭を見るんで 騙せない。
うーーーん 困った。
Commented by cazorla at 2015-03-15 23:59
アンジーさん

はじめまして。
kyoutachanとこからなんですね。
ますます うれしく ウエルカムです。
同い年。 60年生まれ。 計算しやすいですよね。
もう 昭和では計算できなくなったけど。
ああ そうか あと五年で 還暦。
還暦って赤いちゃんちゃんこですね。
赤いちゃんちゃんこ着て孫に囲まれるシーンがあと五年というのが想像できない。
(たぶん まだ 孫はこないと思うけど)
最近 年の近い人たちが声をかけてくださるのが嬉しいです。
ありがとうございます。
Commented at 2015-03-16 08:45 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by cazorla at 2015-03-17 18:01
鍵コメさん

初めまして。 母と同じくらいのお年でPCをさわってらっしゃるってすごいです。
母は 頭がごにょごにょするからいやって言って
いっしょに YouTubeで 鬼平とか古畑任三郎を見るくらいです。

こういうできごとって 一生影響されますね。
喧嘩しても まあいいか って思える。
良い思い出です。

コメントありがとうございました。
Commented by ナナイチ at 2015-03-17 20:16 x
坊主頭が似合ってかっこいいスペイン人! ってことは多分Morenoなんでしょうね、羨ましいです。
私は、Moreno&坊主頭が好きなのに、フランス人っぽいRubioとくっついてしまいました。当然坊主頭は似合わないと思うのです。残念です。
しかもかっこいいなんて...。ごちそうさまでした!
Commented by germanmed at 2015-03-18 08:22
素敵!そういう思いやり、本当に素敵。
私の夫も私の失敗を決して責めないのですが、私の方はついつい文句を言ってしまったりして、いつも反省してばかりです。
Commented by cazorla at 2015-03-18 18:33
ナナイチさん

モレーノと言っても 顔が濃いタイプではなくて
どっちかというと 日本人顏。
子供時代のあだ名が ハポネス。
1970年ごろのスペインでハポネス。
バリオに 日本人が住んでいたそうです。
そのせいかどうか。
本人いわく 頭がこぶりで整ってるから 似合うのだと。

東京に住んでいた時のお隣さん 金髪のオーストラリア人でしたが
彼も 機械のアタッチメントを付け忘れて 坊主にしていた時がありましたが
かっこよかったですよ。
一度 お試しを。。。。笑
試すようなことでもないですね。
Commented by cazorla at 2015-03-18 18:34
しろくま先生

宗教を持たないといえど 2000年をキリストとともにすごした
ヨーロピアンは やっぱり 赦すの思想が体に染み付いているのでしょうか。
わたしも怒りますよ。
反省しなくては。
Commented by おーやま at 2015-03-18 19:33 x
こういう話を聞くと エンリケさんはすっごくいい人に思えちゃうわ。

いや すっごくいい人に違いないんだけど。

あはは。

ところで、かそるらさんはエンリケさんに愛されているとどうやって伝えてる?私はけっこう下手だから。伝えるのが。
Commented by cazorla at 2015-03-19 11:55
おーやまさん

いい人みたいでしょ? ははは
わたしと20年一緒にいるんだから
友達に言わせると物好きともいう そうですが。
ま いいや。
不機嫌 無愛想だから いい人なのにけっこう損してます。

で 愛の表現。
わたしもできません。
わたしは日本人だからね 狛犬さん 狛犬さん あ うん よ
と言っております。 
友達のスペイン人のだんなさんが日本人妻は 冷蔵庫より冷たい と言ったそうな。
それも繰り返してます。
Commented by おーやま at 2015-03-20 01:42 x
冷蔵庫ね。
イーニゴバージョンは
君の愛は ファンタオレンジ。
僕のは果汁100パーセント。

その果汁100パーの愛は、濃い事は濃いが
自分の型にはめがちな窮屈なところがある。
まだ進化の余地があると思う。
Commented by cazorla at 2015-03-21 08:17
おーやまさん

ファンタオレンジって その愛はほんものじゃない って意味?
で 100%オレンジは 進化しないでしょ。 無理。 うちの100%もまず
変わらないもの。

妻は適当にうけながせるけど こどもたちは本気で嫌がるからね
こんなに愛してるのにって 爆発する。
こどもがちいさいうちは おもちゃ買ってそれでおたがい満足だけど
おおきくなると してもらいたいこととしてもらってることに
ギャップが出てくるから なかなかたいへんです。

Commented by organicfarmvlc at 2015-03-21 20:18
Cazolraさん、お久しぶりです! 別次元のそのまた別世界のお話を伺ったような感覚です。「素敵!」でも、私の現実にはあり得ない!
私が冷蔵庫なら、ウチの主人は壊れたTV。
その心は「ぜんぜん見えない。絶対に見えない」
お互いに「これぞ人生修行」と大いなる我慢・忍耐と気のせいかもしれない「信頼」で保っている。
おーやまさんへのコメントなのに、刺さってゴメンなさい。
そして子供の「してもらいたいこととしてもらってることに
ギャップが出てくる」って実感です。
Commented by cazorla at 2015-03-22 17:47
organicfarmvicさん

おはようございます。 
朔太郎が 父 それは孤独である とか そういう一行詩を書いていましたが
父親って存在 外国人でも同国人でも結局 浮いてしまう存在なのかもしれません。
昔は遠い存在でどーんとして 浮いてるというより別の人だったのが 地上に降りてきた。

organicfarmvicさんは仕事も一緒だから 困ったところは見ないことにする て できないんですよね。
夫婦ってやっぱり距離感大事だし 一人の時間って(友達との時間も含めて)大事。
親が元気な間は 実家という心の逃げ場もあったし。
日本にたまに帰ってますか?
昔は日本でリフレッシュすることもできたけど もう8年帰ってないです。
去年の精神的爆発ってこれも一因かもです。←わたしの
名前
URL
削除用パスワード
by cazorla | 2015-03-15 20:11 | 夫のことば | Trackback | Comments(16)

あなたに会いたくて・・・・


by cazorla