ファッション注意報

スペインは だいたい女の子ならピアスしてる。
生まれてまもなく ピアスをする。
習慣です。
お肌のために  この最初のピアスは 24金。
うちの子は 日本でうまれたので していなかった。
いや スペインでもしてなかったかも。
ま 大人になってしたければすればよいと思っていたから。
だから よく 男の子に間違えられた。
ただそれだけのことで。
ま たしかに 男の子でも髪の毛さらさらで かわいくってピンクを着ていたりするから
間違えられてもべつにいいんだけど。
おまけにうちの娘は わたしの趣味で かなり長い間ショートカットだった。
顔のちっちゃい子って 髪が短いの かわいいですよね。
わたしは長いけど。 だって 顔ちいさくないし。。。
でも 娘は ある日突然髪を伸ばし始めた。

親が望むのと正反対のことをする。
これは 2000年の歴史を持つ風習です。
先日 長女と同じコンセルバトリオに行ってる男の子に会った。
タラゴナ出身の一人っ子。
お母さんが亡くなって お母さんの遺産のアパートを貸して
そのお金だ生活している。
おとうさんは 公務員でものすごく普通の人。
ふたりとも 細かいところを見なければ ほんとに絵に描いたような親子。
細かいところ。
それは彼の鼻。
いったいぜんたい このふつうの男の子がこんなことする
というのが ティーンエイジャーなんですね。
アドレセンテ と スペイン語ではいいます。

e0061699_18533172.jpg

適当な写真が見つからなかったので かなり不適切なことばが入ってますがゆるしてください。

コンセルバトリオは クラシック音楽を学ぶところですから
オランダ人の先生は毎日メールを送っている。
『牛ですか?人間ですか? フルート奏者なら その輪っかをはずしなさい。』
こういうことに 理解をしめすのは 意外なことに オランダ人よりスペイン人。
オランダ人のイメージは 自由にマリファナを吸っている。
でも そう
クラシック音楽家は クラシック音楽家。


それでも彼は 頑なに輪っかをくっつけて生活していた、

ところが わっかをつけてほぼ一年になろうとしている 先週
いきなり胸に痰がいっぱいたまって 呼吸困難になり倒れた。
喘息みたいな症状だったらしいけど 喘息もない。
アレルギーもいままで なかった。
でも 医師は 輪っかをはずすことを勧めた。
ほかに理由らしいものもないし
一年間 ずっと体にくっつけてきたから アレルギーが出た可能性がある。
はずして様子をみましょう ということ。

やっぱり 異物を体につけるのは よくないようだ。

第一 彼はほんとうに 似合わなかった。




[PR]
トラックバックURL : http://cazorla.exblog.jp/tb/23704225
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by アンジー at 2015-09-23 21:23 x
☆ こんばんは~☆

鼻に あれ! は… ちと よろしくないんじゃないかな~
ほんと 牛や 馬じゃあるまいし(≧ε≦)

私自身 耳にもピアス 開けてないし…
今の ところ メスも 入ってないです

今は 似合ってるか どうか微妙だけど 髪は かなりショート 裾は 刈り上げ!気味 ♪ シャンプーも 楽ちん なんて 喜んでると…

お年頃なもんで… 刈り上げ部分から しろーく! あっちゃーー
( 爆 )

ロングを カラーされてるのかな? まさかまさか地毛!??
Commented by cazorla at 2015-09-24 02:22
> アンジーさん

でしょ? でも 批判すると ばばあ扱いされるから 言わなかったけど
やっぱり 人間だからねー 少しずつ問題出てきますね。 で
取るみたいだから 内心よかった って思った。
お父さんもきっとよかったって思ってる。
なんせ お母さんの遺産で生活してるから そんなもんつけたら仕送りやめるぞー
とも言えないし。
メスはいってないですか? いいですね。 メスはいると多かれ少なかれ
影響出てきます。 わたし盲腸と一度帝王切開。帝王切開は 失敗で 数ヶ月出血して
慶応大学病院に通わなければなりませんでした。

髪ね 地毛です。 一時染めていたのですが 
年をとると明るい色にしたほうがよいという雑誌のアドバイス鵜呑みにして
でも もどしました。 
真っ黒ではないです。
長い方が 分け目を変えれば 白髪見えません。
でも少し増えつつあるからどうしたもんかなーとはちょっと考えていますが。
美容院は十代のころは 行ってたけど その後 6回くらいしか行ってないので
染めるのは自分で となると面倒かなーと 思案中です。

Commented by kind1959 at 2015-09-24 20:14 x
義理の妹、うちの奥さんの妹よね、
それが、子宮の病気になって腹を切ることになったのが、
もう10年くらい前だったでしょうか。
妹は手術を嫌がるんだけれど、その理由をじっくり尋ねたところ、
「ヘソのピアスが出来なくなるなら手術はいや!」だって、もちろんアタシは見たこと無いよ。で、その話を聞いた医者は大笑いで、内視鏡手術だからそれは無いですよって応えたんだそうな。そうしたら、妹は安心して治療を受けたんです。
その妹も今じゃ2児の母、なんだかねー、ま、身体に穴をあけたり、入れ墨と言う傷をつけるのは、精神的に何か満たされていないからだと精神科医は分析するらしいですが、さて、それは周辺の文化に酔って異なるとも感じる今日ここのブログでした。とりとめの無い話ですみません、じゃまた。
Commented by cazorla at 2015-09-26 00:15
> kind1959さん

何年か前 ものすごく若い芥川賞作家が出て (女の子) 蛇の舌でしたっけ? みたされないなにか みたいな記事がけっこうありましたね。
やっぱり 満たされないというか 簡単に他の人とは違うんだって 見せやすいし
かっこいいって簡単に思われそうとか
おへそのピアス。。 おへそをあんまりさわちゃいけません って言われて育ったので
たまに見ると怖くなります。 おへそにボタンつけてる子見て あの 漫画 ロボットのヘソを押すと自分とそっくりの身代わりができるっていうの あったじゃないですか? あれを思い出しました。 ピアスは 小さい真珠をかわいくつけられるなーと かつていしだあゆみを見て(古いです。すみません) 思いました。 
でもできれば切らないほうがいいですね。 一人目帝王切開でしたが やっぱり自然分娩のほうが 出たあとも楽。 できれば ですが。 


そうそう 脚の悪い友人は 金属を腿の中に入れているのですが 出産の旅に開けて取り替えなくてはなりません。それでも 二人産みました。 すごいな と尊敬してます。
Commented by cazorla at 2015-09-26 01:17
> kind1959さん

すみません。もう一度 ブログのパスワードを教えてください。
マックに覚えさせてんだけど 動きが悪かったので先日メンテナンスしたら
消えてしまいました。 お願いします。
Commented at 2015-09-27 04:48 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by cazorla at 2015-09-27 22:04
> 鍵コメさん

ありがとうございます。
今回はちゃんとメモします。
あとで伺います。
名前
URL
削除用パスワード
by cazorla | 2015-09-23 19:09 | スペイン若者 | Trackback | Comments(7)