チョコレートの歴史

チョコレートはラテンアメリカ原産。
新大陸発見以降ヨーロッパにやってきた。
コロンブスは まったく興味を持たなかったのでチョコレートが
ヨーロッパに来るのは 発見からしばらくしてから。
アステカを征服した エルナン・コルテスによって。
(ウィッキー日本語版を見たらコロンブスになってますが これは間違いです。)

今では チョコレートといえば 板チョコなど固形。
飲み物としては 冷たいのもあるけど
やっぱり暖かいもの。

でも アステカの人々は 冷たい飲み物として飲んでいた。
e0061699_18233691.jpg
こういうふうに カカオを混ぜていた。
これは マドリッドのアメリカ博物館にある絵。
そして いろんなスパイス たとえば 唐辛子とかを混ぜて
辛い(hot)な飲み物だった。
表記も chocolate ではなく xocolate。
だから もしかしたら ショコラテで フランス語発音に近かったのかもしれません。

e0061699_18234267.jpg
そして カカオの実は 通貨としても使用されていました。
ラテンアメリカでも 貴重なものだったのですね。


e0061699_18260280.jpg

メキシコから持ってきたカカオは スペイン・サラゴサの僧侶によって
暖かく濃く甘い飲み物になりました。 ピエドラ僧院 サラゴサ
今でもスペインで 『チョコラテ(チョコレート)』を頼むとどろどろに濃いチョコレートドリンクが出てきます。
たいていの料理は 僧院で発明されている と思います。
かれらは 時間がいっぱいあるから。

e0061699_18232971.jpg
17世紀のチョコレートの食べ方。
パンなどを浸して食べていた。
これは ルイス メレンデスの作品。 (プラド美術館 マドリッド)
ちなみにルイス メレンデスは 生前は才能を認められなかったけれど
今ではスペイン最高の静物画家と言われています。

パン・クッキー・マドレーヌ・スポンジケーキ なんかを浸すことから
絡めてしまう。 フルーツなんかも 絡めてしまう。
実際いまでも フレッサバニャーダ (イチゴのチョコレートがけ)とかあるので
そうやって チョコレートボンボンができあがったのでしょうね。

e0061699_18232081.jpg
17世紀 チョコレートドリンクを作っているところ。

e0061699_19063936.jpg
カカオをこれで挽いていました。
スペインでは 19世紀まで使われていました。

e0061699_19071417.jpg

18世紀のチョコレートポット。

e0061699_18240553.jpg

イギリスの紅茶 スペインのチョコレート と言われるくらい スペインの典型的飲み物になりました。

イタリア人 ドレットDoretが チョコレートを固形にするのに成功し
オランダ人 コラン ヴァン・ホーテンが 粉末で 簡単にチョコレートを作れる方法を発見し その粉末にする製法がイギリスで 板チョコになりました。
また 他のイタリア人が チョコレートボンボンを作りました。
これは 粉末にしないで カカオから直接の工場で作ったチョコレートとは別の手作りのチョコレート。
スイス人 ダニエル ペーターがチョコレートにミルクを加える方法を発見。



それでも スペインでチョコレート といえば

朝ごはんのチューロスとチョコレート。

e0061699_19440278.jpg






[PR]
トラックバックURL : http://cazorla.exblog.jp/tb/22898063
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by アンジー at 2015-03-23 11:48 x
☆ こんにちは~☆


先人たちの おかげで 今私たちが おいしく チョコレート食べたり ココア飲めたり 出来るんですね♪

ありがたいことです

先日 テレビで 南米 ボリビアでの 銀の 採掘を スペインの 方々が 原住民使って やってた… みたいの やってて 興味深く 見ました
イギリスが 台頭するまでは 確か スペインの 我が天下! だったんですよね~
恐るべし スペイン!♪~θ(^0^ )
Commented by cazorla at 2015-03-23 21:51
アンジーさん

ボリビア 今も先住民族の文化が残っていて 行ってみたいところです。
マドリッドの友人は 酋長の娘と結婚していて むかしの侍の娘みたいに
すっと 高飛車でかっこよかったです。
スペインと中国 似てると昔おもってました。 観光案内に 中国三千年の歴史とかスペイン三千年の歴史とか書くし。
今はすっかり中国巻き返してしまって。

イギリスも最近 歴史学んでいて けっこうおもしろい。
リチャード王って フランス語しゃべってたんですよね。
フランスに住んでいたし。
じゃ イギリスってフランス?
と 日本の歴史に比べるとややこしくて。(今 コンセルバトリーの生徒で 音楽史習ってるんです)
Commented by おーやま at 2015-04-02 17:33 x
バロック音楽をBGMにしたいような
格式あるチョコレート講座でした。

辛いチョコレート、アフリカの方で飲んでいる塩入コーヒーを思い出しました。

どっちにしろお酒と同じぐらい人間の歴史に根付いた食べ物ですよね。

そうそうスペインのホットチョコレートは、まったり度が
高い。粉物が入っていそうな、家で飲むのとは別の飲み物。

ねむこと に相談事が来ています。
時間があるときのぞいてみて。
Commented by cazorla at 2015-04-05 06:48
おーやまさん

バロック? やっぱりスペインを中心とした歴史だからね。
あれは チョコをそのまま溶かすとあの濃度なんでしょうね。
でも それだとかなり高くなるから まぜてるとこもあるかも。
いやー あれが太ります。

でねむことね。

なかなか 難しい問題です。


名前
URL
削除用パスワード
by cazorla | 2015-03-22 19:45 | スペイン 文化 言葉 | Trackback | Comments(4)

あなたに会いたくて・・・・


by cazorla