オレオレ詐欺

オレオレ詐欺にあったお母様の記事を読んだ。
リンクは貼り付けません。
密かにやってるブログだそうなので。
で うちの両親もオレオレ詐欺的なものにあったなと ふと 思い出した。

スペインに引っ越したのは 2000年。
マドリッド郊外のアルカラデエナレス。
セルバンテスの家のある街。
飛行機に乗るのは このカソルラに住んでからより 
はるかに簡単なのだけど
住み始めて 1ヶ月で 妊娠してしまい 高齢のため
体調不良
妊娠中毒症にもなって 末っ子誕生後も一年間 帰国できなかった。
つまり 二年間 ほったらかし状態。
今から 15年前。
父も生きていて 母は73歳くらい。
まだまだ しっかりしていると安心していた時。

久々に末っ子を連れて帰ったら
かなりやつれている。

実はね 

と母。

父の隠し子事件。
ある日 ある女性から電話があった。
『〇〇さん(父の名前。 フルネームで)いらっしゃいますか?』
『はい どちら様でしょう』
『娘です。』

ここで母は 明治の祖母に育てられたから 取り乱してはいけない と思った。

『あら こんにちは。 初めまして。』

と言ったそうな。 普通言うか? そんなこと。

私より 15歳近く上の女性。
だから 母と結婚するずいぶん前。
ある 飲み屋さんの女の人とそういう関係になってできちゃった と言う話。
そういうことがあったから まあ 否定はできないけど なんで今更 って普通 思いますよね。
男性なら いつでも 可能性を引きずって生きてるけれども。

でも母は 世間知らずの能天気だから
新しいお友達ができたみたいなワクワク感で

『じゃあ 一度 遊びにいらっしゃいな』

と言ったそうな。

それからが大変。
認知して 今まで払われなかった 養育費を払って欲しいという話に。

被害者は父。
『僕の子供って気がしないんだけど。。。』とボソボソ言う。
そりゃ まあ 50年以上前の話が ここで具体化されたら 誰でもそう思う。
裁判所に何度も行く羽目になり 検事さんに叱られて。

当時でも すでに 60に近い女性が 今更ながら認知を求めるっておかしいですよね。
普通なら 結婚前とか。
その人のお母さんが 本当に 父とそういう関係だったか?
実は 同僚だったかもしれない。

『あの 三回だけ』 と また 父がボソボソ言う。
そういうこと聞いてないんですけど。

そのあと 父は 血管が詰まって血が頭に行かないので認知症的な状態になり
手術しました。
手術は一応成功したんだけど いろいろあって亡くなりました。
母の誕生日に。

大変だったね、 パパ。

最終的には 私は DNA鑑定をしましょう と言ったら
そのまま立ち消えになった。

母になんで 電話があった時 拒絶しなかったの ってきいたら
私がずっと帰らないし 誰か遊びに来たら楽しいかなって思った
と まるで小さな子供のようなことを言う。
だから 世の中って 詐欺師がいっぱいいるんだなーって思いました。



[PR]
トラックバックURL : http://cazorla.exblog.jp/tb/24208774
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kyotachan at 2016-03-11 16:11
オレオレ詐欺、て、そんなことある?と思ったけど、実は巨大ビジネスで、巧妙に仕組まれた詐欺なんですね。
これは、それとは別ものの詐欺ね。六十になって、そういえば母があの男と関係があったって聞いたことがある。さて、どうにかして金をぶんどってやろう、と思った、とすれば、なんとも悲しい話ではあるね。
DNA鑑定かあ。科学で悪をやっつける。でもで、そこで、やりましょうやりましょうと返されて、親子と判明したら、と想像すると、なんだかぞっとするね。
Commented by yumifukui at 2016-03-11 19:42
いい話ありがとうございます。お父さん的には、アレですが。
九州の両親に、電話だけでなく、会いに行こうと思いました。
Commented by mimizu-clone at 2016-03-11 22:21
すごい話!

僕はカミさんを信じてるから子どもを名乗る人物が現れても信じないけど、カミさんは信じそうな気がする。
で、すんだことはいいから、ちゃんと責任とりなさいねって言われそうに思う。
マジ、絶対そうだ。
頼むからまず疑ってくれ。
Commented by vitaminaa at 2016-03-11 23:58
ひどいお話しですが、悪い事を考える人って
人の心の弱さ・寂しさにおかまいなしに入り込んで
来るんでしょうね。しかし、お母様~お茶目な方ですね(^▽^;)
Commented by おーやま at 2016-03-12 23:52 x
うちの義理家族もあった。
それと似た事。
夫が中学生の頃、電話を取ったら
「私の娘が貴方の父親の子どもを産んだ」といわれ。驚
お金は払ってないと思うけど、夫は たぶんほんとうだと思うと言っていた。
結局は 義母とは離婚して縁は切れたんですが。

こんな経験をしてぐれていない夫を見直したのを覚えています。ある部分、たくましいと思う。西洋人なのか スペイン人なのか。


Commented by cazorla at 2016-03-13 20:23
> kyotachanさん

60年以上前の話で
恋人とかそういうのではなく
飲み屋さんに行って なんとなくそうなった。
そういうのって 生まれた時とか そのあととか
そういう時に 来るのならわかるけど 60年経って  て一体? と。
でももし 姉だって判明したらそれはそれで いいかなーとも思ってた。
対して取られるものもないし って。
母を追い出して 父と住もうと思ってたみたい。
というか 母の方が弱っちいから すぐ死んじゃうと思ってたらしい。
親子の証拠が 母の手紙。
母が 手紙で よく探していらっしゃいました。 あなたは私にとっても娘です
というようなことを書いて送った。
他の証拠はないんだって。
でも 善意で送った手紙を証拠って。
男の人が後ろにいたらしい。
いろいろだねー。
きっと 何人かに電話してるんじゃないでしょうか。
Commented by cazorla at 2016-03-13 20:25
> yumifukuiさん

いい話だったかどうか 笑 でも そうね。
しっかりしていると思っていても やっぱり 寂しいのですね。
母も 毎日 行っても 時間がちょっと少ないと機嫌悪くなるしね。
できるだけ 会いに行ってあげてください。
Commented by cazorla at 2016-03-13 20:25
> mimizu-cloneさん

ですね。 可能性 いっぱいあるし。
もてたし ねー。
Commented by cazorla at 2016-03-13 20:27
> vitaminaaさん

お茶目というかねー。
本当 きっと 娘とか息子が 近くにいない老夫婦リストなんかがあるんでしょうね。
Commented by cazorla at 2016-03-13 20:29
> おーやまさん

こういう状況の時 息子って 母を守ろうって思っちゃうんだろうね。
きっと。
『私の娘が』っていうのがすごいね。
母親かー。
今 全然 連絡なし?
Commented by おーやま at 2016-03-14 23:26 x
そうか ぐれたらお母さんが そりゃもう大変だ。
結婚相手で苦労してるんだからもう勘弁よね。

連絡なし?っていうのは、その電話の母親?
話し振りでは一度きりだったような。
しかも娘という愛人がいるから別れてくれって言う話ならもう別れたし。
慰謝料請求なら義理父にいくだろうし。
義理父には私 会った事無くて
でもFBに写真載せてて あるときこれが僕の父だって
教えてくれた。笑

スペインのバレンシア地方にいるそうな。
Commented by cazorla at 2016-03-15 02:11
> おーやまさん

パパの年で FB持ってるんだ。
それは ここにいるよ って 合図なのかな。
その後 彼らは 『慰謝料的関係』なんだ。 結婚とかしなくて。

血の繋がりって不思議だよね。
名前
URL
削除用パスワード
by cazorla | 2016-03-10 20:31 | 思い出 | Trackback | Comments(12)