「ほっ」と。キャンペーン

エロ小説

嬉しいお知らせなのかどうか。。。。
音大に今年入ったばかりの娘が 
文学賞の最終審査まで残って
その残った15人の短編小説が 一冊の本になることに。。。
で なんで 嬉しいかどうか惑うのか。。。

エロ小説部門だから。

きゃっ

でも 大喜びで 電話してきた。
最初 夫がとって 
『あ そう おめでとう。
あああ 
まあ いいじゃないか。
もちろん。
僕もうれしいよ。』

と 微妙に喜んでいた。



e0061699_18204463.jpg


5番目に娘の名前が。。。。
7ユーロ。
買って おじいちゃま(父方)にでも送るか 笑




あのノーベル賞作家 ペルーのバルガス リョサも
十代の陸軍学校に通っていた時代はエロ小説を書いていた。
よき時代で エロ本もエロビデオもないから
友達が お金を払って 頼んでいた。
その様子は初期の小説 都会と犬たち に出ています。

e0061699_18205496.jpg


文章で 笑わせる
文章で エロい気持ちにさせる

この二つは 書くという行為の中でとくに難しいのではないかと思います。

冗談のつもりで書いたのに まじめに あなたの考え方はまちがっていると 言われたり
エロいつもりが お笑いになったり  ね。

ま とにかく 作家としての第一歩 と 言えるのではないかと思います。





[PR]
トラックバックURL : http://cazorla.exblog.jp/tb/22941122
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by leonank at 2015-04-09 19:08
親子でHな話ってなかなかしにくいものですが、何の億劫もなく喜んで当選の連絡をしてくる娘さんって、とっても素直に育ったんだなと思います。
2つの意味で、おめでとうございます!
Commented by kyotachan at 2015-04-10 01:16
で?読んだの?自分の子どもの書いた、エロ小説。それも、スペイン語!
わたしの長女がフランス語で書いたエロ小説?ひゃっ……、そんなのっ……、よ、読みたいっ……っ!
おめでとうっ。これはすごいことだよっ。デジタルの時代に、書いたものが本になるって!
Commented by anohiwa at 2015-04-10 18:58
なかなかお邪魔できなくてごめんなさい。

マリアちゃんは、カソルラさんに似て、文才があるのでしょうね。
選ばれるなんて、素晴らしいです。
マリアちゃんは、色んな才能があるのね!!

頑張れぇ~~~~
と力なく応援しています (*´▽`*)
寝不足で、、、、、なんだか考えがまとまりません。
Commented by vitaminaa at 2015-04-11 00:51
わあ~、おめでとうございます!!
小説を書くって、すごく難しいことだと思うんです。
特にブログを始めて、文章力のなさをひしひしと感じている私には、尊敬に値しますよ!文才があるって、素晴らしいですね。
Commented by cazorla at 2015-04-13 00:39
leonank.さん 

コメントありがとうございます。
もし 日本語だったら 直接的でもっと衝撃があったのかな?
夫と息子のほうが むむっとしてます。

ところで ブログ 消しちゃったんですか?
Commented by cazorla at 2015-04-13 00:43
きょうたちゃん

ありがとう。
飛ばし読み。 いやー なかなか日常口にしないことばがいっぱい。
たぶん 一生口にはしないだろうな。 
書き始めから 読ませてもらってます。
アグレッシブなエロ。
80年代 女の時代とかいって 女たちが 書き始めた あのエロをちょっと思い出した。

うちの娘に きょうたちゃんの書いたものを 説明してます。
こういうスタイル ああいうスタイル (娘 日本語 小学一年レベルのしかよめないから)
尊敬してますよ、きょうたちゃんのこと。
Commented by cazorla at 2015-04-13 00:52
anohiwaさん

わたしも なかなか 最近かけなくて。 おたがい そういう時期?
最近 アレルギーもあるし 、、、
文才というより ちょっとアイデアがよかったのか。
スタイルが面白いというか
各章 彼女と彼がそれぞれの立場のつぶやきで構成されて書かれています。

こんど ゆっくりメールしますね。

Commented by cazorla at 2015-04-13 00:55
vitaminaaさん

ありがとうございます。
新聞には 何度か載ったことがあるんですが
こんなふうに本になるとやっぱりうれしい。
テーマがなんであれ。。私は。
高校の時の国語の先生に言おうかと言ったら夫が却下しました。
息子も それちょっとね。。。
と 男たちは エロスを芸術として受け止められないんだw
Commented at 2015-04-13 16:25 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by organicfarmvlc at 2015-04-13 18:53
マリアさん、自分の目指す道をガンガン突き進んでいる感じで頼もしいですね! 家族に喜びと戸惑いの大きなインパクトを与えるなんてなかなか出来ることではありませんよね。おめでとうございます! ところで、花粉症、大変な事になっていたのですね。吐いたり、寝込むほど重症になるなんて知りませんでした。どうぞお大事に。
Commented by cazorla at 2015-04-14 04:50
鍵コメさん

FCのほうが ベテランが多くて 駅風呂は初心者向けという人もいますが。。。やっぱり慣れたものが一番なんでしょうね。
あと レシピブログって 合う合わないってあります。
私も一つ持っています。 基本 自分のためのメモになってしまってますが。
Commented by cazorla at 2015-04-14 04:53
organicfarmvicさん

昔っから ちょっと変わってるというか 
夫がけっこう普通の人なんで(そういう点では。 日本に住んでいたことがあるという時点で変な人とも言えますが)
なんかけっこうびびってますね。 

花粉症 今年は末っ子も夫もたいしたことないのに
私が。。。なんでと。 人によるみたいで。
私はなんのアレルギーなんでしょうね。 調べなくては。。。
Commented by horaice at 2015-04-14 21:55
cazorlaさん
すごいっ!お嬢様、多才ですね!小説、しかもエロって、流石cazorlaさんの血を引かれていると思ってしまったのはなぜでしょう。笑
これからが楽しみですね。おめでとうございます!
Commented by cazorla at 2015-04-20 04:01
horaiceさん

ありがとう。 ふふ エロだから 私の遺伝?
そうかも。 旦那にこれはうちの家系ではないと宣言されました。
あちら 硬い軍人の家ですから。 
でも 義弟は 映画監督めざして 軟派な雰囲気の世界に生きてますから。。。
Commented by おーやま at 2015-05-13 00:40 x
かそるら兄弟 華々しすぎる!

でもやっぱり家族みんな読んだんだ。(アルバロ君以外?)

まりあちゃん 器が大きいよね。私なら家族に読まれたくないもん。書いたとしても。しかも19歳のときに?
その感覚もきっと作家なのね。
19歳の官能ってきっとみずみずしいんでしょうね〜。
Commented by cazorla at 2015-05-13 23:39
> おーやまさん

読んだと思っていたら 読んだほうのはボツになって
あらたに書き直した 他の作品が 選ばれたんだそうで。
モデルがなんと エンリケのパパ。
自分の祖父をモデルに エロを書くか
すごすぎるぞ。
と 思ってます。
名前
URL
削除用パスワード
by cazorla | 2015-04-08 18:27 | スペインティーンエイジャー | Trackback | Comments(15)

あなたに会いたくて・・・・


by cazorla