新しい家族

一人目を出産した病院で 赤ちゃんの入浴を習ったとき
最初にしては随分 上手ですね と言われたので
はい 犬を飼っていましたから
と答えて顰蹙を受けた。
ちょっと 怒らせたようだった。
でも 今でも わたしはその答えが間違っていたとは思わない。
犬を入浴させるのと 赤ん坊を入浴させるのは 基本的には同じスキルを要する。


長女のマリアが コルドバで学生生活を始めたのが去年の9月。
ときどき Facebookを覗くと 友達やコンサート(娘はフルート科の学生)のことを載せている。
ある日 たぶん 一月くらいだったと思うけど
突然 ベッドに寝ている 犬を発見。
犬なんて飼ってだいじょうぶのの ときくと
みんな買ってると言う。
もちろん 大家さんには内緒。
つまるところ われらが小さいときに 縁の下で秘密で犬を飼っていた
あの状態。

うちでは絶対に飼いませんからね。
ほんとうに 二年生が始まってから 新しいピソでも
飼って大丈夫なの
と何度も聞く。

二ヶ月の間にすっかり 末っ子とも仲良しになっていたが
一応 お約束なので コルドバにもどる。
荷物も多いので 夫が車で 連れて行く。


e0061699_01040975.jpg

なんかちょっとさびしいね
などと思っていたら 次の日 早速電話。
同居人のパパもどうも やばいのではないかと言うし
どうも 今年は 無理のよう。
そういうわけで
次の日 またまた コルドバへ 迎えに行く。

犬一匹のために親は大忙しである。

犬を飼うというのは 犬の一生を 受け取ること。
彼女はもうすぐ二十歳になるというのに まだまだ 8歳の子供が 縁の下で隠れている
その時代のまま。
その日はでょうどトイレの不具合を直しに大家さんの娘婿氏がやってくるかもしれないので
ちゃんと見つからないようにと指示をする。

コルドバのピソにつくと 犬のみかんは
物置に入れられていた。
かわいそうに。

みかんはもともと動物愛護団体から貰い受けた犬。
捨てられた犬の宿命で 飼い主の言うことは絶対服従で
物置に入れられて 全く声も出さず 隠れていた模様。

犬を飼うというのは 小さなときに世話をして
そして 死んでいくまで しっかり一緒にいること。
10年20年 彼らにやすらぎを与えられる状態にならない限り 
そんなに簡単に貰い受けてはいけない。
飼えなくなったら 友達の農場に持って行こうと思っていたと言う。
あそこなら 犬がいっぱいいて楽しいと言う。
でもね あなたに嫌われてそこに行くのだと思ったらかわいそうじゃない?

とにかく わたしの同居人が増えました。


e0061699_00571680.jpg




[PR]
トラックバックURL : http://cazorla.exblog.jp/tb/23661361
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by おーやま at 2015-09-11 22:10 x
じつは うれしいんじゃない? かそるらさん。

うちね、半飼い猫のしまじろうが消えちゃって
喪失感が漂ってたの。
そこに 夫が待ってましたと 犬を飼いたいと提案。

保護団体から買う(こっちでは無料だとお気軽にもらう人がいるせいか100〜200ユーロします)
でも もらいうけたら 子どもと同じで日々の世話は私担当。
長い期間で責任もあるしね。

ちょっと考えさせて
といってあります。

でも かわいいよね。動物。

夫は ぶつぶつ。
Commented by cazorla at 2015-09-11 22:27
> おーやまさん

わたし 犬に関しては面食いなのと言いながら
実はすごいかわいがってる。
いい子だよ。 一度 捨てられた子って わかるんだね きっと。
だから 無駄吠えもしないし 人と一緒にいるのが好きだし
一度 解凍中の牛肉500gを一気食いした以外は 悪いことしたことないし。

たしかに うちのおじも 犬はただでやちゃあダメって言ってた。
スペイン人 愛が濃いから 一応問題ないかもしれないけど。
この間 動物愛護団体が 世話をしない人から取り返したってニュースが出てたから
最初はちょっとチェックがはいるのかもしれない。

動物愛護団体から 引き取った15匹の猫を殺した人が懲役三年ってニュース見た?(日本のニュース)
Commented by hanaco at 2015-09-12 01:30 x
いいですね。新しい家族。
うちには、5年前にインコが一羽やって来て、今、卵管が腫れていて、おそらく腫瘍があって、具合が悪いのです。わずか何十グラムという命だけれど、尊い命だという事を、ムスメたちに理解してほしいなと思っています。愛玩動物は、確実に、人間よりも短い命で、私たちを癒してくれるのだけれど、その命の大切さとかありがたさとかそういうことを、わかるようになってほしいなと。今は、毎日、好きな餌(小松菜とか青梗菜とか)を手に乗せてあげて、しばらく遊んだらほんの一滴お薬を飲ませています。限りある命だから大切にしてあげてねと、獣医の先生にも言われて、少しずつ理解してきているのかな、と思いますが。
Commented by cazorla at 2015-09-12 03:43
> hanacoさん

そうやって理解していけるんですよね。 昔なら 社会がもっと親密で
死とか 別れとか そういうことがもっと具体的で
動物を飼うにしても ある程度の年齢になったら そこにある責任もわかっていたはずだけど
19歳にして これですから。 別れるにあたっては 泣きじゃくってました。
8歳の女の子のように。 以前に飼っていた犬が 取られてしまってそのままになったのがよくなかったのかもしれないです。 それっきり 飼う気になれなかったから。
でも インコちゃんもそうやってみてもらって幸せ。
名前
URL
削除用パスワード
by cazorla | 2015-09-11 01:15 | こども | Trackback | Comments(4)

あなたに会いたくて・・・・


by cazorla