母のことを書いてから。

母のこと
書いたことで気持ちが すっきりしたのか
不思議に 書いた後 母の状態がよくなりました。
読んでくださった方 コメントをくださった方 どうもありがとうございます。

ご飯を作らなくなっていた母が 料理を始めました。
食べたいものを作って食べる というのは人間の基本だと思います。
それが一番の幸せ。
私も 腎臓を悪くして 十代のときに かなり長い間 病院生活を送っていたのですが
与えられたものを食べるだけの生活って
手足をもぎ取られたような 感じがします。
はたから見れば それは楽チンな生活だとしても。

老人ホームの 一番 困った点は 自分で作ったご飯が食べられないこと。
十代で入院してる時 癌の患者さんで 髪の毛も無くなった 40代の女性が
なにがつらいって 自分で作ったものが 食べられないことよ
髪の毛ないのは 悲しいけど 一つだけ 願いが叶うなら
自分で作ったものを 食べたいなー
いつか ここを出て 食べられるかなー
と言っていました。
そういうものなのかな 
確かに私自身は 母の作ったものがいいな とは思っていたけれど。

台所に立つ
というのは 長いこと 専業主婦をしていた人の 存在理由みたいなものなのかもしれません。

だから 母は 私の作ったものを食べていても
実は その多くは母から受け継いだ味であっても
やはり 自分で作ったものを 食べる
そのことで 自分の存在理由を確認しているのかもしれません。

そして いまは また ご飯を作って
一皿だけ 私の持って行ったものを付け加えて
満足して 生活しています。

私もまた むりせず こんなに一所懸命やってるんだ なんて
思わないで ゆったりと できることを 
自分がしたいからする
という スタンスで 接していこうと思います。

e0061699_23004916.jpg


スペインに来る前に 母はパスポートを作りました。
母は5年のでいいと言ったのですが もちろん 更新がめんどうなんで 10年にしました。
7月5日までに更新です。
ああ もう 10年も経ってしまったんだなと 感慨しきり。
今回も 領事から 10年のでよいですね と確認の電話がありました。
もちろん 10年でお願いします。
そして 次回も 10年。

次の水曜日にマドリッドに行きます。
母のパスポートの更新のために。



[PR]
トラックバックURL : http://cazorla.exblog.jp/tb/23267780
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by germanmed at 2015-06-14 05:24
そうかー、作りたいが故の苛立ちだったのですね。糸がほぐれて、よかった、よかった。
私自身は作ってもらうごはんが一番好きなので(あ、でも家のごはん限定)、「そうかー!」と目から鱗でした。
こうして悩んだり考えたりしてくれるcazorlaさんのところに来られて、お母さんはきっと幸せ。そりゃ、異国ですから色々ありますけれど、でもやっぱり最善の選択だったと私は思います(で、羨ましい)。
Commented by organicfarmvlc at 2015-06-14 19:51
ズボラな私は「食べなくてもいいから作りたくない」と思うことが良くあるのですが、自分で好きなものを作って食べるのはいいなぁと思う今日この頃です。
そして、幸せなことなんだと、この記事で気づかせてもらいました。
先週の木曜日から娘が帰って来ていて、自分なりに美味しいものを沢山作っています。今日、帰っちゃうのでまた手抜きにならないようにしなくっちゃ。
自分で自分のことが出来たり、自分が価値のある存在だって感じることって大切ですね! お母さんは居るだけで「価値がある存在」なんですけどね。それだけでは納得できないのでしょう。お母さんの美味しいご飯、ご馳走になりたいな。
Commented by liebe at 2015-06-14 21:57 x
私も時々、台所に立ちながら思います。今はまだ娘が同居していて、一緒に食事をするから作るけれど、これでもしも毎日毎日、朝目覚めても独りで、珈琲も自分の分だけいれて、食事も独り分で。いただきますって独りの空間に向かって言う毎日が続くとしたら、私は料理を楽しめるのかな…って。作らないかも。高齢で、しかも独りで料理を続けているって、実は強い精神力がいるかもって思ったりします。
Commented by cazorla at 2015-06-15 05:09
> しろくませんせい

先日 パスポートの更新で書類に書いてもらったんですよ。その時に ちょっとうまい具合にローマ字が 角の中に入らないとか 署名が 各所でちがうとか 緊張して書くと手が震えて 変な字になるとか。 そういうストレスもあったみたいです。 

自分で いじわるだったって今反省してる。 わかっているけど やってしまったり
いらついたり 半分は わからなくなっていたり 複雑なんですね。

もし連れてきていなかったらもっと後悔してるとおもいます。

また アドバイス よろしくお願いします。

Commented by cazorla at 2015-06-15 05:14
> organicfarmvlcさん

母はだいたい戦時中に大きくなった人なんで 洒落た料理ができたり おもてなしが上手だったりというタイプでは全然ないけれど やっぱり 好きにしていたいんですね。
引っ越してすぐのときは よく 『乞食とひとり暮らしは三日やったらやめられない』と
言っていました。好きな時に好きな物を食べて ベッドで食べていてもいいし と。
だからその気楽さと自由な感じが薄れてきて いやだったんですね。

中学の時 母の作るお弁当はほかの若いおかあさんの作るのに比べるととても地味で
植木屋のおじさんが持っているようなお弁当。
タコの形のウィンナーもなし。
でも おいしくて 同級生の男の子が摘みに来てました。
Commented by cazorla at 2015-06-15 05:17
> liebeさん

私も文章書くの好きだからブログをしてるんですが 誰かが読んでくれている というのがはげみなんです。 でも 母は毎日 長い日記を書いてるんです。 自分のためだけ。 そういうのって やっぱり 自分のごはんを作る にも通じてるんでしょうね。 
たしかに 弱そうに見えて 強い精神力なのかもしれません。
Commented by アンジー at 2015-06-16 05:26 x
☆ おはようございます ☆

やはり 文字の力? 言葉の力? って すごいな ♪ って 思いましたね~ 改めて ♪


cazorlaさんが お母さまのこと 書かれて…
みなさんの いっぱいの コメントが 集まり… 気分も 多少落ち着かれ すっきり され ひとまず… よかったですね♪

私も 皆さんのコメント読ませていただいて… なるほど と 勉強させて いただいた 気に なっています この 素敵な ブログ って ツールには いーっぱいの 親切な 心強い コメンテーター!?さんが 後ろに ついてる なんて 思うと… 心も 少しは 軽く ♪ なるのでは ないでしょうか

どうぞ 明るい光明が 見えてきますように
Commented at 2015-06-18 09:49
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by cazorla at 2015-06-20 05:53
> アンジーさん

こんばんは。 

不思議に落ち着いて なんでも喜ぶようになって。
ただ ちょっと現実と夢がゴチャゴチャになって
電気ケトルが 壊れたと思い込んで使ってなかったり。
夢のなかで 一部が取れて 私に渡したって言ってるんだけど

それでも とにかく 明日は誕生日です。
ありがとうございました。
Commented by cazorla at 2015-06-20 05:55
> 鍵コメさん

ありがとうございます。
私も余裕がなかったんですね。
疲れていたし。
ほんと 家族って 問題が次からつぎから
でも 基本的なところで 幸せなんだから 文句を言ったらいけないですよね。

名前
URL
削除用パスワード
by cazorla | 2015-06-13 23:08 | 思うこと | Trackback | Comments(10)

あなたに会いたくて・・・・


by cazorla