カソルラに来た8人のベルギー人と3人のアメリカ人

先週のフィンランド人に引き続き 今週は ベルギー人とアメリカ人のグループ。
ベルギー人とアメリカ人が 友達ってわけではなく それぞれが 狩猟エイジェンシーに頼んで ツアーを組んで きているわけです。
総勢 11人。
アメリカ人は カップルと一人の男性 合計 3人。
ベルギー人は8人。
それぞれ個人。

こういう 特殊な人たちで フィンランド人は 〇〇とか ベルギー人は ××とか
そういうことを言うのは 危険だとは 重々承知。
でもある側面は 見えるかなとも思ってます。

東京に住んでいた時は ハーフの子供を連れて ガイジンである夫と下落合界隈を散歩していると 同じようなカップルに声をかけられた。
同じよう と言っても あちらは 大抵 アメリカ人。
ヨーロッパの人って意外と 紹介もなしにいきなり声をかけてこないというか
なんとなく 何度か 見て チラッチラっと見たりして
なんとなく 子供同士が おもちゃを貸したりして
そのあとに 『たまにお見かけしますね』なんて 話し始める。
でも アメリカ人は 初めてでも たったと走ってきて
『ハーイ 僕 マイク』と オープンに話しかけてくる。
うちの夫はそういうのが結構 苦手なんだけど 合わせていた。
だいたい アメリカ人は (というか 日本人と結婚するタイプのアメリカ人といったほうがいいかも) 人当たりが良く 優しく ソフト。
そして 明るい。

そう 私のイメージするアメリカ人は 白い歯でニッコリする
英語学校のパンフレットのような人。

でも今回の アメリカ人は ベルギー人の明るさに押されていた。
ベルギー人。
ルーベンスとか そういう画家たちのイメージ。
そういう絵から 醸し出す雰囲気が ベルギーのイメージになっていたかもしれない。

ベルギー人 すんごく 明るいらしい。
到着するや ビールをガバガバ飲んで ジョークを飛ばして
大笑いしていたそうな。
一方 アメリカ人 カップルは ブラックカフェを少しだけ口にした後は 黙ってる。
アメリカ一人旅の男性はなにも飲まず じっとしている。

スペインまで わざわざ 狩りをしにくるタイプが たまたまそうなのか
この人たちが たまたまそうなのか。

とにかく ベルギー人が 明るく 面白かった というのが 収穫だったのは 
カマレロ(ウエイター)の弁。

ところで アメリカ といえば ディズニー ですよね?
で ディズニーの映画で なにが好きですか?
私 赤ちゃん時代 バンビの木のおもちゃ持っていました。
バンビは 車輪が付いていて 紐を持って よちよち歩いてました。
だから バンビが一番好き とも言えます。
末っ子は バンビは 『ママ』が死ぬから と一度見て
2度と見ようとしませんでした。 可愛いね。
バンビが好き という人 多いと思う。
でも ディズニーランドにバンビ館ってないですよね。
バンビは アンチ狩猟をテーマにしているから 
政治的理由で ディズニーランドから 消されてるっていうのを読んだんですが
本当?
最近 ニュートラルな スターバックスで 銃を持っての来店禁止になったという記事を読んで まず そもそも 銃を持ってコーヒーを飲むシチュエーションに驚かされたんですが そういうことが話題になるアメリカの狩猟状況ってどうなんだろうなと。
バンビって イタリア語のバンビーニから来てるんですよね、 きっと。
バンビの映画は ちょうど モンテッソーリ教育がアメリカに紹介された後だと
記憶してるんですが モンテッソリーとバンビの関係も 知りたいと 前々から思ってます。
バンビが 言葉を覚えるシーンが なんとなく モンテッソーリの学校の雰囲気みたいだと。

明るいベルギー人と静かなアメリカ人の3泊4日の狩猟の旅は どうなるんでしょう?

[PR]
トラックバックURL : http://cazorla.exblog.jp/tb/24120786
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by liebe at 2016-02-09 13:57 x
アメリカ人のイメージ、「ハーイ、僕、マイク」は笑えました。“カフェで英会話”を教えている男性、アメリカ訛りでまさにこんな感じだから。イメージはジムキャリーやトムクルーズ。車輪がついたバンビのおもちゃ、覚えてる(笑)同世代だもんね。バンビのお尻が可愛いと思ってた。バンビ、シカだよね。私の故郷の山には蝦夷シカが住んでるんだけど、お尻が違う。だから子供の頃はバンビはシカじゃない…って混乱してました(笑)
Commented by cazorla at 2016-02-09 20:18
> liebeさん

カソルラには 鹿のほか ガモと呼ばれる ヤギが住んでます。
http://www.aran-park.es/ficha-animal/Gamo/12
私には 鹿に見えるんですが ヤギだそうで 
そういう風に 同じものでも違ったり
違うのに 同じものに見えるもの
生物の分類って 見た目じゃないから 難しいですね。

はい 同世代。 娘くらいの年でも 同い年と ちょっと違う年では 話が全く合わないって言ってますから (あのくらいは一つでもすごい差)
このくらいの年(私たちの)になると 世間的には 10歳くらいの差を差とは呼ばなくなるんだけど 違いますよね。 ふんふん と頷く。

それぞれの国のイメージってありますよね。
ドイツ系ブラジル人が 全くサンバを踊るタイプではなく ブラジル人っていうとみんながヘーーーってびっくりされるのが嫌 って言ってた。
日本人 昔は 残酷 ってイメージが強かったらしい。
やっぱり サムライ映画の影響とか 第二次大戦のイメージとか。。。今は 漫画のイメージなんかで変わったのでしょうか?
Commented by おーやま at 2016-02-09 20:55 x
これは 私がコメントしなきゃね 笑
ベルギー人、フランス人より親しみやすいけど 特別明るい気は
してなかった。そのグループの性格、だろうね。
でも旅に出てビール飲んだら 楽しくなるのかも。
ベルギーの薄暗い冬から抜け出ただけで ハイになってる?
もしかして。
その説は じゅーぶん説得力あると思う。

私 はーい マイク的なコミュニケーションが好きなんだけど
これは一つポイントがある。
違う、と思った人は切れる強さがないと
面倒な事になります。

アメリカのフレンドリーさとラテン系のフレンドリーさって
たぶん違うんだろうね。

そうだ一人のフランス人男性、アメリカ長期滞在中
アメリカ的なつきあいが好きじゃなかったと。
英語は上手くパーティー慣れしててホストになったりできるし
会話上手そうな人。
奥さんはイギリス人。
Commented by cazorla at 2016-02-11 00:18
> おーやまさん

ふーむ ベルギー人はフランス人より親しみやすい。
日本に住むフランス人とか スペインに住むフランス人って
フランス以外住みたくないって思ってるフランス人とは 全く違うんでしょうね。
スペイン人だって この辺りに住んでたら 村から一歩も出たくない と思ってる人多いし
山の村の人は すごい閉鎖的。
友達になるのは 海岸地方出身の人たちばかりだものね。

でも そのハイになってるという説は 納得させられました。
そして ハイになったベルギー人を前に どうしようと思ってるアメリカ人。
状況によって 本当に 人って変わるし。
インドにいた時は やたら アメリカ人にすりすりされた。
君 日本人? って ニコニコしてくるんだ。
インド人濃いから。
おまけに イギリス英語はOKだけど アメリカンは、。。。。とか 見下したところがある。

Commented by おーやま at 2016-02-11 02:11 x
インド人濃いから 薄い日本人で中和して?

インドの人もプライドがありそう。
でもインドの人の英語がほんっとに癖があって
驚いた。

ドキュメントでフランスの山かスイスの山に行って
泊めてもらうんだけど、1時間もかからない海だか湖だか
行った事ないって!
なんで行かないの?って聞かれて
なんでだろうだって。

お察しします、かそるらさん。
Commented by cazorla at 2016-02-11 06:23
> おーやまさん

実は1990年にスペインを旅していた時も アメリカ人に擦り寄られた。
あの頃は スペイン人もっと濃かった。
スペイン語喋らなきゃ ダメ。 英語 わからへんもん という雰囲気。
で 大きなアメリカ人がおどおどしてた。
最近は スペインも変わって ウイスピークイングリッシュと 銀行の窓口にも書いてる。
そして あの頃は アメリカ人の団体旅行も(スペインでは)少なかったけど 今は 名札つけていっぱい来てます。 だから 日本人は アメリカ人に憧れてるよね ね オーラの人に会わなくなった。

そうそう 田舎の人って そう。 近くでも行かない。
アラビック様式の城が ちょっと険しいところにあるんだけど
一度は 行ってみたい と思うじゃない?
私たちは 友達が来るたびに そこに連れて行ってあげる。
いい散歩道でもあるし。 フーフー言いながら。
でも 大方のカソルラ人は え あんなところに行ったの? って
誰も行ったことないのです
Commented by おーやま at 2016-02-12 18:28 x
ええー、徒歩でも行ける距離!?

山の人の行動範囲って....笑
Commented by cazorla at 2016-02-12 20:13
> おーやまさん

何もしないのを 貴族的生活だと思ってるようで
子供達も 今は 薪を拾いに行ったりさせないで
じっと家で ゲームとかさせて 太らせてる。
スポーツって 都会の哲学なんだと ここにきて わかった。
全く 生産的ではない肉体労働。
Commented by おーやま at 2016-02-17 00:35 x
確かに。都会では体がなまってスポーツする。
田舎は肉体労働が日常だから、休む事が特別。
田植えした後に、ハイキング行きたくないね、確かに。
Commented by cazorla at 2016-02-17 17:37
> おーやまさん

スポーツなんて 空気のように存在するものだと思ってたけど
発明されたものなんですよね。
イギリスで。
居心地の良さ っていうのもイギリスだって。
イギリスが発祥の地になってるものがいっぱいある。
確か サッカーもそう? だよね。 スペイン語でも フットボールだから。
名前
URL
削除用パスワード
by cazorla | 2016-02-08 17:52 | カソルラ | Trackback | Comments(10)

あなたに会いたくて・・・・


by cazorla