「ほっ」と。キャンペーン

プート チノ

地域によって ある物事の持つ意味合いが変わる。
それが持つ価値とか。
そういうもの。
サッカーとバスケットボール。
アメリカ合衆国では バスケは 貧しい地域にも あのカゴがぶら下がっていれば出来るスポーツ。
女子サッカーなんかは どちらかといえば 中流子女のスポーツ。
『トラベリング パンツ』という 心温まる合衆国の小説の主人公の一人が 女子サッカーをしていた。
でも スペインでは バスケの方が セニョリートのスポーツ。
それでも どこの町にも サッカー部がある。
それは 学校に属してるのではなく 自治体に属している。
カソルラは コマルカ(この山村地方全体)の中心の町であるから
ほんの少し 気取って バスケットに力を入れている。
だから サッカーには あまり経費を割いてない。
コーチも 特に資格を持ってるかどうか どうでもよくて
少ない給料で 我慢してくれる人なら 誰でも良い。
そのせいか 雰囲気があまりよくない。
ちゃんと 見てないから 元気な子供達の好きなように 勝手にチームが運営されていく。
うちの息子たちは 成長が他の子供より遅い方だったので 小学校低学年の時は 苦労した。
ピアノをしてるから ゴールキーパーは絶対 してはいけないのに 無理強いされたり
いじめられたりして 泣きながら帰ってきていた。
だから 車で20分の隣の村のサッカーチームに入れた。
隣村は 観光も何もない普通の農村。
だから ごく普通に サッカーが 一番大事な スポーツで
コーチも ちゃんとした人がいて きちんと トレーニングしてくれる。
そうやって もう7年くらい。
それが原因で カソルラの学校でいじめられることもあったけど
すっかり 大きくなったから 『直接』のいじめはなくなった。

先日 息子たちがプレイしている トゥヒアと カソルラの試合があった。
4対0で 息子たちが勝った。
夜 夫がいない時に カソルラの子たちが ドアをガンガンと叩いて

プート チノ と叫んで 行ってしまった。

プートというのは 相手を侮蔑する時に使う言葉。
プータが 売女で その男性型である。
チノは 中国人。
典型的な 罵倒である。

もしかしたら チームの子ではないのかもしれない。
そうやって つるんで 同じ目的
同じ笑い
同じ文脈でつながっていることに 心地よさを感じているのだと思う。

多くを語る言葉を持たない人たちのつながり。

ただ 誰かを 誰かと一緒に攻撃したい という気持ちがそこにあるだけだ。
それは 差別ですらない。


e0061699_08025350.jpg

[PR]
トラックバックURL : http://cazorla.exblog.jp/tb/23945818
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by liebe at 2015-12-10 10:19 x
なんだか、ネット社会に巣くう闇的な感じね。
異国に生きるって、強くなるしかないんでしょうね。我が子が虐めにあうって苦しいですよ。
あぁ…でも「同じ目的、同じ笑い、同じ文脈」に「同じ服装、同じ価値観、同じ思考」を足したら、私の回りにたくさんいるf^_^;
私が他人と外見も中身も、全く合わせないからって娘まで虐めにあいました。噂話も悪口も加わらないからってね(笑)
Commented by cazorla at 2015-12-10 19:10
> liebeさん

私も 26万人の町だから ど田舎ではないけれど
両親が 他の地域の人で 言葉も違う。
違うとはいえ 同じ日本語(笑)
でも 笑われて いじめられました。
母が 結構特殊なものの考え方をする人だった というのもあります。
だから liebeさんのお嬢さんと かなり近い立場? でもねー 似たようなお母さんじゃなくてよかった と思ってます。 
アエラという雑誌で ハーフ特集みたいなのがあって いじめにあった話で 最初は見た目でいじめられてると思ったけど 結局 同じような考え方をしたらいじめがなくなった って。 みんな いじめられないように 同じようにしようと努力するんだけど それをしない人がいると目障りになるのかな と思います。
過ぎ去ってみると それは なんとかなるものなんだってわかるけど
そこにいるときは 特に まだ 十代だったりすると この苦しさが 永遠に感じますね。
そして そこから 出ていくことができない そう思ってしまう。
Commented by おーやま at 2015-12-10 21:27 x
スペインの人って、西洋人の割に集団意識が強い気もする。
前、かそるらさんも言っていたけど、仮装するとき、ひとりでやらないって。
みんなでテーマ決めてチームで仮装してみんなで練り歩くって。
ちがった?

私が見た事あるのは、スペインで結婚前のガールズパーティーの集団がtossa de mar にいて、和風の仮装だったからよく覚えてるけど 笑 もちろん大勢でつるんでた。バカンス中で観光客もいっぱいいたけど、彼女達は大勢になってる人たち特有の、傍若無人さがあった。

パンプローナでの年越しもみんな仮装して繰り出すんだけど
特に若い子はみんなチームだった。

フランスと違う空気をそのとき感じたな。なんとなくだけど。

ところで うちのこスペイン語ほとんどはなせないけど、
カタプタレチェ! みたいなこと言ってたよ。
スペイン人のゲーム解説見ててひろったらしい。

悪口は早いね。
Commented by liebe at 2015-12-10 22:16 x
私の娘、私が再婚しなければ独りっ子だったからcazorlaさんとまるっきり同じね。変わり者の親を持つ苦労、分かり合えるかもしれませんね(笑)
私、絶対に死ぬまで変われないと思う。挨拶代わりに「ほ~んと私の娘って馬鹿で言うことは聞かないし嫌になるのよ~」って子供の前では言えませんから。思ってないですしね。皆を見ていて頭の中が「なぜ?なぜ?なんでいつも怒ってる?」でいっぱいです。
Commented by cazorla at 2015-12-13 04:52
> おーやまさん

うーん スペイン人が特にとは思ってないけど。
空気は違うと思うんだ。 ただ 海外で つるんでるのは どっちかというと
フランス人の方が多いと思うから それは 状況によると思う。
インドなんて インド人が フランス人って個人主義じゃなかったっけって笑ってた。日本にいる外国人の中では スペイン人が一番つるまない。 あの人たち 根が暗いし。
いじめも 実は スペインは一番少ないと思う。

みんなでテーマっていうのは それで 賞もらったりするから
どこの国でも ティーンエイジャーはつるむけど
でも スペインは 10時過ぎにその辺歩いていても 捕まらないし
自由にさせてるから つるんじゃうんじゃないかな。
時代もあると思う。
今 自由とか平等とか そういう時代になってるから。
75年にフランコが死んで それから近代化が始まったから 今 一番悪い時期ではあると思います。

Commented by cazorla at 2015-12-13 04:58
> liebeさん

うちの母と同じ。 バカでなんて絶対言わない。 自慢してるようにも聞こえるようなこと 平気で言う。 でも 結局 嘘をつかない親っていうのは そして 他の親と違うっていうのは ちょっと 自慢してもいいかな と思います。
だから 年取って たまに 直球で こっちが傷つくんだけど
かけがいない人って思えます。
Commented by おーやま at 2015-12-14 22:47 x
スペイン人は明るくて陽気という外向けのイメージだけど
反面 暗そうだって
常々 私も感じてた。
なんでかそるらさんは、そう思った?
Commented by cazorla at 2015-12-15 05:24
> おーやまさん

一番は 文学と映画。 暗い。 フラメンコも 結構 暗い文化だと思う。
だいたい 人が暗い。
エンリケも おもろいおっさんである反面 やっぱりくらい。
光と影って 暗さがないと 出てこない発想だよね。

映画は 本当 くらいよ。 スペイン映画祭なるものに行っていた 80年台後半。

おたくがポジティブな意味で使われる国だしね。 笑
Commented by おーやま at 2015-12-17 23:20 x
文学と映画ねー。 私はアルモドバぐらいしかスペイン映画見た事ないからな。

All about my motherって やっぱり暗い部類なのかなあ。力強い要素もあるけど。

文学は接点ないし。

私は フラメンコの音が 悲しげでそれが受け入れられている国だから
そういう面があるのかなって漠然と感じてた。
スペイン人とは違う民族の文化ではありますが。

ところで スペインのクリスマスソングってどんなって質問したら
夫が聞かせてくれて。

キリスト教風というより フラメンコ風で肝を抜かれました。

Commented by cazorla at 2015-12-18 07:43
> おーやまさん

アルモドバルは 明るい。 
みょうに 文学的な映画が結構あるんだよね。
音楽は イギリスあたりが 明るい気がする。
どうでしょう。 

そのクリスマスソングって一体 なんだろう。
聞きたい。
Commented by おーやま at 2015-12-20 01:34 x
その歌、確認したら
♫アンデアンデアンデ ラマリ モレーナ。
普通バージョンとフランコバージョンがあって、後者を聞かせてくれたみたい。

アルモドバルは明るいんですね 笑
Commented by cazorla at 2015-12-20 20:12
> おーやまさん

なーるほど あとで エンリケにきいてみよう。
歌えるかな?
名前
URL
削除用パスワード
by cazorla | 2015-12-10 08:03 | カソルラ | Trackback | Comments(12)

あなたに会いたくて・・・・


by cazorla