セロリを喰う女

セロリってね それそのものが持つカロリーより
消化に必要なカロリーのほうが高いから
ひたすら食べ続けていても 清秀的に
餓死するんだって。

そう言ったのは 高校の時の同級生。
高校一年生のとき。
よく本を読み 映画館に行き たばこを吸う
70年代の文学的不良の友達。
今では学校の先生になっている。
その彼女の言ったこのセリフを 40年近く経った今も 思い出す。
そして 痩せぎすで目をらんらんとさせて セロリを食べ続ける妙な映像が目の前にある。
ダイエットをしよう と誓う旅に このことばと映像が頭をぐるぐるとまわる。

市場に行って セロリを買う。
セロリは 一株ずつ売っている。
一株というのはどのくらいかというと
普通日本では いくつかの茎というのか とにかく
セロリのひとすじを 数本たばにして売っている。
先は切ってあったと思う。
ここでは セロリは一株 くっついている。
根っこのところだけばっさり切って
両手でしっかりつかまないとつかめない。
一株 だいたい 1キログロムと 数百グラム。
買ってきたのは 1キロと200グラムだった。
一キロちょうど1ユーロだから 計算しやすい。

セロリは目に見える繊維がある。
繊維をとろう
と 声高に言われていた時
目に見えるような繊維はよくありません
とテレビで専門家が言っていた。
お通じがないときに 繊維と言って
たとえば セロリのようなものを食べると
腸の中で膨れて かえって出にくくなります。
と。

そしてここでまた ひとつ 映像がくわわる。
やせ細って セロリを食べ続ける女の 腹だけがみょうにふくれて
なんて 奇妙に醜い映像なんだろう。

そんな風景を見つめながら セロリを食べる。
口寂しい時に


e0061699_23591785.jpeg

セロリはスペイン語でapio。
カルロス大堤が 薬として 植えることを奨励した。
どういうタイプの薬だったかはわかりませんが
いまもお腹の調子が悪いときは
セロリとアボガドのサラダを食べるとよいそうです。


[PR]
トラックバックURL : http://cazorla.exblog.jp/tb/23141953
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
削除用パスワード
by cazorla | 2015-05-21 00:00 | スペイン 文化 言葉 | Trackback | Comments(0)