理想の夫。

息子です。
ミックスの子供でもはっきり見えることそうでもない子といる。
長男は比較的日本人顔だったのだけれど それでも子供時代は髪の毛の色が薄くて
ええ ハーフでしょ?
ええっ 国際結婚ですかぁ
と 日本在住の時はよく聞かれた。
国際結婚って言葉
よく考えると変な言葉だと思う。


e0061699_00255349.jpg

スペイン語にはないことばだと思う。
前王様もギリシアのお姫様と結婚してたわけで 
皇室は 国際結婚が多い。
身分を限定しちゃうと 選択の範囲が狭まるから なんとなく国際結婚になる?
デンマークの王室には 中国人と結婚していた王子様がいたそうで
そのお子様は とても可愛いそうです。
オランダ?では アルゼンチン人と結婚した王子様がいる・・・んだよね。

国際結婚してよかったですかぁ と聞かれることがあるけど
私は 我が夫は最高の夫で 一緒になってよかったと思うけど
それが たまたま スペイン人だった
それだけのことだったと思う。

外国人と結婚するのは
やっぱり ある程度 男性経験を積んでから がいいと思います。
経験が多いと 男って だいたい こんなもんだなーって わかるから。
そう思います。

一人で 世界中 どこでも行ける人が
女でも男でも
いいと思います。
国籍関係なく。

それから その国の習慣。。。
スペインは だいたい 女性の実家に夫が行くというか
夫は ただひたすら 妻の母親にサービス サービス の国ですから
その点は よかったと思います。
母がこっちに来て 母にとってよかったかどうかはまた別の問題ですが
母を大事にしてくれるし
まず 私は 母の介護が第一で
夫の方の家族に関しては 彼の妹たちがする。

母 最近は 歩いてます。
少しずつ。







[PR]
トラックバックURL : http://cazorla.exblog.jp/tb/24164586
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by liebe at 2016-02-24 18:25 x
言われてみて、確かに国際結婚って変なん言葉ね。混血児とかいうのもあったよね。“理想の夫”かぁ…。そう公言できるような出逢いをしたかったなぁ。cazorlaさんの生きている世界は暖かくて癒やされます。お母様、歩いてるんですね。良かった。
Commented by cazorla at 2016-02-24 20:45
> liebeさん

実はこんな田舎町 いやんなっちゃうこともあります。
そもそも マドリッドで生活するのが嫌になった夫の提案。
田舎の牧歌的な状況を夢見て。 それは マドリッド育ちだから 素敵に見えたんだと思う。
私は 田舎の鬱陶しさ わかってるし それが スペインだと かなり濃い。
でも マドリッドで仕事するのが嫌になったんだったらしょうがないと一緒に来た。
いいこともあるし悪いことも。 でも やっぱり 夫との付き合いで まあ いいかと思ってる部分が多いです。彼も 田舎って 牧歌的なことだけじゃない って 2年目にわかって。
でも 近くにたまたまコンセルバトリオがあって 子供達は 楽器始められて よかったと思います。 こういうのって運命というか なんとなく こういうことになってたんだな と思う。
長男がピアノ始めたのも 夫の祖父がピアノが上手くて ピアニストになりたかったのが軍人の家賊だったので出来なかった。 だから そういう糸のつなぎめなのかも。
夫とも口論もいっぱいあったけれど やっぱり どこかで繋がってたかなーって。
祖母が マヨネーズ作るのがうまかったんです。 でも 手作りのマヨネーズを 喜んでくれる夫って スペイン人くらいじゃないかなって思います。
Commented by tamagoneko at 2016-02-24 21:43
こんばんは
「理想の夫」って言い切れるって素敵です!
いいなあ

そういえば「ハーフ」ではなく「ミックス」とか「ダブル」と呼ぶ(べき?)という事自体、レッテルを貼っている事に変わりがない、と私が参加しているアマオケに以前ソリストとして弾きに来たチェリストが言っていたのを思い出しました・・・(お父様が外国の方で、見るからに!というルックスでした)
Commented by liebe at 2016-02-24 22:26 x
そうそう、昔ねウルルンとかいうTVでスペインじゃなかったかな、マヨネーズ選手権みたいなイベントに主婦達とコックさんが競ってるのみました。すりこぎ棒みたいなので作るんだよね。で、棒が立つくらいのが成功?とか。自分で作ると美味しいですよね!田舎の鬱陶しさ、気にしだしたらもう大変(笑)結局、どこで生きるかは二の次で、誰と生きるかが幸せを左右するんだろうな。良いことと悪いこと、過ぎてみたら気付いたりしますよね。同じ比率、法則ってあるかもしれない。ね。
Commented by おーやま at 2016-02-25 01:33 x
エンリケさん 子どものお世話や家事をよくこなしてくれるし
お義母さんのことも考えてくれるんだから、”理想の夫”というタイトルを獲得する
資格があるでしょう!

子どもが小さかったとき、どのぐらい子育てを手伝ってくれたか
それでその先の愛情深さが決まるんだって。

夫は比較的 愛情が冷めないんだけど、一人で子育てした妻は
中高年、晩年と夫に対する愛情が冷めて行くらしい。
Commented by cazorla at 2016-02-25 20:41
> tamagonekoさん

ミックスっていうのがスペインのほぼ全員に当てはまるから あえて言わないのかなーって思います。 スペイン人って アラブ系の目の人とか 北ヨーロッパ系 支倉常長と共にきた日本人も含めて いろんな人が混じりあってる。 アメリカ合衆国が 民族のるつぼって習ったけど あそこは まだはっきり分かれていて ああ この人は 元イタリア系移民だなーってわかるけど スペインって (ヨーロッパ全体かもですが) ミックスが普通。 チノとか言われることもあるけど 生活では 混じりあって 特に意識することってない位ですね。
ミックスとか いろんな言葉を使うことが レッテルを貼ってる それ 確かに言えます。


音楽の世界って 一番 国際的ですよね。 いろんな人がいる。
だから コンセルバトリオも ミックスの子多いと思う。
あと 養子できた外国出身の子供。中国とか インドとか。

Commented by cazorla at 2016-02-25 20:50
> liebeさん

夫と趣味が全く一緒ってわけでもなく 価値観も違うけれど
知り合ったのが 年取ってからだから それなり譲歩できる。。かな?
それよりも 私の知らないことを知ってるとか
あと 悪口言ってるくせに 心の底では 自分の父親を誇りに思ってる。
そういうの 大事なポイントかなと思います。

マヨネーズね そのすりこぎで作るのは アリオリの方だと思います。
これがマヨネーズの原型というか そこから発生した。
にんにくたっぷりで これも美味しい。

70年代にマヨネーズの起源は フランスかスペインかで 論争があって
ノーベル賞作家のカミロホセセラが 証拠になる古い詩を提示して
スペインであることを証明した。 と言う なかなかすごい歴史があります。
こういうところに ノーベル賞作家が登場するところが スペインらしいとこだなーって思います。
Commented by cazorla at 2016-02-25 20:54
> おーやまさん

なーるほど。 幼児時代は 私は 比較的楽してる方だと思う。
だから まーいいかぁって思える範囲が広いのかもね。
定年退職して離婚って一時期 流行ったよね。
うちの母より ちょっと若い世代。
私の世代だと 定年待たずに 離婚かな?

エンリケは必要以上に子供に関わって 関わりすぎて 疲れて怒る。
なんやカンや言って本当に子供というか 家族が大事なんだろうなと思う。
父親が 家庭を振り返らない人だったから とか言ってるけど。
Commented by mimizu-clone at 2016-02-25 23:00
そういえば昔、無免許のことを国際結婚と言ってました。
どこの国でも乗れるから。
結婚もある意味同じですよね。

でも言葉がわからないというのはやっぱりネック。
わかろうとする努力が追いつかないというか。
臆病なんですね、僕。
一人でどこかへ行くなんてとんでもない。
最高の嫁さんがいてこそどこかへ行く気にもなろうという僕です。
Commented by sakura-saku-tiru at 2016-02-25 23:23
次に結婚するときには、理想の夫でありますように。

でも、夫とは妻の作品であるとも言われているそうで、あら、どこらへんで言われているのか忘れた、で、私は夫の教育は下手であります。

ので、また、いろいろ苦労するのだろう。

はじめから、理想の夫だったのでしたら、宝くじに当たったようなものですね。
Commented at 2016-02-26 20:56
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by cazorla at 2016-02-27 07:37
>ミミズさん

言葉ねー。 でも 同じ言語を話してるのに全く違う空間にいる人っているでしょ?
絶対 分かり合えない。 わかる人と一緒にいるのが一番ね。
わかる人とだったら ちゃんと共通語が できるんじゃないか と思ったりします。
昔って 意外とあったでしょ? 不思議な恋愛。 例えば スペイン人とラテンアメリカの酋長の娘との愛。 どうやって コミュニケーションを取っていたのか。 
わかる人同士だと わかったりするのかも。

>一人でどこかへ行くなんてとんでもない。

野宿したり 家出したり できるってすごいです。
距離は関係なく 違う場所 違う世界に行けるのです。

Commented by cazorla at 2016-02-27 07:39
> sakura-saku-tiruさん

ミラン クンデラの『不滅』で 理想のパートナーに出会うには 人生はあまりに短いと書いてありました。 見つけるための時間が足りない。
本当に 宝くじに当たったようなものです。
彼でなかったら 多分 共同生活は絶対無理だったと思います。
Commented by cazorla at 2016-02-27 07:45
> 鍵コメさん

いろいろ はそのうちに お聞きしたいです。
でも 男性で 配偶者の国に住む って決心する日本人男性は
それだけで 超えてる って感じがします。

夫が 退職後はそちらの方をじっくり回りたいと言ってるので その時に『いろいろ』を聞かせてください。笑
名前
URL
削除用パスワード
by cazorla | 2016-02-24 00:39 | スペイン 文化 言葉 | Trackback | Comments(14)

あなたに会いたくて・・・・


by cazorla