世界とつながる  〜母といっしょに

歩いていると 私より 少し先に 中年の男性の背中が見える。
家から 年をとった女性が顔を覗かせる。

『あの 今 何時ですか?』

家から出てする質問としては ちょっと変なので
男性は スタスタと歩き続ける。

『すいません、
あのー 今 何時ですか?』

家の中に時計がないのだろうか。

男性がやっと 答える。

『えっと 三時 十五分だよ。』

『ああ ありがとう。 三時十五分ですね。
四時に 孫が来るんですよ』

女性は一度 中に引っ込む。

しかし 私が 前を通りかかると また 顔を覗かせて
質問する。

『あのー 今 何時ですか?』

二分も経っていないと思う。
それでも答える。

『えっと 三時 十五分をちょっと過ぎたところです。』
『ああ ありがとう。
いえね 四時に 孫が来るんです。』
『お孫さん おいくつ?』
『12歳と9歳。
私に何か持ってきてくれるみたいなんですよ』
『そう それは よかった。
素敵な午後をお過ごしくださいね。』

時間を訊く。
それが 世界と結びつくただ一つの共通点のように。

母が 夏頃から よく 日付をきいてきていた。
今日は なんにち?
今日は 何曜日?

時として 朝 教えたばかりなのに
お昼にもう一度聞く。
夜にまた聞く。

カレンダーの日付を消す。

ああ 間違えて 明日のを消しちゃった。

ええっと 今日はなんにち?

それが 世界との ただ一つの共通の話題ででもあるかのように。

それは きっと 今にも その話題が途切れたら もう世界と結び付けない
そんな 危険を持っていたのかもしれない。
ほんの少し 気をつけてあげるべきだったかもしれない。
危うくて あやうくて
うまく バランスを取れなかったのかもしれない。
転ぶ可能性は そういうところに隠されていた。

秋の終わりに 朝顔の種を取ってきた。
12年前 この村に朝顔はなかった。
10年前 初めて 朝顔を見た。
毎年 少しずつ 増えてきた。
9月の新学期に忙しくて 種を 取り損ねていた。
でも 昨年は しっかり 待って 取った。

母のところに持って行って 来年 一緒に植えようね と言った。
小さな ガラスの瓶に入れて 大事に 植えられる日を待っている。

小学校の夏休みのように 朝顔の成長絵日記を書くのもいいかもしれない。

e0061699_03115715.jpg




[PR]
トラックバックURL : http://cazorla.exblog.jp/tb/24082543
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by sakura-saku-tiru at 2016-01-26 15:47
おかあさま、快復されているのですね。
良かったです。

妹一家と暮らしている実母が、まだ78なのに、はやく死にたいとしきりにいう。体の不自由もなく、深刻な病気もないのに、たぷんこの先をどう生きるか、見失っているのだと思う。

春になったら、朝顔の種をまく、それが生きていくということだと思いました。

面倒がらず、母の愚痴を聞いてあげましょう。
Commented by mimizu-clone at 2016-01-26 22:18
「もうすぐ4時ですよ」って応えてあげられるような人間になりたいと、ふと思いました。
Commented by anohiwa at 2016-01-27 17:48
母は、いつも、今日は何日、何曜日?
と、そういえばあの頃聞かれてた。
今は、それすらも聞かなくなっている。
私の事も分からない様子。

カソルラさん、お母さまの傍にいてあげてね ^^)
早くお元気になって、一緒にお散歩が出来るようになると良いですね。
Commented by Mehreenkhan at 2016-01-29 11:41
気遣い・・って通り過ぎてから気づくことが多いかも。ああすればよかった。もうちょっと声かけてあげればよかった。って。でも、今からでも遅くはないですよね。
Commented by cazorla at 2016-01-29 20:17
> sakura-saku-tiruさん

私には3人伯母がいるのですが
一番 幸せだったのは やっぱり 一人を通した 三番目の伯母。
40で離婚して その後 3人の子供を育て 自分の年金で 生活してた。
85過ぎてから 自分で探した施設に入ってました。
80の時に 70の人にナンパされたのを 嬉しそうに電話で話してきたり。
やっぱり 自分が何をしたいかですね。

母は 今 やっぱり 見失いそうになってます。
ボーーッとここまで来てしまって 特別に 趣味があるわけではなく
本が好きだから いっぱい本を読んでたけど
動かないでぼーっとしてると 読む気力も薄れるみたい。
今日は 少し 歩く練習をしました。
このまま 寝たきりになって 気力がなくなってしまったらどうしよう。

今 シクラメンが花盛りで 鉢植えを買ってから 3年め。
朝顔をもう直ぐ育てる。
生きてる者たちの命を感じてくれたらなーって思います。


Commented by cazorla at 2016-01-29 20:22
>ミミズさん

時として 外の
つまり 家族外の人には こんなに優しくできるのに
って 外面の良さに うんざりすることもあります。
もっと 自分の母親に優しくなろうって。
ああ もっと色々してあげればよかった、
まだ遅くないけど ね。

Commented by cazorla at 2016-01-29 20:23
> anohiwaさん

ありがとうございます。
そうですね。
早く 外に出てもいいかな って気持ちになってくれるといいな。
車椅子でもなんでもいいから
気持ちが 外に向かって行ってほしい。
Commented by cazorla at 2016-01-29 20:29
> Mehreenkhanさん

どんなことも 遅すぎることはきっとないですよね。
私も ああすればよかった の思いが いっぱい。
ゆっくり 歩かなくてはいけませんね。
Commented by アンジー at 2016-01-30 04:59 x
☆ おはようございます ☆

若い頃は こんなに 早くに目が覚めなかったのに… なんて 思いつつ… ぐっすり 睡眠むさぼるのも 体力が 要るようですね


朝顔の タネ 早く蒔けると いいですね♪ 芽が 出てくる様子は ひとを 励ましてくれますものね~
私は 今だと 薔薇の ちっちゃい赤い新芽に 励まされている気が していますよ~
おせっかいですが… 一日一曲 歌うのも すっごく 良いことらしい! ですよ ♪ よければ 試してくださいな 私は ちなみに… 翼をください ♪ を 徳永英明さんと 一緒に 歌っていますよ (笑) 中学の時の合宿コンクールの 思い出の曲でもあります ♪

お母さんとの ひとときが 楽しいものと なりますように
Commented by kind1959 at 2016-01-30 21:03 x
時間はいつも正しく、平等だと思いたいねー。

そして時は親切な友達、というと、
荒井由美だなぁー。
Commented by おーやま at 2016-02-01 02:20 x
世界と繋がる やはり 年を取ると、知り合いにも先立たれ
世界と繋がりにくくなっていく....

お向かいさんの60代のおばさまは去年から未亡人。
近所との付き合いは皆無のようで、週一度の息子さん(二人のうちどちらか)
の訪問とたまに買い物に出かけるつつましい生活。

主人が亡くなってからどう生きるか 考えていなかった と。

亡くなったご主人は肺の病気で、おばさまは気丈にも家の事を切り盛りし
自宅で夫を看病していた。何年も。

まだ60代。なんだか もっと良く生きられるんじゃないかと考えてしまう。

それには 世界とどう繋がるかが鍵のように思う。

かそるらさんのお母さんも 外の自然なんかに 心惹かれるようになるといいですね。

写真に撮っていた あんなにきれいなアーモンドの花が近くに咲いているんだから。


Commented by cazorla at 2016-02-02 01:53
> アンジーさん

母は 箱根の山は天下の なんたら をよく歌ってます。
私 最近 なぜか 童謡を歌ってます。
それも古いの。 赤い実を食べた って。
歌は 励まされますね。
自然も。
美しい絵も。
Commented by cazorla at 2016-02-02 01:55
> kind1959さん

もしかして 同世代なんですよね。

時間は平等なんですが やっぱり 平等でもないような気もするし。
どうでしょう。
Commented by cazorla at 2016-02-02 01:57
> おーやまさん

60代 なんて 私 ほぼ その世代。 そんなにつましく静かになれるのか。
カソルラ村に住んでる65歳の南アフリカの女性 ナンパしまくりだと聞いて
どんな人か見てみたいと。
いろいろですね。 どっちにもなりたくないけど。
未亡人ねー。 私 未亡人生活はやだなー。
息子達なんてあてにならないし。
パートナーがいるのが一番だと思います。
Commented by アンジー at 2016-02-02 12:25 x
☆ こんにちは~☆

介護ブログ… って フレーズで 思い出しました 先ほど 見ましたら 昨年の10月27日で 一応 終わられているようですが…
介護と薔薇とスピリチュアル って タイトルのブログがありました ♪ 私は 薔薇を 見せていただいていてんですが… 介護のことでも かなり参考に なりそうかな… なんて 思います ブログは まだ解放されているようなので… よければ 一度スペインより 帰国され ? お訪ねに なれば いかがでしょうか… おせっかいが 過ぎたら… 失礼でした ( ぺこり )

前は 介護と ではなく 101才と だったかな? お母さまの 年齢でした
Commented by cazorla at 2016-02-02 19:28
> アンジーさん

ありがとうございます。
探してみます。
バラの花も育ててる方なんですね。
101歳。。
そういえば昨年 吉行あぐりさん 107歳で亡くなられましたね。
99歳でも旅行に出て お元気でした。
Commented by cazorla at 2016-02-02 19:31
アンジーさん

見つけました。
素敵なブログ。
ありがとう。

じっくり読みます。
Commented by mimizu-clone at 2016-02-02 22:13
その後、いかがですか?
これくらいしかかける言葉を思いつきません。
Commented by cazorla at 2016-02-03 03:26
> ミミズさん

そちらこそ いかがですか。
一人っ子って 母親を独り占め っだけど
問題も独り占めだもんね。
名前
URL
削除用パスワード
by cazorla | 2016-01-26 03:15 | 思うこと | Trackback | Comments(19)

あなたに会いたくて・・・・


by cazorla