寂れた美容院


カソルラの旧市街地から離れると 少し寂しい地域になる。




e0061699_18245661.jpg

もともと城下の外は 今でこそ市内だが
工場地帯だった。
オリーブの工場あとや 小麦粉の工場あとが並ぶ。


e0061699_18243359.jpg

バブルの時代に ピソが立つ予定もあったのだろうが
売りそびれて
いや もっと値段があがると思っていたのだろう
売り渋っているうちに バブルがはじけた。
カソルラは こんな田舎のくせに 県庁所在地より 家の値段が高い。




e0061699_18235258.jpg


そして 寂れた地域に忘れ去られたような 美容院がある。
自宅兼用かもしれない。
どちらにしても 賃貸ではないので テナントにお金を出す必要もなく
多分 固定資産税も低いので
そこそこ やっていけるのだ。
顧客もオーナーも かなりの歳で
どちらが 先に逝くかわからない。

ここは一応 看板というか
日よけに 店の名前がある。
たまに 店の名前さえのせない 自宅解放の美容院もある。
もぐりで 税金を払わない。
そのくせ 村人たちは どこに美容院があるかよく知っている。



e0061699_18230392.jpg




[PR]
トラックバックURL : http://cazorla.exblog.jp/tb/23244070
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
削除用パスワード
by cazorla | 2015-06-09 18:37 | カソルラ | Trackback | Comments(0)